JapanEnglish

ニュース

プレスリリース

CTC、新ブランド「cloudage」を立ち上げ、クラウドビジネスを強化

基本コンセプトは「クラウド時代のビジネスインフラストラクチャーを創造」

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(略称:CTC、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:奥田陽一)は、多様化する顧客ニーズに対応するため、「クラウド時代のビジネスインフラストラクチャーを創造」をクラウドビジネスの基本コンセプトに設定し、これを体現する新ブランド「cloudage(クラウデージ)」を立ち上げます。

CTCは、従来から様々なクラウド関連ソリューション及びサービスを提供しており、その内容は、プライベートクラウド、パブリッククラウド、それぞれの導入支援及び保守サービス、さらに業種・業務別サービスなど多岐に渡っています。この度、全社統一ブランド「cloudage」のもと、これら約40種類のソリューション及びサービスを、「プライベートクラウド構築ソリューション」、「仮想化ホスティング」、「SaaS」、「クラウド導入コンサルティング」、「クラウド運用アウトソーシング」の5つに体系化しました。クラウド導入に関するコンサルティング、企画、開発、構築、運用、保守サポートに至る全てのフェーズを網羅するCTCのクラウドソリューションを整備・体系化したことで、顧客のビジネスを支える強固な基盤を提供します。

CTCは、2010年4月に発表した中期経営計画において、今期特に注力するテーマのひとつに クラウドビジネスを掲げています。4月にはクラウドビジネスを企画・推進する専任組織「クラウドビジネス企画推進部」を立ち上げました。
今後CTCは、クラウド関連ソリューション/サービスのさらなる拡充やクラウド人材の一層の強化等により、クラウド関連ビジネスの売上目標として2012年度に700億円を目指します。

基本コンセプトとcloudageロゴマークについて

クラウド時代のビジネスインフラストラクチャーを創造「cloudage」
サービスや技術を組み合わせ、自社のビジネスにあったクラウドの最適解を出さなくてはなりません。「クラウド時代のビジネスインフラストラクチャーを創造」という基本コンセプトは、所有から利用への変化が進む「クラウド時代」に、顧客の本業ビジネスを支える基盤を、顧客と共に「創って」いくことを意味しています。新ブランド「cloudage」は、このコンセプトを体現するものです。「cloudage」は、cloud(クラウド)とage(時代)を組み合わせた造語です。

cloudageの5つのサービスカテゴリ

1.プライベートクラウド
  構築ソリューション
CTCの豊富な経験・実績に裏打ちされた仮想化・統合化サービスと、トップベンダーの提供するクラウド対応製品で、顧客のプライベートクラウド構築を実現します。
2.仮想化ホスティング 国内有数のCTCデータセンターに構築された、高品質・高信頼性の仮想化基盤(IaaS/PaaS)を柔軟なサービス・課金体系で提供します。
3.SaaS 顧客のニーズに対応し、最新のテクノロジーを駆使した豊富なCTCオリジナルサービスと、パートナー協業サービスを提供します。
4.クラウド導入コンサルティング 顧客のビジネスとシステムの現状を把握・分析し、最適なクラウド導入ロードマップを策定します。
5.クラウド運用アウトソーシング 顧客のシステム運用を最適化し、CTCがトータルアウトソーシングします。

CTCのクラウドビジネスの特長・強みについて

オープン系マルチベンダーであるCTCは、インフラ構築で豊富な実績を有しています。また、プライベートクラウド環境を短期間で構築可能な「VM Pool」、CTCのデータセンターから提供するパブリッククラウドの仮想化ホスティングサービス「Techno CUVIC」、プライベートクラウドをはじめ仮想統合されたインフラのリモート運用管理サービス「RePlavail」など、様々なクラウド関連ソリューション及びサービスを、他社に先駆けて提供しています。CTCでは、こうした独自の強みを活かし、様々なクラウド技術を組み込んだ強固なITインフラの、コンサルティングから開発、構築、保守・運用にいたるトータルサービスをワンストップで提供します。

尚、11月5日(金)にコンラッド東京において「CTC クラウドDay 2010」を開催します。
今回の発表にあたり、ベンダー各社からコメントを頂いております(五十音順)。


