JapanEnglish

ニュース

プレスリリース

参考資料:日本生協連、今年夏までに新EC・SNSサイトを全国規模に拡張

~140万人を支えるプライベートクラウド環境を構築~

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

日本オラクル株式会社

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(略称:CTC、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:奥田 陽一、以下:CTC)と日本オラクル株式会社(本社:東京都港区、代表執行役社長 最高経営責任者:遠藤 隆雄、以下:日本オラクル)は、日本生活協同組合連合会(以下:日本生協連)の会員向けEC・SNSサイト「eフレンズ」を刷新しました。2011年夏までには、予定されている会員生協への導入が完了し、最大約140万人規模、年間サイト売上高約1,000億円、受注点数3億点を越える大規模ECサイトとなる計画です。
生協では従来から、宅配モデルを中心に全国に会員数を増やして来ました。全国の購買生協会員数は現在、日本国内全世帯数のおよそ1/3にあたる約1,860万世帯にのぼります。日本生協連は、これらを含む全国生協組織約500団体の連合会組織と位置付けられます。
「eフレンズ」は、同社の新世代インターネット基盤「CWS(coop-web-standard)」というEC・SNS基盤をもとにした全国会員生協のお買い物サイトです。日本生協連ではインターネット環境の変化への対応や、組合員の利便性向上などを目的としてこの基盤システムを全面的に刷新し、2010年6月から展開を開始しました。
「CWS」は日本生協連がEC・SNS基盤を提供し、全国の生協が機能とリソースを必要なだけ利用してそれぞれのお買い物サイトを構築出来る、というプライベートクラウド方式で構築されています。これにより、各地域の生協がそれぞれ特売や数量限定販売などのキャンペーンを実施するなど、自由度の高いサイトが構築出来る仕組みを実現しています。
また、新システムでは、生協購買事業の発展を長年支えてきた特長の一つである「組合員同士による口コミ」の文化を活かすため、インターネット上でのコミュニケーションを実現するSNSシステム基盤についても、特にEC機能との連携箇所を中心に基盤強化されました。
CWSの刷新プロジェクトでは、CTCがトータルSIerとしてシステムの設計・開発・構築、運用支援、データセンターサービスなどの総合サービスを提供しています。また本プロジェクトでは、重要課題の一つであった集中アクセスへの対策として、オラクルのインメモリ・データグリッド・ソリューション「Oracle Coherence」(オラクルコヒーレンス)を採用しました。「Oracle Coherence」は、サイトアクセス集中への対応や拡張性の高いシステム構築実現に大きく寄与し、当初の性能要件を上回る1分間に7,000ユーザーまでの処理が可能になりました。日本オラクルは自社製品知識と導入実績を活用したコンサルティングサービスの提供を通じて、当プロジェクトを支援しました。
日本生協連では今後、組合員の変化するニーズに対応し、より便利なサービスを提供するため「CWS」という基盤を活用し、会員生協購買事業への更なる貢献を目指しています。CTCでは今後とも、「CWS」の安定運用およびシステム拡張を支援していきます。また本プロジェクトの導入を通じて得たノウハウを活かして、「Oracle Coherence」を活用したビジネスを推進していきます。

日本生協連と全国生協の組織

日本生協連と全国生協の組織

 
ユーコープ事業連合【おうちCO・OP】サイト 「商品一覧」の画面イメージ

ユーコープ事業連合【おうちCO・OP】サイト 「商品一覧」の画面イメージ

 

日本生活協同組合連合会(日本生協連)について

会社名 日本生活協同組合連合会(日本生協連)
所在地 〒150-8913 東京都渋谷区渋谷3-29-8 コーププラザ
出資金 91.6億円
会員数 481生協(購買生協)
URL http://jccu.coop/

ユーコープ事業連合 【おうちCO・OP】サイト

http://www.ouchi.coop/

参考リンク

日本オラクル Oracle Coherence 日本生活協同組合連合会 様事例(PDF)
YouTube(日本オラクル広報室チャネル)

本件に関するお問い合わせ先

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
広報部

TEL:03-6203-4100
FAX:03-5512-3013
E-Mail:press@ctc-g.co.jp

現在掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

トップに戻る