JapaneseEnglish

リスクマネジメント

BCM

リスクマネジメントの取り組み

基本的な考え方

グループで統一的な仕組み(リスクの把握・特定、分析、評価、対応策の策定)を用いて全社重要リスク(※)を一元管理しています。加えて、企業価値を大幅に低下させる重大な事象については、被害の限定や復旧に向けた活動、及びそれらを想定した事前の取り組みを危機管理活動として行っています。これらリスク管理の仕組みの有効性及びリスク管理活動の効率性を適時に評価し、必要に応じて適切な是正措置を講じています。
このように、リスクを全社的・経営的視点で統合的に把握し、合理的かつ最適な方法で管理し、損失の極小化、収益の最大化を図ることで、企業価値向上を目指します。

  • 全社重要リスク:経営が関与すべきレベルの重要なリスク。主なリスク項目は、以下の通り。
    「ガバナンスリスク」、「コンプライアンス・情報セキュリティリスク」、「情報システムリスク」「会計/税務リスク」、「人事/労務リスク」、「事業リスク」、「外部環境リスク」等

リスク管理体制及びリスク管理活動

当社ではリスク管理統括責任者のもと、リスク管理の全社的推進と必要な情報の共有化を図ることを目的としてリスク管理委員会を設置し、全社的リスク管理に関する全体方針の策定や管理すべきリスクの評価・特定、及び定期的なモニタリングを実施しています。また、個別リスクに対処するため、リスク主管部署を設定し、各種規程・ガイドライン等の整備やリスク管理活動を行うとともに、リスクが顕在化した場合には、リスク管理委員会へ報告する体制を構築しています。

BCM(事業継続管理)の取り組み

現在、「震災」「新型インフルエンザ」「重大なシステム障害」のリスクに対し事業継続対策を講じています。「震災」については3つの重要サービス(保守サービス・運用サービス・データセンターサービス)と本社機能を中心に、「新型インフルエンザ」については組織ごとに、それぞれBCP(事業継続計画)を策定しています。今後も発生しうるリスクやその変化に対処できるよう、BCPの定期的な点検と見直しを実施し、有効性や実効性の向上に努めていきます。

トップに戻る