JapaneseEnglish

マテリアリティ(重要課題)とSDGs

CTCグループは、SDGs(持続可能な開発目標)を踏まえ優先的に取り組むべき重要課題を特定し、CSR活動を推進しています。社会課題を解決し、持続可能な社会の実現に向けた活動を展開していきます。

CSRの取り組み事例を詳しく見る

SDGs(持続可能な開発目標)とは

SDGs(持続可能な開発目標:Sustainable Development Goals)」とは、2015年9月の国連サミットで採択された、人と地球の未来のために2030年までに解決すべき17の目標です。国際社会で普遍的に適用されるこれらの目標を達成するために企業への期待も高まっています。CTCグループはマテリアリティ(重要課題)への取り組みを通し、SDGsの達成に向けて貢献していきます。

SDGs(持続可能な開発目標)とは
外務省ジャパンロゴ

CTCグループのSDGs達成に向けた取り組みは、
外務省のWebサイトに紹介されています。

外務省Webサイト

CTCグループの重要課題(マテリアリティ)

マテリアリティ(重要課題)の特定プロセス

サステナビリティに関する国際的ガイドラインをはじめ、CSR評価機関等が重要視する社会的課題やステークホルダーの皆様からのご意見を吸い上げ、2016年3月にCTCグループが注力すべきCSRの重要課題(マテリアリティ)を特定しました。

STEP1.検討すべき重要項目の把握・整理

検討すべき重要項目の把握・整理

企業理念やGRIガイドライン第4版、SDGs及びSRI機関の開示要請項目などを総合的に勘案し、重要課題の候補リスト27項目をリストアップしました。

STEP2.ステークホルダーへのアンケート調査の実施

ステークホルダーへのアンケート調査の実施

重要課題の候補リスト27項目について、ステークホルダーを対象にアンケート調査を実施し、各項目の重要度を評価いただきました。

STEP3.有識者ダイアログの実施

有識者ダイアログの実施

ステークホルダーへのアンケート結果を踏まえ、CTCグループが取り組むべき重要課題について有識者の方々とダイアログを実施。いただいた提案・指摘内容を定性・定量的に評価・整理しました。

有識者ダイアログについて詳しく見る

STEP4.「マテリアリティマップ」の作成と経営者レビューの実施

「マテリアリティマップ」の作成と経営者レビューの実施

STEP1 ~3の調査・分析結果を統合し、重要課題の候補リスト27項目について、それぞれ経営への影響およびステークホルダーへの影響を数値 化し、マテリアリティマップを作成しました。最終的な検証作業として当社経営トップとのレビューを実施しました。

STEP5.マテリアリティの特定

マテリアリティの特定

経営とステークホルダーへの影響の双方から優先的に取り組むべきマテリアリティ項目を抽出しました。抽出されたマテリアリティは、経営理念を反映した形でよりわかりやすい表現とし、CTCグループのマテリアリティとして特定しました。

2016年度からマテリアリティ(重要課題)の具体的目標と主要指標(KPI)を設定のうえ、各取り組みについて評価しPDCAを回しています。

マテリアリティの目標と2018年度の実績

2018年度の実績は以下の通りです。

※単:CTC単体、G:国内CTCグループ

1. 信頼できるITサービスの提供

SDGsアイコン 16

マテリアリティ
(重要課題)
具体的目標と
主要指標(KPI)
実績 対象
範囲
情報セキュリティの徹底 重大な事故発生件数(目標0件) 0件 G
研修受講率(目標100%) 100% G
品質向上 お客様満足度(目標90%) 88%
コンプライアンス遵守 重大なコンプライアンス違反件数(目標0件) 0件 G
研修受講率(目標100%) 100% G

2. 明日を変える人材の創出

SDGsアイコン 4 SDGsアイコン 5 SDGsアイコン 8

マテリアリティ
(重要課題)
具体的目標と
主要指標(KPI)
実績 対象
範囲
人材開発・育成 従業員研修の推進(目標1人当たり研修時間 50時間/年) 48時間
ダイバーシティ推進と働き方変革 ダイバーシティと働き方変革の施策の充実 女性管理職候補者育成支援施策(研修、個別ヒアリング)、男性育児休業取得促進キャンペーン、テレワークデイズ(2Week)に加え、自分らしい「充実した働き方」を選択できる仕組みとしてジーンズやスニーカーを追加した新しい服装ガイドラインを作成し、ダイバーシティと働き方変革を推進
有給休暇取得率(目標70%以上) 75%
次代へつなぐ人材づくりへの貢献 高度IT人材拡大への貢献
  • 早大と“データサイエンス”力の高い人材育成のための学術交流協定を締結。大学の産学連携による研究教育活動を支援
  • AI開発インフラの無償提供プログラムを大学向けに実施
  • AI人材育成ソリューションの提供を開始
G
「未来実現IT教室」の推進(目標10回) 12回開催(東京、埼玉、宮城他)、のべ505名参加 G

3. ITを通じた豊かで持続可能な社会の実現

SDGsアイコン 3 SDGsアイコン 7 SDGsアイコン 9 SDGsアイコン 11 SDGsアイコン 13

マテリアリティ
(重要課題)
具体的目標と
主要指標(KPI)
実績 対象
範囲
少子高齢化への対応 少子高齢化に資するITソリューションの推進
  • 自治体における健康管理データの蓄積、健康活動の見える化による、医療費負担適正化に向けた事業のプラットフォームを構築
  • ICTを活用した未来型ユニバーサル農業の実現に向けて実証実験を開始
  • 働き方改革に向けて企業を支援するRPA(Robotic Process Automation)の拡販および運用支援サービスの提供を開始
G
環境負荷低減 環境負荷の低減に資するITソリューションの推進
  • フードロス削減のため、シェアリングプラットフォームを提供する企業と資本業務提携し、モバイルアプリを共同開発
  • 再生可能エネルギーなどの利用を管理するIoTクラウドサービスに、設備異常の予兆を検知する機能を追加、併せて風力/太陽光発電の出力予測機能を強化
  • 資源の有効活用を推進し、新材料開発における性能や信頼性、環境性能等を予測するソリューションを提供
G
オフィスの原単位当たりのエネルギー使用量削減(前年度比1%減) 前年度比3%増
※お客様の検証機器をオフィス内サーバルームに設置したことが主要因
データセンターの原単位(PUE値)当たりのエネルギー使用量削減(前年度比1%減) 前年度比0.35%増
※温室効果ガス排出量は前年度比6.4%減
重大な法令違反件数(目標0件) 0件 G
地域経済への貢献 地域経済への貢献に資するITソリューションの推進
  • 都市交通事業における運行情報公開や輸送障害時の駅混雑緩和などの課題解決を目的に鉄道アプリを開発
  • 東京と大阪に続く3拠点目のコンタクトセンターとして札幌にニアショアセンターを開設
  • 「UIターン就職・若者の定住促進」「高齢者が活躍できる社会づくり」をテーマとした和歌山県のデータ利活用コンペティションへ、パートナー企業とデータサイエンス教育プラットフォームを提供
G
トップに戻る