EMCジャパン株式会社は、「cloudage」の立ち上げを誠に歓迎いたします。さらに、CTCのクラウドサービスご提供に必要なEMC製品およびコンサルティング等のサービスをCTCを通じてご提供することにより、真のクラウド時代に求められるミッションクリティカルなビジネスインフラストラクチャーの創造のためにお手伝いをさせて頂く所存です。これからが本当のクラウド時代の幕開けになるようCTCとパートナーを組んで邁進していきます。
EMCジャパン株式会社


CTCは最上位の販売パートナーにあたるSolution Provider Premierパートナーであり、VMware Japan Partner Award 2009においてVMware Expert、及び、Cloud Business Leadershipの2部門で受賞をされた実績をお持ちです。ヴイエムウェア株式会社は、お客様に幅広い選択肢と最適な管理性を実現するVMware vSphereを基盤とした「cloudage」のクラウドサービスラインアップ拡充を含め、CTCのお取り組みを歓迎いたします。
ヴイエムウェア株式会社


F5ネットワークスジャパン株式会社は「cloudage」の発表を心より歓迎致します。
弊社の主力製品であるBIG-IPRはマルチテナンシー、運用自動化に業界でもいち早く対応し、クラウド時代に最適な柔軟性の高いインフラの構築、運用を可能にします。
既にCTCと弊社はAP PoolやVM Poolというクラウド時代を見据えた基盤ソリューションで連携しております。この度の発表を契機として両社はより一層、緊密に連携し、お客様のビジネスにこたえるIT基盤を構築するソリューションをご提供してまいります。
F5ネットワークスジャパン株式会社


シスコシステムズ合同会社は、CTCの新ブランド「cloudage」の発表を心より歓迎いたします。お客様のIT投資をビジネスの利益につなげるお手伝いをするべく、シスコはデータセンターのポートフォリオを拡充しています。柔軟でスケーラブルな仮想化とセキュアなクラウド環境を実現するアーキテクチャを提供することでお客様のビジネスに貢献していきます。
クラウド導入コンサルティングから、構築・運用に至るまで豊富なノウハウをお持ちであるCTCと、今後のクラウド時代のビジネスでご一緒できることを期待しています。
シスコシステムズ合同会社


株式会社シマンテックは、この度のCTCの「cloudage」発表を心より歓迎致します。クラウド環境における情報の保護及び管理を、セキュリティ、バックアップ、ストレージ全製品を通じ提供する弊社は、「VM Pool」シリーズにおいても、高可用性ソリューション「Symantec ApplicationHA」、及び統合バックアップ製品「Symantec NetBackup」の両製品をソリューションとして提供しており、引き続きCTCとご一緒に、企業のインフラ及び情報を、パブリック・プライベートクラウド双方において保護するソリューションをご提供して参ります。
株式会社シマンテック


株式会社セールスフォース・ドットコムは「cloudage」の発表を歓迎いたします。クラウドコンピューティングは、ビジネスアプリケーションの開発と運用の方法を劇的に変化させる新しいモデルです。弊社のリアルタイム・マルチテナント・アーキテクチャを基盤としたプラットフォームとCRMアプリケーションは、顧客とのコミュニケーション手法に革命をもたらしています。「cloudage」の提供する広範囲なクラウドサービスと弊社のソリューションを組み合わせる事により、より多くのお客様に、高品質な信頼性の高いサービス提供が可能になると考えます。
株式会社セールスフォース・ドットコム


トレンドマイクロ株式会社はCTCの「cloudage」の発表を歓迎します。
CTCの「VM Pool」や「TechnoCUVIC Pro」において、当社の総合サーバセキュリティソリューション「Trend Micro Deep Security」を利用したセキュリティサービスを提供しており、企業がプライベートクラウド、パブリッククラウド双方を利用する上でのセキュリティ課題に対する有効な解決策として推進しております。
お客様が安心して利用できるクラウド環境の実現に向け、今後もCTCとの協業を深めてまいります。
トレンドマイクロ株式会社


