JapaneseEnglish

品質向上活動:システム開発品質向上の取り組み

SINAVIの整備・適用

開発における作業品質や生産性の向上等を目指し、各種作業の標準化を推進しています。 プロジェクトマネジメント、品質マネジメント、開発プロセス、開発環境の標準化を進め、体系化したSI標準体系(SINAVI)を整備し、積極的に開発案件に適用しています。また、国内外のパートナーへの適用を推進し、統合的な品質向上を目指しています。

SINAVI

SINAVI(P) プロジェクト管理:健全なプロジェクトの推進

CTCでは、プロジェクトマネージャのためのガイドラインを整備し、健全なプロジェクト運営のための具体的な知識を共有しています。また、適正なプロジェクト統制が行なわれる体制を構築しています。

SINAVI(Q) 品質管理:ISO9001に準拠した品質マネジメントシステム

CTCでは、お客さまの品質要求にもとづくシステムを提供するため、全社的な組織活動を行っています。品質マネジメントシステム(CQMS)を構築し、多くの組織がISO9001の認証を取得しています。

SINAVI(M) 標準プロセス:標準化された開発プロセス・インフラ構築プロセス

CTCでは、標準的な開発プロセスやインフラ構築プロセスを確立しています。関係者間で早期に開発の進め方と成果物イメージを共有してプロジェクトを進めています。

標準化:標準プロセス

SINAVI(E) 開発環境:業界標準に則した開発環境

CTCでは、業界標準のOSSを基盤とする開発フレームワークを整備しています。積極的に開発支援ツールを導入し、開発の品質向上と効率化を推進しています。

標準化:開発環境

トップに戻る