JapaneseEnglish

地球温暖化防止

エネルギー使用量・CO2排出量の削減

CTCは、省エネ法改正により2010年10月に特定事業者に指定され、エネルギー使用に係る原単位の年平均1%以上削減に取り組んでいます。
また、横浜市の風力発電事業へ協賛し、風況シミュレーション、立地調査、基本設計などを通して風車の設計を支援。日本自然エネルギー株式会社より発行された「グリーン電力証書」を活用し、地球温暖化防止に貢献しています。
2013年に開設した横浜コンピュータセンター北館では、太陽光発電システム、壁面/屋上緑化、冬季外気冷房、ラック列間の排熱遮断カーテンの採用など、環境への配慮とともにエネルギーを効率的に利用しています。

オフィス

項目 単位 2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度
エネルギー使用量 Kl 5,753 6,603 5,212 3,567 3,373
温室効果ガス t-CO2 8,629 12,382 10,624 7,138 6,698
エネルギー使用の原単位※1   58.50 66.74 47.64 34.66 24.18

データセンター

項目 単位 2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度
エネルギー使用量 Kl 32,902 32,007 31,136 29,362 29,980
温室効果ガス t-CO2 51,857 58,781 64,315 61,530 60,880
エネルギー使用の原単位※2   1.968 1.871 1.881 1.803 1.772

海外主要オフィス

項目 単位 2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度
温室効果ガス※3 t-CO2 - - - - 695.4
  • ※1エネルギー使用量×床面積/人員数
  • ※2DC全体エネルギー使用量/IT機器エネルギー使用量
  • ※3海外主要オフィスにおける電力使用時のCO2排出量は、IGES(公益財団法人地球環境戦略研究機関)が公表する国別CO2排出係一覧表の2012年値に基づき算出
トップに戻る