JapanEnglish

ニュース

プレスリリース

CTC、DWHのクラウドサービス「cloudageデータウェアハウス」を開始

DWHアプライアンス「Netezza」を利用した高速DWHクラウドを国内で始めて提供

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(略称:CTC、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:奥田陽一)は、2011年1月より、大量データの分析基盤としてDWHのクラウドサービス「cloudage(クラウデージ)データウェアハウス」を、国内で初めて提供します。価格は初期費用90万円、月額50万円からで、売上目標は関連分野を含め3年間で20億円です。
経営状況を可視化し、顧客の購買行動や特性などを経営戦略に活かすBI(Business Intelligence)のニーズは、先行き不透明で景気が減速している中でもその重要性を増しています。しかし、BIシステムの導入に際しては、分析基盤となるDWHシステムの構築や、導入後のチューニングが必要となることなどから手間も費用もかかるのが現状で、システム導入を検討するものの、断念する企業も少なくありません。そのような状況で、初期投資を低く抑えたい企業や、スモールスタートを始めたい企業を中心に、DWHのクラウドサービス化が求められていました。

CTCが開始するcloudageデータウェアハウスとは、データウェアハウス(DWH)分野で実績のあるネティーザ社のNetezza DWHアプライアンスをエンジンとして採用、CTCが所有するデータセンター内にシステムを構築し、PaaS(Platform as a Service)として提供するサービスです。Netezza DWH アプライアンスは、ほとんどチューニングをせずにデータロードや、集計処理において一般のRDBMSに比べて10倍~100倍という高いパフォーマンスを得られる特徴があります。本サービスでは1つの筐体を複数企業で共有することにより、安価にサービスを提供します。スモールスタートだけでなく、購入前のサイジング調査や効果検証、開発環境等にご利用いただくことが可能です。また、通常DWHシステムの導入には発注から約1ヶ月程度の期間を要しますが、本サービスは申し込み後、ネットワーク関連の設定を行った後、即分析業務にご利用いただくことが可能です

CTCでは、16年前からBI/DWH分野の専門組織を立ち上げ、業界業種を問わず、数多くのお客様にシステムを提案してきました。Netezza DWHアプライアンスに関しては、2006年12月から取り扱いを開始しており、多くのお客様への提供実績があります。

cloudageデータウェアハウスは、将来的に、DWHアプライアンスだけでなく、BIツールのクラウドサービス化や、業界/業態ごとの分析支援サービスの提供も検討しており、将来的にはBI/DWH領域のサービスを全てクラウドで提供する予定です。

尚、11月5日(金)にコンラッド東京において開催する「CTCクラウドDay 2010」に展示いたします。
※Netezza TwinFin™について
Netezza TwinFin™は、データウェアハウス/分析アプライアンスとして業界をリードしてきたNetezzaの第4世代のアプライアンスです。TwinFinは標準技術を採用したDWHアプライアンスであり、データベース、サーバ、ストレージを管理しやすい単一システムに統合、ペタバイト規模の大量なデータ分析も迅速に処理することができる高性能と簡易性/容易な運用性を両立したDWHアプライアンスです。本サービスで採用予定であるNetezza TwinFin向けのアップグレード・ソフトウェアの最新リリース6.0は、TwinFin/Skimmerのパフォーマンス・拡張性は従来比2倍の向上を実現、その他ワークロード管理など各種機能が強化されます。また、当リリースには高度分析を可能とするソフトウェア・プラットフォーム「i-Class(アイクラス)」が含まれます。i-ClassはJava,C/C++,Fortran,Python,MapReduce,Hadoop,SAS,R等をサポートし、Netezza TwinFin上で高度分析の実行を可能にします。リリース6.0ではこれらパフォーマンスや機能向上と共に、高度分析の実行環境を提供することで、企業のデータ分析・活用をより促進し、効率化します。

日本ネティーザ株式会社 / NetezzaCorporationについて

Netezza(NYSE : NZ)は、拡張する企業のビジネス・ユーザによる高度な分析を支える、データウェアハウスおよび分析アプライアンスのグローバル・リーダーです。Netezzaのテクノロジーによって、企業は膨大なデータを迅速に処理することができ、今日のデータ集約型業界、例えばデジタルメディア、エネルギー、金融、官公庁、ヘルス&ライフ・サイエンス、流通、情報通信業界等において確固たる競合優位と企業運営における大きなアドバンテージを得ることができます。Netezzaは、米国マサチューセッツ州マールボロに拠点を置き、ヴァージニア北部、カナダ、英国、ドイツ、フランス、日本、韓国、オーストラリア、シンガポールにオフィスを構えています。Netezzaの詳細については、以下ホームページをご覧ください。
http://www.netezza.co.jp

本件に関するお問い合わせ先

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
広報部

TEL:03-6203-4100
FAX:03-5512-3013
E-Mail:press@ctc-g.co.jp

現在掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

トップに戻る