未来実現IT教室 ~ Children's Technology Challenge ~

小学4~6年生向けワークショップ 遊べる物語

「遊べる物語」は、小学4~6年生を対象に、1人1台のタブレット端末と、ビジュアルプログラミング環境(Pyonkee:ピョンキー*)を使って自分だけの物語をつくる2時間半のワークショップです。

ワークショップの流れ

スタート

ゴール

みんなの作品紹介

学校関係者の方へ

ピョンキー

Pyonkee(ピョンキー)
www.softumeya.com/pyonkee

ピョンキーは、マサチューセッツ工科大学メディアラボが開発したビジュアルプログラミング環境「Scratch」をiPad版にしたもので、作成した作品は、Scratchとの互換性があり、Webサイトや自己所有のPC、タブレット端末にアプリをインストールをすることにより継続的にプログラミングを学ぶことが可能です。
本ワークショップの作品もスクラッチの公式サイトにある「未来実現IT教室」の専用ページ(スタジオ)で公開し、学校や自宅で継続して学習することが可能です。

Scratchサイト
https://scratch.mit.edu/
ピョンキーサイト
http://www.softumeya.com/pyonkee/ja/

*Pyonkee(ピョンキー)は、合同会社ソフトウメヤがMITメディアラボのScratchソースコードライセンスにしたがって、Scratchをベースに開発したiPad用のアプリケーションです。
AppStoreから無料でダウンロードができます。

開催案内

  • 次回のワークショップ開催は決まり次第お知らせします。

ワークショップれぽーと

僕も、私もプログラマー!

  • 2018年8月22日(水) 集合写真
    • 2018年8月22日(水) ワークショップの様子
    • 2018年8月22日(水) ワークショップの様子
    • 2018年8月22日(水) ワークショップの様子
  • 2018年8月22日(水)

    8月22日(水)、毎日新聞社主催の「学びのフェス2018夏」で未来実現IT教室のプログラミングワークショップを開催しました。
    小学4~6年生38名の子供たちが参加し、オリジナルの「遊べる物語」作りにチャレンジしました。

    熱心にタブレット端末を操作して、休憩時間中も作品作りに没頭していました。

    作品をスクラッチサイトで見る
  • 2018年8月2日(木)   集合写真
    • 2018年8月2日(木)  ワークショップの様子
    • 2018年8月2日(木)  ワークショップの様子
    • 2018年8月2日(木)  ワークショップの様子
  • 2018年8月2日(木)

    8月2日(木)、文部科学省で行われた「こども霞が関見学デー」で「未来実現IT教室」を開催しました。
    当日は小学4~6年生20組の親子が参加し、オリジナルの「遊べる物語」作りにチャレンジしました。

    親子でオリジナルの作品を完成させ、最後に作った物語とプログラムを皆の前で披露しました。

    作品をスクラッチサイトで見る
  • 2018年5月26日(土) 集合写真
  • 2018年5月26日(土)

    東京都台東区教育委員会主催の小・中学生を対象とした「台東科学クラブ」で「未来実現IT教室」を開催しました。

    当日はクラブに所属する19人がプログラミングにチャレンジしました。

    一人ひとりがオリジナルの物語をプログラミングで表現するために試行錯誤しながら作品作りに取り組みました。

    作品をスクラッチサイトで見る
  • 2017年10月28日(土)、29日(日)   集合写真
    • 2017年10月28日(土)、29日(日)  ワークショップの様子
    • 2017年10月28日(土)、29日(日)  ワークショップの様子
    • 2017年10月28日(土)、29日(日)  ワークショップの様子
  • 2017年10月28日(土)、29日(日)

    宮城県岩沼市総合体育館で市内4校の小学生を対象に「未来実現IT教室」を開催しました。

    岩沼市教育委員会主催の「いわぬまプログラミング教室!」というイベントで、61人が参加して一人ひとりオリジナルの「遊べる物語」作りにチャレンジしました。

    学校や学年が違っても、すぐに仲良くなって作品を見せ合ったり、教え合ったりして、みんなとても楽しそうでした。

    作品をスクラッチサイトで見る
ワークショップれぽーとをもっと見る
ページの
先頭へ戻る