JapanEnglish

ニュース

プレスリリース

CTC、最新のデータベース高速化ソリューションの検証施設「Oracle Performance Lab」を開設

データベース・システムのパフォーマンス・ボトルネックを解消

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(略称:CTC、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:奥田 陽一)は、データベースにおける様々なボトルネックを解消するための、最新高速化ソリューションの検証施設「Oracle Performance Lab(オラクル・パフォーマンス・ラボ)」を、このたびCTC総合検証センター「Technical Solution Center」(略称:TSC、東京都千代田区)内に開設します。

データベース・システムは、大規模オンライン処理でのCPUやメモリリソースの不足や、大量データの検索によるDisk I/O遅延など、稼働状況やシステム環境によって様々なボトルネックが発生します。こうしたボトルネックは、想定時間内にリクエストを処理できない、夜間のバッチ処理が完了せず日中の業務に影響を及ぼすなど、顧客企業の事業活動に重大な支障をきたす恐れがあります。
Oracle Performance Labは、顧客企業のデータベース・システムにおけるパフォーマンス・ボトルネックの原因を分析し、これらを解消する最新データベースソリューションの導入を検証するための施設です。本施設は、各種ハードウェア、ソフトウェアを取り揃えたマルチベンダー環境のTSC内に設置されているため、顧客企業のシステム環境に応じた様々な検証が可能です。
Oracle Performance Labには、オラクルの最新データベース「Oracle Database 11g Release 2」をはじめ、データベース統合基盤「Oracle Exadata(オラクル・エクサ・データ)」、インメモリデータベース製品「Oracle TimesTen(オラクル・タイムス・テン)」、インメモリ・データグリッド「Oracle Coherence(オラクル・コヒーレンス)」、データベースキャッシュ高速化機能の「Database Smart Flash Cache(データベース・スマート・フラッシュ・キャッシュ)」及びFlash ストレージなど、オラクルの最先端データベース・ソリューションが用意されています。最新システムによるデータベース・システムの改善効果を事前に把握できることにより、顧客企業は効率的なシステム投資が可能です。

Oracle Performance Labの運営およびプリセールは、10名の専任エンジニアが担当し、顧客企業に対してソリューション導入のための事前検証サービス「PoC(Proof of Concept)サービス」をはじめ、Oracle Database移行支援サービスなど各種サービスを提供します。なお、日本オラクルは、「Oracle Performance Lab」の運営を含む技術支援および販促・共同プロモーションを支援します。
「Oracle Performance Lab」にて提供するサービスは以下の通りです。

パフォーマンス診断サービス

無償のアセスメントサービスを実施し、どの部分にボトルネックが発生しているか特定し、それに対する有効なソリューション/製品をCTCが選定します。

PoCサービス

CTCが事前に用意した環境を利用し、最適なソリューション/製品を用いてPoCを実施する事が可能です。またCTCがお客様のPoC実施を強力にご支援します。

Oracle Database移行支援サービス

PoCの結果、新機能/新製品の有効性が立証され、新しいバージョンへの移行が必要となった場合、CTCがデータベースの移行支援を実施いたします。

また、検証結果を踏まえた効果的なデータベース高速化ソリューションに関するセミナーを、8月30日(月) にオラクル青山センターにて開催します。
詳細は以下のURLをご参照下さい。
http://spider.ctc-g.co.jp/web/fm/mkt/2010078g
発表にあたり、日本オラクル株式会社より下記のエンドースを頂いております。

日本オラクルは、「Oracle Performance Lab」の設立を歓迎いたします。
Oracle Performance Labを通して、オラクル最新データベース「Oracle Database 11g Release 2」の新機能である「Database Smart Flash Cache」を活用頂くことで「Flash ストレージ」などのフラッシュメモリストレージをデータベースの大容量キャッシュとして活用可能となります。また、ストレージI/O性能のボトルネックを改善することで、性能の向上が容易に実現されると考えております。さらに、キャッシュしたデータに対しSQLの並列処理を行う「In-Memory Parallel Execution」の機能を組み合わせることで、お客様はより低コストで信頼性が高く、高性能なデータベース基盤が活用可能になると考えております。CTCでは、より高いパフォーマンスが要求されるOLTPやデータ・ウェアハウスのシステム向けに「Oracle Exadata」を活用したシステムをお客様に提供することも可能です。今後も、実績あるCTCの「PoC(Proof of Concept)」サービスや「Oracle Database移行支援サービス」など各種サービスを利用頂く事による、効率的なデータベース基盤の普及に期待しております。
日本オラクル株式会社 常務執行役員
テクノロジー製品事業統括本部長 三澤 智光

本件に関するお問い合わせ先

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
広報部

TEL:03-6203-4100
FAX:03-5512-3013
E-Mail:press@ctc-g.co.jp

現在掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

トップに戻る