JapaneseEnglish

CSRマネジメント

CSRマネジメントについて

CTCグループでは、社員一人ひとりが日々の業務を通じてCSRを推進していくことが重要であると考えています。下記のCSR推進体制のもと、ステークホルダーを重視し、マテリアリティ(重要課題)を軸にKPI等目標を設定しPDCAを回してCSR活動を推進していきます。

マテリアリティ(重要課題)を詳しく見る

CSR推進体制

経営会議の諮問機関であるCSR・コンプライアンス委員会を中心にCSRを推進しています。CSR・コンプライアンス委員会は、指定された事業グループ/事業会社から選出された委員で構成されています。CSR・コンプライアンス委員会は四半期に一度開催し、取り組み事項のレビュー、今後の取り組みに関する審議を行っています。

CSR推進体制図

CSR推進体制図

CTCグループのステークホルダー

ステークホルダーとの対話を重視し、良好な関係を維持、発展させることで、持続可能な社会の創造に貢献していきます。また、私たちを取り巻く地球環境も大変重要なステークホルダーです。地球温暖化や資源枯渇、生態系破壊などの地球規模の課題に対しても、「今私たちにできること」に積極的に取り組んでいきます。

ステークホルダー一覧・対話の機会

ステークホルダーの図

ステークホルダーの図

株主、投資家

株主で構成される株主総会は、CTCグループにおける最高意思決定機関です。当社は株主総会の判断に従い経営を行っています。
CTCグループがバランスの取れた経営を行うためには、社会の多くの分野の方々に投資をいただくことが非常に重要です。透明性の高い経営のため、今後も適時適正な情報開示に努めていきます。

主な対話の機会
  • 株主総会
  • 決算説明会
  • 投資家面談
  • IRサイト
  • IR資料(事業報告書、アニュアルレポート等)

お客様

CTCグループのお客様は、直接お取引いただいているお客様と、そのお客様の製品、サービスを利用されるエンドユーザーの方々です。お客様とのコミュニケーションを密に行い、常にエンドユーザーの視点を持ちながら、社会の要請に的確に応える、高品質かつ利便性の高い製品・サービスを提供することで、お客様と共に持続可能な社会の基盤づくりに貢献していきます。

主な対話の機会
  • 営業活動
  • お客様向けセミナー、展示会
  • 問い合わせ窓口

社員

ITソリューションを提供するCTCグループでは、社員こそが会社の最大の財産です。社員一人ひとりが成長し、能力を最大限発揮し、自己実現できる働きやすい職場環境の整備と、社員が豊かで健康的な生活を送ることができるよう労働環境の充実、改善を図っています。

主な対話の機会
  • 社内報、イントラネット
  • 各種アンケート
  • 人事部の窓口や面談
  • 内部通報
  • 労使協議会
  • 情報交換会(子育てなど)

お取引先

すべてのお取引先は、大切なビジネスパートナーです。密接にコミュニケーションをとり、健全なパートナーシップを築き、互いに発展するよう努めています。

主な対話の機会
  • パートナー向け説明会
  • パートナーとの定期的な協議

地域社会

CTCグループは地域社会の一員として、人材や知識、情報、技術などの資源を活用して、豊かでゆとりのある社会の実現を目指します。

主な対話の機会
  • ボランティア活動
  • 自治体・近隣企業との定期的連携
  • 地域イベントへの参加
  • 社会福祉協議会、NGO、NPOとの連携
トップに戻る