JapaneseEnglish

ユニバーサル農業

ユニバーサル農業

近年、人口減少や高齢化が進行し、農村地域の過疎化や農業従事者の高齢化による農業労働力の減少や耕作放棄地の増加が課題となっています。一方、障がい者の就業率は、一般より低く、障がい者が働きたくても働けないという状況があります。「農」と「福祉」双方の課題を解決する取り組みとして「農福連携(ユニバーサル農業)」の推進が全国的に広がっています。

当社は2010年に障がい者の雇用を促進する目的で、特例子会社(株)ひなりを設立しました。(株)ひなりの浜松事業所では、特に農業分野の人材の雇用に力を入れています。自ら農業を行うのではなく、複数の農家から請け負う農業に付帯する軽作業と、農家で生産された農産物・加工品の袋詰めやシール貼りなどの作業も担当しています。農家の商品は、当社グループ内の給茶機で利用したりノベルティとして販売しています。

浜松事業所の開設にあたっては、年間を通じて収穫可能な施設園芸が盛んであり、多種の農作物が作られていることから通年での安定した作業が見込め、障がい者の雇用の安定化が図れることが重要なポイントとなりました。

(株)ひなりにはサポートマネージャーと呼ばれる管理者がいます。新しい農作業を請けた場合は、サポートマネージャーが農家から作業の手順を細かく聞き、画像を載せた作業手順書を作成します。作業を見える化することで、双方が安心して作業をすることができます。また、技術のアドバイスや仕事がやりやすくなる道具を作成するなどの工夫もしています。このような取り組みから、2012年12月に、(株)ひなりは浜松市から障がい者雇用優良事業所として表彰されました。作業を委託している農家では経営規模を拡大するところもあり、地域農家の経営改善に役立っています。

また、(株)ひなりには障がい者スポーツで活躍している、アスリート社員も数名在籍しており、パラリンピックなどの国際大会でも活躍しています。

トップに戻る