JapanEnglish

ニュース

プレスリリース

CTC、大規模プライベートクラウド環境のコンサルサービスを拡充

「SOIDEAL for プライベートクラウド」で社内サービス運営・運用体制の確立を支援

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(代表取締役社長:奥田陽一、本社:東京都千代田区、以下:CTC)は、クラウド関連ビジネスの全社統一ブランド「cloudage(クラウデージ)」における、プライベートクラウドのインフラ構築、社内サービス化の運営体制立ち上げを支援する新しいサービス「SOIDEAL(ソイディール) for プライベートクラウド」の提供を本日より開始します。

CTCは2008年11月から、企業の仮想化・統合化環境構築のためのコンサルティングサービス「SOIDEAL*1」を提供してきました。今回提供を開始する「SOIDEAL for プライベートクラウド」は、従来のインフラ構築の領域に加え、構築後のインフラの社内サービス化や、運用・運営体制の要件定義までコンサルティング範囲を拡大しました。

CTCでは、「SOIDEAL for プライベートクラウド」をはじめとする各種クラウドソリューションで大規模プライベートクラウド構築ビジネスを一層強化し、運用サービス分野における案件規模拡大を図ります。
現在、企業のプライベートクラウド環境の構築における技術的な課題は、仮想化をはじめとした技術の成熟により解消しつつあります。その一方、従来のITインフラにはない新しい概念である、「社内サービス化」にまつわる問題が顕在化してきました。内部に多数のカンパニー・組織を包含し、これらが重複して有する数百台以上のIT資産を組織横断的に集約・共有化する大規模なプライベートクラウド環境においては、ITシステム担当者はITインフラを利用する側(=アプリケーション担当)と、提供する側(=インフラ担当)に分かれ、ITインフラはサービスとして提供されます。CTCの調査では、インフラ担当の作業の約45%が、アプリケーション担当の支援に割かれているという実態があります。プライベートクラウド環境で適切なサービス化が行われない場合、作業時間が更に増加したり、ITインフラが適切に利用されないといった問題が生じます。こうした状況は、従来の情報システム部門の役割や機能に大きな構造変化を迫り、ITインフラ技術だけでは解決できない課題となっています。

「SOIDEAL for プライベートクラウド」は、これまでCTCが手掛けた、ITインフラの仮想化・統合化プロジェクトで蓄積したノウハウ、経験をもとに開発したCTC独自のコンサルティングサービスです。

ITインフラ、運用サービスなど各分野のスペシャリストからなる専門チームが、プライベートクラウド環境における柔軟なITインフラの整備と、顧客ポリシーに応じた最適な運用体制・サービスメニューの設計まで一連のプロセスをワンストップで支援することで、インフラ構築直後に社内サービスを開始可能な運営体制の確立を図ります。
CTCは、cloudageブランドのプライベートクラウド関連ソリューションとして、短期間でプライベートクラウド環境を構築できる独自のソリューション「VM Pool(ヴイエム・プール)*2」や、複雑なプライベートクラウド環境における運用課題を解決するリモート運用サービス「RePlavail(リプラベイル)*3」を提供しており、今回のコンサルティングサービスと組み合わせることでプライベートクラウドビジネスの一層の強化を図ります。

SOIDEAL for プライベートクラウドの実施内容

実施内容 説明
アーキテクチャ標準化 プライベートクラウドにおける標準アーキテクチャ策定します。サーバ、ストレージに加えデータ保護、災害対策、運用監視など、ITインフラ全領域に渡り検討します。
運用の標準化 従来のITインフラからの「アーキテクチャの変化」、「運用作業の変化」、「運用体制の変化」を踏まえ、利用者と提供者の役割分担と運用ワークフローを再定義します。
社内サービス化 社内サービス化の要件定義を行い、利用者と提供者が円滑にコミュニケーションし、プライベートクラウドの効率的な利用を促進するための基礎を作ります。
ROI分析 プライベートクラウド構築に必要な投資額、ITインフラ統合による効果の可視化・分析を行います。CTCの『マルチベンダー』の強みを活かし、最適な将来像を描きます。
実行計画 プライベートクラウド構築の実行計画を策定します。ITインフラの移行、運用、サービス運営体制の整備などのタスクを、誰が、いつ実行するかを具体的に定義します。

cloudageにおけるSOIDEAL for プライベートクラウドの位置づけとサービス構成

位置づけとサービス構成イメージ
 
*1 SOIDEALについて:ITインフラの仮想化・統合化のためのサービスを体系化し、顧客のシステム環境やニーズに応じた最適なインフラを実現するためのコンサルティングサービス。2008年11月よりサービス開始。

*2 VM Poolについて:2007年12月より販売する仮想化システムのパッケージソリューション。仮想化ソフト、ブレードサーバ、ストレージを、あらかじめ最適な環境・設定で組み合わせ、仮想化技術によって統合したシステム基盤を短期間で構築可能。Pool Family として様々な仮想化ソリューションを提供。

*3 RePlavailについて:仮想統合されたITプラットフォームを遠隔から運用するマネージメントサービス。24時間365日で、仮想統合されたITプラットフォームの運用を支援します。2009年10月よりサービス開始。

*4 Techno CUVIC/CUVIC OnDemand :CTCが提供する仮想化技術を駆使した共有型ホスティングサービス。

本件に関するお問い合わせ先

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
広報部

TEL:03-6203-4100
FAX:03-5512-3013
E-Mail:press@ctc-g.co.jp

現在掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

トップに戻る