JapaneseEnglish

事業を通じたCSR

私たちのまわりのCTC

私たちのまわりのCTC

ITは日々の暮らしに欠かせないものになっています。社会の様々な場面で使われているCTCのソリューションやサービスをご紹介します。

私たちのまわりのCTCを詳しく見る

CSRの取り組み事例

CTCグループのマテリアリティのテーマ「ITを通じた豊かで持続可能な社会の実現」では、「少子高齢化への対応」「環境負荷の低減」「地域経済への貢献」の3つの項目を掲げています。

少子高齢化への対応

RPAで品質と生産性を向上

CTCシステムマネジメント(株)のRPAイメージキャラクター

CTCシステムマネジメント(株)のRPAイメージキャラクター

少子高齢化による労働人口の減少が見込まれる中、パソコンの入力作業やデータの集計・加工などの単純な定型業務を自動化するRPAが注目されています。CTCは、お客様サービスの強化を図る(株)大分銀行様に対して、ローン実績や各種資料の作成などを効率化するRPAツールの導入とシステム開発を実施しました。
また、CTCのグループ会社でシステム運用をはじめとしたITサービスを提供するCTCシステムマネジメント(株)でも、自社でのRPA活用により安定したシステム運用の提供を行っているほか、RPAツールを中心とした複数ソフトウェアの組み合わせでお客様の業務の自動化に最大の効果を発揮する、ソフトウェアロボットソリューションを提供しています。

IoT で建設工事のモデルを自動生成

3Dモデル確認画面

「C-シリーズ」の「C-Shield」によるシールドトンネル工事の3Dモデル確認画面

国土交通省は建設現場での生産性を向上させる施策としてi-Constructionを2016年に策定しました。無人航空機の導入や重機の自動化に加え、3次元モデルを建設生産プロセス全体で活用する建設手法CIM(Construction Information Modeling/Management)が提唱されています。
CTCはITを活用した社会課題の解決に取り組んでおり、CIMの普及拡大を目指して、これまでに3次元地盤・地質モデリングソフトや3次元モデルや建設情報をクラウド上で共有するサービスを提供しています。各種の工事工程で計測センサーや重機などから得た情報をもとに、建設工事で使用される3次元モデルを自動生成する4つのソフトウェア「C-シリーズ」を開発しました。

環境負荷の低減

省電力、低コストを実現する日本のデータセンターに最適化されたOCP使用のラック・電源を共同開発

OCP仕様のサーバ

OCP仕様のサーバ

Open Compute Project(OCP)は、大規模データセンターに最適なハードウェアの標準化・オープンソース化を推進する、米国Facebookが提唱し発足したプロジェクトです。

OCP仕様のハードウェアは、データセンター向けに最適化された設計のため、低消費電力、低コストでのシステム提供が可能です。従来に比べ消費電力は約10%削減できることから環境負荷低減に役立ちます。CTCは、国内唯一のOCPソリューションプロバイダの認定を受け、OCP仕様の製品・構築サービスのなどを提供しています。また、OCP仕様に準拠したラック・電源などを日本メーカと共同で開発し提供することで、国内データセンタの環境負荷低減に貢献しています。

再生可能エネルギー普及促進のためのコンサルティングを実現

太陽光発電所で遮蔽物や地震リスクまで調査を実施

太陽光発電所で遮蔽物や地震リスクまで調査を実施

気象・統計をベースとしたシミュレーションや予測技術とSIを融合し、再生可能エネルギーの発電量予測から保守・運用までのサービスを提供しています。風力・太陽光発電では、発電所の事業性を評価するため、風車・太陽光パネルを設置するサイトの設計支援や、今後20年の発電量予測を、これまで蓄積した数十年の気象データを用いた独自の手法で行います。更に、天候に左右される再生可能エネルギーの発電量予測情報や、発電所を効率的に運用するために必要な機器の故障予知情報などを提供するクラウドサービス「E-PLSM(エプリズム)」を通じて再生可能エネルギーの普及促進を行っており、導入支援は年間130件に及びます。

地域経済への貢献

データサイエンティストの育成と産学連携を促進

滋賀大学とCTC

滋賀大学とCTC、データサイエンス分野における連携の協定を締結

CTCと滋賀大学は、データサイエンス分野の人材育成を目的に、企業データの分析に関する知見を共有し、実践的な教育手法の研究開発を共同で行う人材育成および産学連携促進のための協定を締結しました。堅固なセキュリティに守られた分析システム環境を滋賀大学に提供するとともに、データ分析に課題を持つお客様企業と滋賀大学の連携をコーディネートします。
CTCと滋賀大学が相互に連携してデータサイエンティストを育成することで、企業におけるデータ分析やAI開発の促進を目指します。

「セキュリティへの対応」

CTCセキュリティオペレーションセンター(CTC-SOC)

CTCセキュリティオペレーションセンター(CTC-SOC)

全国の自治体向けにセキュリティクラウドの提案・導入を実施。情報セキュリティ対策の強化が求められる中で、CTC-SOCも活躍しています。

参考リンク

「気象予測を使った制御が、再エネ導入コストを下げる!」
CTCの風力発電・太陽光発電の出力予測システムが、公益財団法人世界自然保護基金ジャパン(WWFジャパン) サイトで紹介されました。

ITの可能性に挑む CTCのCSR活動
CTC代表取締役菊地社長のインタビューと本業のITを含めた社会貢献活動を掲載しています。(2016年10月21日 フジサンケイビジネスアイ掲載)

「科学技術が暮らしを変える」 CTCのエンジニア解説ページ
CTCが長年携わってきた、解析・シミュレーション技術を使った社会課題への取り組み事例の数々を紹介します。

トップに戻る