JapanEnglish

ニュース

プレスリリース

CTC、「VMware vCloud® Poweredサービスプロバイダ」の認定を取得

ハイブリッドクラウド環境の構築支援ビジネスを強化

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(代表取締役社長:奥田陽一、本社:東京都千代田区、以下:CTC)はVMware,Inc.(代表者:Paul Maritz、本社:米国カリフォルニア州パロアルト、以下:ヴイエムウェア)が推進する、業界最大のクラウドコンピューティングパートナー認定制度のうち、プライベートクラウドとパブリッククラウドの相互運用を実現する「VMware vCloud® Powered サービスプロバイダ」に、お客様の要件に合わせたテーラーメイド型のクラウドサービスを提供する企業として国内で初めて認定を取得しました。
「VMware vCloud® Powered サービスプロバイダ」は、ヴイエムウェアが提供する、クラウド環境実現のためのソリューションであるVMware vSphere™ 及びVMware vCloud™ Directorを基盤として、業界標準のオープンな仮想マシンファイル形式(Open Virtualization Format)による仮想マシンのインポート/エクスポートをサポートするクラウドサービスプロバイダの認定です。

「VMware vCloud® Powered サービスプロバイダ」の認定を受けた企業は、プライベートクラウドとパブリッククラウドの双方に互換性を持つクラウドコンピューティングアーキテクチャによるクラウドサービスを提供します。これにより、ユーザーは無駄な投資をせず相互運用可能なハイブリッドクラウドコンピューティング環境を安心して活用することが出来ます。
CTCは、従来から仮想化技術に取り組み、様々なクラウド関連のソリューションを提供してきました。2010年10月から、クラウドの独自ブランド「cloudage」を立ち上げ、クラウドビジネスを推進しています。約40種類以上のラインアップの一つとして、ヴイエムウェアのクラウド構築プラットフォーム「VMware vCloud™ Director」を採用し自社開発したサービス「cloudage CUVIC OnDemand」の提供も開始しています。

また、CTCは、ヴイエムウェアの最上位のプレミアパートナーであり、仮想化及びクラウド基盤ソリューションを用いお客様固有の要件を満たすためにシステムインテグレーションをするソリューションプロバイダです。2010年に、VMware社のパートナープログラム「VMware Partner Network」の中で、年に1度ヴイエムウェアが革新的で包括的なクラウドソリューションをお客様に提供しているパートナーに授与する「VMware Partner Network Award」における「Solution Provider Partner of the Year for APAC」と、「VMware Japan Partner Award 2010」における「Channel Partner of the Year」を受賞するなど、VMware社製品を用いた仮想化及びクラウドソリューションの導入における実績を有しています。

CTCは今回、「VMware vCloud Powered サービス プロバイダ」に認定されたことにより、今後もヴイエムウェアとの強力なパートナーシップのもと、クラウド関連ソリューションやサービスを拡充し、お客様に最適なエンタープライズハイブリッドクラウドソリューションを強化していきます。

本件に関するお問い合わせ先

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
広報部

TEL:03-6203-4100
FAX:03-5512-3013
E-Mail:press@ctc-g.co.jp

現在掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

トップに戻る