JapanEnglish

ニュース

プレスリリース

CTCとマカフィー、企業向けスマートデバイス管理ソリューションを共同展開

マルチキャリア/マルチOS対応の統合デバイス管理システムの構築から運用までトータル提供

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

マカフィー株式会社

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(略称:CTC、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:奥田陽一)とMcAfee Inc.の日本法人であるマカフィー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役会長兼社長 加藤孝博、以下マカフィー)は、セキュリティ分野における提携関係をさらに強化し、8月18日より企業向けスマートデバイス管理ソリューションを共同展開します。両社では、マカフィーの「McAfee® Enterprise Mobility Management (マカフィー エンタープライズ モビリティマネジメント:EMM)」による、マルチキャリア/マルチOS対応の企業向けスマートデバイス管理システムの構築から運用サービスまでをトータルで提供します。さらに今後は、マカフィーのモバイルマルウェア対策製品などとの機能連携や、同システムのクラウドサービス化など、連携範囲の拡大を目指します。売上目標は、関連ビジネスを含めて今後3年間で50億円です。
スマートフォンやタブレット端末といったスマートデバイス契約数が急速に伸びる中、モバイル端末としての携帯性や、位置情報との連動による利便性の高さから、今後は企業による利用が進むことが予想されます。しかし、企業で利用される場合、異なる通信キャリアやOSが混在した環境での利用が想定されるため、端末のアクセス制限やデータ漏えい対策といったセキュリティ管理が複雑化することが懸念されています。スマートデバイス管理システムとは、ソフトウェア利用制御やデータ保護といった端末管理を、一元的に行なうためのシステムであり、企業がスマートデバイスを業務利用する際の安全かつ効率的な運用には欠かせないものとなります。

マカフィーは、既に全世界で1億台を超えるモバイルデバイスにセキュリティを提供しており、コンシューマ向けからエンタープライズ向けまで、業界で最も包括的なモバイルセキュリティを確立しています。2004年から国内初となる携帯電話向けのウイルス対策ソフトを提供すると共に、2010年から日本で初めてAndroid向けセキュリティソリューションの提供を開始しています。マカフィーのEMMは、ポリシーの作成と配布、機器証明書の配布、デバイスの状態監視、ユーザー管理、メールの保護など、スマートデバイスのライフサイクル全体の管理を行うモバイル管理ソリューションであり、iOS、Android、Web OS、Windows Mobile、Symbianなど、広範なモバイルプラットフォームに対応しています。

またCTCは、企業向け業務システムや大規模ネットワークインフラ構築で豊富な実績を有しています。様々なベンダーのハード、ソフトを組み合わせたマルチベンダー環境における、システム開発から導入、さらに全国5ヵ所のデータセンターによる運用サービスまでをトータルで提供しており、さらにクラウドコンピューティング分野でも40種以上の独自サービスを提供しています。また、スマートデバイスに対応したエンタープライズシステムでも実績があるほか、通信キャリア向けシステム開発や構築でも実績が豊富なことも強みのひとつです。
CTCとマカフィーは、2003年にウイルス対策製品の販売契約を締結して以来、不正侵入対策など、インターネットセキュリティ分野で協業してまいりました。この度、マカフィーのスマートデバイス管理技術とCTCのシステム構築、運用ノウハウを組み合わせることで、社内ポータルや顧客管理システムといったエンタープライズシステムとスマートデバイスを連携させたシステムの開発から構築、運用サービスまでをトータルで提供します。

両社が提供する企業向けソリューションの特長は以下の通り

  1. モバイルデバイスのライフサイクルを一元管理
    スマートデバイスのメールの保護、メールアカウントの設定や管理、パスワードポリシーの徹底、紛失盗難時におけるリモートワイプやロック、端末の機能の利用制限などといった機能を一元的に管理することが可能です。これにより、社内システム及びセキュリティ担当者の負荷軽減を図ります。
  2. マルチキャリア/マルチOSに対応したシステム環境を構築
    様々な通信キャリアの端末を一元管理可能です。また、iOS、Android、Windows、Symbianなど、様々なOSにも対応します。これにより、業務内容に応じた様々なアプリケーションの利用が可能なほか、利用可能なOSの追加拡充など、柔軟なシステム拡張にも対応します。
  3. システム開発から運用までトータルサポート企業向けの大規模システムとスマートデバイスを連携させたシステム構築及び運用サービスをトータルで提供します。また、スマートデバイスに対応した社内向けアプリケーションの設計から開発までも提供可能です。

EMMの主な機能

機能 内容
コンプライアンス管理 社内ルールに準拠したアクセス制御管理
メンバーシップ管理 部署・組織等のグループ毎に異なる業務フローやセキュリティポリシー等に則ったルールの割当
パスワード管理 セキュリティルールに準拠したパスワードの管理
機能制御 アクセス禁止サイトや使用禁止アプリケーション等の管理
プロビジョニング ネットワークアクセス設定の一斉配布
PKI 電子証明書の配布及び認証機能
メール同期 社内メールシステムとの同期機能
ヘルプデスク システム/ネットワーク管理部門向けの統合管理機能
紛失時の対策(ロック、ワイプ等)
アプリケーション配布 推奨アプリケーションの配布機能

本件に関するお問い合わせ先

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
広報部

TEL:03-6203-4100
FAX:03-5512-3013
E-Mail:press@ctc-g.co.jp

現在掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

トップに戻る