JapanEnglish

ニュース

プレスリリース

CTC、Windows(R) 7への移行検証環境を仮想デスクトップ型で提供

セキュリティの確保とTCO削減に寄与するクライアント仮想化の利用を促進

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(略称:CTC、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:奥田陽一)は、Windows XPのサポート終了に伴うクライアント環境のWindows 7 オペレーティングシステム(以下、Windows 7)への安全で確実な移行を可能にするため、デスクトップを仮想化しクラウド化する技術を活用した「Windows 7移行支援サービス」を本日より提供開始します。2010年9月15日までは、キャンペーン価格として399,000円(税込)で提供します。 CTCでは、仮想化デスクトップインフラを始めとするクライアント仮想化ビジネスに注力しており、今年度の関連ビジネスでの売上目標は約1億円です。
現在、約8割の企業が、クライアントのオペレーティング・システム(OS)にWindows XPを利用していると言われています。マイクロソフト社によるWindows XPのメインストリームサポート(*1)は、2009年4月に終了し、セキュリティ関連のアップデートも近い将来での終了が予定されています。
このような状況で古いOSを使い続けることは、セキュリティの観点から望ましいことではなく、新しいOSへの移行が必要です。そのためには、既存のアプリケーションの動作検証などを行い、場合によってはアプリケーションを改修し、迅速な移行を可能にするプランニングが課題となります。

「Windows 7移行支援サービス」は、Windows XPのサポート終了に伴うクライアント環境の刷新を検討している企業に対し、仮想化技術を用いた検証環境を提供し、Windows 7及び仮想デスクトップ環境への移行検証を支援するサービスです。1ヶ月半での動作検証により、ユーザーは既存のアプリケーションを活用しつつ、新環境に安全かつ効率的に移行することが可能となります。仮想化技術としては、サーバーの仮想化分野で数多くの実績をもつVMware社の技術(VMware vSphere、VMware ThinApp、VMware View)を使用しています。
Windows 7移行支援プログラムの内容は以下の通りです。

Windows 7移行支援プログラムの内容

1.計画策定 既存環境の調査や要件定義、検証プラン作成支援
2.検証環境構築 機材の提供と検証環境の構築支援
3.検証実施 検証手順書の提供とユーザー教育
4.移行プラン策定 移行プラン策定支援
本サービスの提供にあたり、ヴイエムウェア株式会社より以下のコメントをいただいております。

ヴイエムウェア株式会社は、このたびの伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(CTC)様による「Windows 7移行支援サービス」提供開始の発表を歓迎いたします。
多数のサーバー統合システムの導入実績と業界屈指のVMware技術者数を誇るCTC様のソリューションと、業界ですでに高い評価を得ているVMware ThinAppによるアプリケーションの仮想化、並びにVMware Viewによるデスクトップ環境全体の仮想化の組み合わせは、Windows 7環境への移行に際して企業が直面するテストやインテグレーションで発生するトラブルシューティングなどの様々な課題を未然に解決するものと確信しております。

ヴイエムウェア株式会社 代表取締役社長 三木泰雄
*1 メインストリームサポートとは、マイクロソフト社が提示するプロダクト・サポート・ライフサイクルの1フェーズです。メインストリームサポート終了後は、延長サポートフェーズとなります。

本件に関するお問い合わせ先

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
広報部

TEL:03-6203-4100
FAX:03-5512-3013
E-Mail:press@ctc-g.co.jp

現在掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

トップに戻る