日本オラクル株式会社は、CTCのクラウドソリューション「cloudage」の発表を歓迎いたします。
オラクルは、プライベート・クラウドとパブリック・クラウドおよび両者を組み合わせたハイブリッドクラウドでビジネス・ソフトウェアを実行するための多数の選択肢を提供しており、クラウドの中核となる基盤システムの提供ととともに、データセンターからクラウド技術・保守運用サービスまでをワンストップで提供することが必要不可欠だと考えています。
これら全ての必要な要素を包含するCTCのクラウドソリューション「cloudage」の提供によって、お客様のビジネスインフラストラクチャーの速やかな構築に大きく貢献できると確信しています。
引き続きパートナー様と共に、「Oracle Database 11g Release 2」や、「Oracle Exadata」を中心に、急速に変化するお客様のビジネスの基盤として、コスト効率が高く、拡張性と可用性の高いクラウド・コンピューティング基盤の提供をおこなってまいります。
日本オラクル株式会社


日本ストラタステクノロジー株式会社は、CTCによる新ブランド「cloudage」の発表を歓迎します。
クラウドの普及に伴い、サービスの信頼性が課題としてあげられ、サービス利用者は、信頼性についての問題意識を共有できビジネス環境を的確に捉えサポートできる提供者を見極めねばならない段階に至っています。ストラタスの30年に及ぶ無停止型テクノロジーは、「cloudage」を99.9999%以上の最高の信頼性で支え、CTCと協業してお客様への更なる満足度の提供に尽力して参ります。
日本ストラタステクノロジー株式会社


日本ヒューレット・パッカード株式会社は、CTCのクラウドソリューション「cloudage」を心より歓迎いたします。 日本HPは、クラウド時代の次世代IT基盤「HP Converged Infrastructure」 を具現化する「HP BladeSystem Matrix」 を「cloudage」に提供することで、強固なクラウド環境実現をサポートいたします。
今後もCTCとの協業を強化しクラウド時代のインフラストラクチャーを共に創造していくことを通じて、ビジネス環境の変化に柔軟に対応しお客様のビジネス拡大に貢献してまいります。
日本ヒューレット・パッカード株式会社


ネットアップ株式会社は、このたびのCTCによるcloudageの発表を歓迎します。ネットアップとCTCは、10年にも及ぶ緊密なパートナーシップをベースに、cloudageブランドの下で提供されるVM PoolやTechnoCUVICにおける標準ストレージとしても採用いただくなど、仮想化/クラウド領域でも活発に協業しています。
ネットアップは創業以来、シンプルなユニファイド・アーキテクチャにより、データ管理の複雑性を排除するという課題に取り組んで来ました。ネットアップでは今後もCTCと共に、お客様のIT基盤をシンプルに最適化するためのお手伝いを致します。
ネットアップ株式会社


このたびのCTCの新しいクラウドサービス「cloudage」の発表を心より歓迎いたします。
株式会社日立製作所は、クラウドソリューション「Harmonious Cloud」を提供し、高信頼、高セキュリティな社会インフラシステムに対応できるクラウド環境の実現に貢献しています。CTCの「cloudage」がクラウド市場をさらに活性化し、さまざまなクラウドの相互連携が加速することで新たな価値が創出されることを確信しています。
日立は今後もCTCとの連携を強め、お客様のビジネス拡大に貢献して参ります。
株式会社日立製作所


マイクロソフト株式会社は、この度のCTCの「cloudage」ブランドの発表を歓迎いたします。
「cloudage」により、既存のIT資産を生かしつつ、プライベートクラウドとパブリッククラウドを融合したハイブリッドクラウド環境が容易に構築できるため、企業のお客様はクラウドへスムーズに移行できるものと期待しております。マイクロソフトは、Windows Server 2008 R2 Hyper-Vと System Center ファミリーによるプライベートクラウド基盤や、この度発表されたSharePoint Server 2010ベースのポータルサービスを軸に、CTCとの緊密な協力関係のもと、お客様のビジネスの成長を最大限に支援するべく革新的なクラウドプラットフォームを提供していきます。
マイクロソフト株式会社

本件に関するお問い合わせ先

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
広報部

TEL:03-6203-4100
FAX:03-5512-3013
E-Mail:press@ctc-g.co.jp

現在掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

トップに戻る