JapanEnglish

ニュース

プレスリリース

入社式社長メッセージ

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

この度の東北地方太平洋沖地震で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
また、被災地の皆様の安全と、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
さて、CTCグループでは、4月1日付けで145名の新入社員を迎えました。
本日執り行いました入社式にて、奥田社長が新入社員に送ったメッセージをご紹介します。

「知恵と工夫」で成長していこう!

新入社員の皆さん、伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)グループを代表して皆さんの入社を心から歓迎いたします。「超氷河期」といわれる厳しい就職戦線を勝ち抜いて入社した、CTCグループの未来を築く人材である皆さんの活躍を大いに期待しています。

震災について

3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震では大変多くの方が被害にあわれ、また多くの方が犠牲になりました。皆さんとともに心よりお見舞いとお悔みを申し上げたいと思います。

現在CTCグループでは、全力でお客様のシステムの復旧・安定稼働に努めています。また、IT企業として社会の復旧に向け、様々な取り組みを行っています。保守サポートの特別サービス、データセンターでの各種無償サービスの提供、復興事業に関する無償ソフトウェア提供など、社員が一丸となって知恵を絞っています。また、全社で節電や募金にも積極的に取り組んでいます。

この大震災がIT市場、ひいては日本の経済に与える影響を見通すことは現時点では大変難しく、当面は厳しい状況が続くものと予測しています。しかし、いつまでもこのような状況が続くとは思いません。時間はかかりますが、日本の経済は必ず復活すると固く信じています。これは、企業各社、私たち一人ひとりの努力の積み重ねで実現するものです。CTCグループも日本の復活に貢献したいと考えています。

皆さんも今日からは我々の仲間として、誇りを持ってそれぞれが出来ることに全力で取り組んでください。

スローガン「創造」について

CTCグループの2011年のスローガンは「創造」を掲げました。これからも変化し続けるIT業界で勝ち残るためには我々も成長し、変わっていく必要があります。お客様に新しい提案をする、新たなお客様を開拓する、新しいサービスや従来と異なるビジネスモデルを創り上げるなど、様々な思いを込めた言葉です。大変な状況ではありますが、他社との差別化を図り、競争力をつけ、皆さんとともにますます成長していくチャンスともいえます。今年はクラウドビジネスに今まで以上に取り組みます。また海外展開もスタートします。従来と違う価値を創り出し、新たな付加価値としてお客様に提供するためには「知恵と工夫」が不可欠です。グループ全社員が「創造」の実現にむけ力を結集しましょう。

新入社員に期待すること

CTCとは、Challenging Tomorrow's Changesの略であり、文字通り、皆さんには、成長するための変化に挑戦し、IT業界を牽引する人材になってほしいと考えています。社会人としての第一歩を踏み出す皆さんに期待したいことを3つお話しします。

まず、誰にも負けない強みを持つ人材、競争力のある人材になってください。これから皆さんは、営業、エンジニア、運用や保守、企画、管理など、様々な職種に就くことになりますが、それぞれの分野において秀でた存在になるべく、努力して欲しいと思います。皆さんを支援するために、様々な研修プログラムを用意していますので、存分に活用してください。

二つ目は、幅広い見識を持って欲しいということです。常に勉強を続け、自分への投資を惜しまないでください。最新情報は貪欲にキャッチアップしてください。今からの積み重ねが必ず皆さんの将来に生きてきます。

最後に、これからの3年間は基礎固めの期間として捉え、一所懸命に業務に取り組んでください。基礎固めは必ず役に立ちます。挫折しそうな場面に遭遇するかもしれません。決して途中で投げ出さずに、是非、一人前のビジネスマン、ビジネスウーマンになってください。

CTCグループの成長の原動力は皆さんです。皆さんの成長は会社の成長にとって欠くことのできないものです。今日、皆さんの新しい時代が始まりました。皆さん一人ひとりの力を結集して、CTCグループを更に「成長する、元気な、Good Company」にしましょう。

本件に関するお問い合わせ先

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
広報部

TEL:03-6203-4100
FAX:03-5512-3013
E-Mail:press@ctc-g.co.jp

現在掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

トップに戻る