JapanEnglish

ニュース

プレスリリース

「次世代送配電系統最適制御技術実証事業」への参加について

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(略称:CTC、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:奥田陽一)は、経済産業省資源エネルギー庁 電力・ガス事業部電力基盤整備課が公募する「平成22年度次世代送配電系統最適制御技術実証事業(以下、実証事業)」の参加事業者として、本日内定を受け、今年度より2012年度の3年間で、系統への再生可能エネルギー大量導入と系統安定化を両立するための諸課題の解決を目的に実証事業に参加します(実証事業の概要は東京電力株式会社のプレスリリースをご参照下さい)。
今後、参加事業者の大学・企業・電力会社が共同で、政府が掲げる2020年度までに太陽光発電2,800万kWの導入目標の達成に向けて必要不可欠となる、大規模電源から家庭まで発電・送電・配電システム一体となった全体制御・協調による高信頼度・高品質の低炭素電力供給システムの実証を実施いたします。

具体的には、余剰電力発生・配電線電圧上昇などを解決するための技術確立や機器開発などを、4つのサブ・ワーキンググループを設置して系統側・需要側両面で取り組みます。この中でCTCは、中央給電指令所の機能を備えた全系統シミュレータを用いた実現可能性の検証をおこなうワーキンググループに参加し、地域全体の太陽光発電出力予測値及び電力需要予測値を出力する機能の試作を担当します。

今後CTCでは、実証事業を通じて、電気エネルギーの最適利用を高度化するとともに、低炭素社会の鍵となる日本版スマートグリッドの基礎技術の確立に取り組んでまいります。

本件に関するお問い合わせ先

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
広報部

TEL:03-6203-4100
FAX:03-5512-3013
E-Mail:press@ctc-g.co.jp

現在掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

トップに戻る