JapanEnglish

ニュース

プレスリリース

CTC、アルカテル・ルーセントの光伝送製品の販売開始

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(略称:CTC、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:奥田陽一)は、通信キャリア、データーセンター、サービスプロバイダー等の情報通信事業者を対象に、日本アルカテル・ルーセント株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:マーティン・ジョーディ)の、大容量メトロWDM「1830 Photonic Service Switch」(以下、1830PSSシリーズ)および次世代通信仕様「MPLS-TP」*1に対応可能な「1850 Transport Service Switch」(以下、1850TSSシリーズ)をはじめとする光伝送装置の販売を開始します。

ネットワーク上のデータ通信量が増加の一途をたどるのを受けて、情報通信事業者は伝送設備を強化するとともに、サービス導入の迅速化、運用の簡素化、パフォーマンス向上によりTCOの削減を図っています。

Alcatel-Lucent 1830PSSシリーズは、40Gから100Gまでの大容量に対応したWDM装置です。独自の優位技術により、情報通信事業者から必要とされるコストを抑えた次世代光伝送インフラへの投資に対応しています。これにより、設計・設置の自由度が高く、運用、管理、監視が容易なWDMネットワークが実現できます。また、より迅速に波長サービスを展開でき、動的なトラフィック要求に基づく再構成が可能です。

Alcatel-Lucent 1850TSSシリーズは、すべての回線交換とパケットのあらゆる組み合わせに対応し、キャリアクラスの信頼性をもつ新しいマルチサービス伝送プラットフォームです。T-MPLSなどの革新技術を実装するほか、今年12月に標準化が完了予定の次世代通信仕様であるMPLS-TPにも対応することで、トラフィックの伝送および集約を最適化します。

CTCではこれまでにも、WDM/OXC製品を提供してまいりました。この度、ネットワーク・サービスにおける品質向上およびコスト競争力強化に適したアルカテル・ルーセント社の光伝送製品の取扱いを開始すると共に、次世代トランスポートの提案、構築、運用・保守などのプロフェッショナルサービスを提供する体制をより充実させることで、通信事業者のネットワークビジネスを強化します。

*1通信事業者がSONET/SDHとIP/MPLSネットワークの設置基盤を活かして、シームレスなインフラを構築する手助けとなるよう意図して作られた通信規格。

Alcatel-Lucent 1830PSSシリーズの主な機能

  • 1方路あたり最大88波
  • 1ノードあたり最大8方路、リニア、リング、メッシュなど、柔軟なネットワーク構成が可能
  • 独自のフルチューニングおよび再設定可能な(T&ROADM)波長スイッチング向けのアーキテクチャ
  • 40Gまでの各種サービスインターフェース(100Gは2010年下半期対応予定)
  • Wavelength Tracker™により、ネットワークのどのポイントでも各波長をモニタ
  • GMPLS Control Planeにより、3rd. Route restorationをサポート(future release)

Alcatel-Lucent 1850TSSシリーズの主な機能

  • 独自のユニバーサルスイッチアーキテクチャにより、SONET/SDHとイーサネットのそれぞれのトラフィックを共通のプラットフォームで提供
  • T-MPLS/MPLS-TPの実装により、イーサネットワークにおけるキャリアグレードのOAMとプロテクションを実現
  • CWDM/DWDM機能を具備しており、SONET/SDHやイーサネットサービスにとどまらず、波長多重を1つの装置で実現可能
  • レイヤ2における強力なQoSフィーチャーとして、階層化されたスケジューリングとシェイピングを実装

Alcatel-Lucentの次世代光伝送技術

モバイルビデオやオンデマンドの音楽配信などコンテンツ豊かな新しいマルチメディア・アプリケーションの配信を可能にする一方、ネットワークの可用性の最適化、バックホールコストの削減を図ることで回線高速化とネットワークの柔軟性のニーズに応えています。

日本アルカテル・ルーセント株式会社について

日本アルカテル・ルーセント株式会社は次世代のネットワーク・サービスを中心とした固定/無線アクセス、IP、光伝送、アプリケーション、エンタープライズの他、真空機器の事業分野で関連機器及びプロフェッショナルサービス、インテグレーション、保守を提供し、国内大手通信事業者をはじめ、各種法人、政府機関など幅広いお客様をサポートしています。

所在地 東京都品川区大崎2-1-1 ThinkPark Tower 6F
代表取締役社長 マーティン・ジョーディ(Martin Jordy)
資本金 4億円
URL http://www.alcatel-lucent.co.jp

アルカテル・ルーセントについて

アルカテル・ルーセント(Alcatel-Lucent) は信頼されるトランスフォメーション・パートナーとして、世界の通信事業者、一般企業、ストラテジック・インダストリー(防衛、エネルギー、医療、交通、政府機関)の音声、データ、ビデオなどの通信サービスを実現するエンド・ツー・エンドのソリューションを提供しています。固定系、移動体系、および両者を融合したブロードバンドネットワークの構築をはじめ、IP技術、アプリケーション、サービスなどの各分野で世界をリードしており、また先進的な専門技術を提供するため、通信業界で最大規模のR&D機関であるベル研究所の無類の科学技術力を活用しています。130ヶ国以上で事業展開するグローバルな経験を活かしたローカル・パートナーであり、業界屈指の実績を誇る世界規模のサービス部門を擁しています。

本社 フランス・パリ(フランス法人)
2009年度売上高 152億ユーロ
URL http://www.alcatel-lucent.com/

本件に関するお問い合わせ先

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
広報部

TEL:03-6203-4100
FAX:03-5512-3013
E-Mail:press@ctc-g.co.jp

現在掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

トップに戻る