JapanEnglish

ニュース

プレスリリース

CTC、ストレージ/バックアップシステムの統合コンサルティングサービスを開始

プライベートクラウド環境に合わせた最適なストレージ/バックアップ環境の構築を支援

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(略称:CTC、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:奥田陽一)は、プライベートクラウド環境に合わせて、ストレージ及びバックアップシステムを最適統合するための設計及び導入コンサルティングサービス「SOIDEAL(ソイディール)for Storage」及び「SOIDEAL for Data Protection」を開発し、10月7日よりサービス提供を開始します。CTCでは、プライベートクラウド環境を構築するためのサーバ仮想化・統合化コンサルティングサービス「SOIDEAL」を2008年11月より提供しています。この度、サーバ領域に加えてストレージ及びバックアップ環境にまでサービス領域を拡大することで、プライベートクラウド構築ビジネスの強化を図ります。
昨今、自社のサーバを仮想化技術によって統合し、プライベートクラウド環境を構築する企業が増えており、これに伴い、ストレージやバックアップシステムの最適化に対するニーズも増えています。ストレージ/バックアップシステムは、統合ITインフラに必須のコンポーネントである一方、統合化に向けた技術や手法は様々で、設計フェーズに時間を要することが課題となっています。

SOIDEAL for Storage及びSOIDEAL for Data Protectionは、仮想化統合したサーバ環境に合わせて、ストレージ、バックアップ、さらにディザスターリカバリーシステムを統合し最適化するためのシステム設計及び導入を支援するコンサルティングサービスです。ユーザー企業のデータ管理ポリシーや運用ポリシーに応じて、様々な製品・技術・手法を駆使して、システムの統合計画を策定します。これにより、増加し続けるデータを効率良く管理・運用するための、統合データマネジメントインフラの構築を支援します。

SOIDEALは、これまでCTCが手掛けた、ITインフラの仮想化・統合化プロジェクトにおいて蓄積したノウハウ、経験をもとに開発した、CTC独自のコンサルティングサービスです。プライベートクラウド構築の検討から具体的な方針策定までを支援するサービスで、これによりプライベートクラウド環境の構築期間を大幅に短縮することが可能です。さらにCTCでは、プライベートクラウド関連ソリューションとして、短期間でプライベートクラウド環境を構築可能な、CTC独自のソリューション「VM Pool(ヴイエム・プール)」や複雑なプライベートクラウド環境における運用課題を解決するリモート運用サービス「RePlavail(リプラベイル)」を提供しています。今後、さらにサービス/ソリューションを拡充することで、プライベートクラウドビジネスの一層の強化を図ります。

SOIDEAL for Storage及びSOIDEAL Data Protectionのサービス内容

現状分析、アセスメント機能

ハードウェア、OSに依存せずに既存システムの環境をアセスメントし、課題を可視化します。実測値に基づいたアセスメントを実施するため、現在のシステム状況が確実に把握できます。

統合効果測定

お客様の既存のITインフラを統合した場合の効果を算出します。定量的に統合ITインフラの価値を把握する事が可能です。

統合方針策定

マルチベンダーの特色を活かし、特定の製品に依存せずに、ニュートラルな立場で機能/アーキテクチャ選定を実施します。オープン系システムの特徴を優先した柔軟な製品選定が可能な環境構築が可能です。

設計/構築フェーズを含めた実行計画の策定

コンサルティングフェーズで策定したTo Beモデルをスムーズに構築するために、設計/構築フェーズを意識した実行計画を策定します。ストレージ、バックアップシステム特有のデータ移行手法も含めた内容のため、短期間での実装が可能です。

ワークショップ形式

プロジェクトを円滑に進めるために、毎週ワークショップを実施し、お客様と細かい内容まで共有しながらサービスを進行します。

「SOIDEAL」のサービス構成

「SOIDEAL」のサービス構成
 

本件に関するお問い合わせ先

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
広報部

TEL:03-6203-4100
FAX:03-5512-3013
E-Mail:press@ctc-g.co.jp

現在掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

トップに戻る