JapanEnglish

ニュース

プレスリリース

CTCと日本マイクロソフト、両社のデータセンターを連携させたクラウドソリューションで協業

HPC環境とWindows Azure(TM) Platformをハイブリッド型で連携し、まずは金融分野でサービス開始

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

日本マイクロソフト株式会社

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(以下CTC、代表取締役社長:奥田 陽一、本社:東京都千代田区)と、日本マイクロソフト株式会社(以下日本マイクロソフト、代表執行役 社長:樋口泰行、本社:東京都港区)は、この度、CTCデータセンターとマイクロソフトのデータセンターを連携させたクラウドソリューションにおける協業について合意しました。CTCが構築する高速な演算処理を実現するHPC※1環境と日本マイクロソフトのパブリッククラウドサービスMicrosoft(R) Windows Azure(TM) Platform(以下Windows Azure Platform)※2を連携し、システムへの投資を抑えて計算処理量の急激な変動に対応できるHPCソリューションを提供します。Windows Azure Platformを使用したHPCソリューションは国内で初めてのケースです。
まずは、保険会社を中心として、金融機関向けに、リスク計算等における一時的な計算処理量の増加に対応するHPCソリューションを開発し、CTCと日本マイクロソフトが共同で営業展開していきます。
CTCは、HPC環境とWindows Azure Platformの連携ソリューション全体で、今後3年間で30億円の売上を目指します。

背景

CTCと日本マイクロソフトは、強固なパートナーシップのもと、エンタープライズビジネスを推進しています。マイクロソフト製品を採用したシステムの中でも、近年では、Microsoft SharePoint(R) ServerやMicrosoft Windows Server(R) 2008 R2 Hyper-V(R)を利用したCTCデータセンターからのクラウドサービスなど、データセンターをベースとした様々なサービスを提供しております。
また、金融分野においては、2008年からWindows(R) HPC Serverをベースとした協業ソリューションを推進しており、国内大手銀行のリスク管理システム等、市場リスク管理や保険数理の分野でのHPCを活用した多くのシステム構築・運用の実績があります。
金融業界においては、昨今、銀行の資本に関する健全性の規制であるバーゼルIII※3、保険会社の資本に関する健全性の規制であるソルベンシーII※4、上場企業に対するIFRS適用等、リスク管理に関連した規制が強化されつつあり、金融商品のリスク計算や金融機関の財務計算におけるシステム負荷の高まりが予見されています。ただ、このようなシミュレーションやストレステスト等の計算は季節性があり、ピーク時に対応できるシステムリソースでは、平常時において余剰が発生するなどの問題がありました。
また、金融リスク計算等のシステム負荷の高い計算には、従来は高速なハイエンドコンピュータが使用されてきましたが、コストパフォーマンスの観点から、ミドルクラス以下の機器を多数活用してスーパーコンピュータ並みの計算能力を実現するHPCソリューションの普及が進みつつあります。

このような背景のもと、CTCと日本マイクロソフトは、金融分野における一時期な計算量の増加に対応できるハイブリッド型のHPCソリューションの開発に至りました。

ハイブリッド型HPCソリューションについて

ハイブリッド型HPCソリューションは、CTCが、CTCデータセンター内にHPC環境を構築し、必要に応じて、マイクロソフトのデータセンターからのパブリッククラウドサービスWindows Azure Platformのリソースを活用することで、一時的なシステム負荷に柔軟に対応できるハイブリッド型のソリューションです。CTCと日本マイクロソフト合計で約20名のHPC専門部署の技術者がシステムサポートを行います。ユーザ企業は、平常時のシステム負荷に合わせてHPC環境を構築すればよく、Windows Azure Platformが時間単位での課金であるため、ピーク時に合わせたシステムと比較して、最大で7割のコスト削減が実現できます。Windows Azure Platformによるリソースの増強は最短一日で準備でき、急激なビジネス環境の変化にも対応できます。
まずは、2012年春に、ソルベンシーⅡ対応に伴い計算能力の増強が必要とされている保険数理アプリケーション向けのHPC環境の提供を予定しています。
また、日本マイクロソフトが大手町に設置している「マイクロソフト イノベーションセンター」内の「金融HPCラボ」※5に、Windows Azure Platformと連携した検証環境を用意しており、お客様が利用するアプリケーションの対応状況を事前に検証することで、よりスムーズに導入できます。
ハイブリッド型HPCソリューションのイメージ図

ハイブリッド型HPCソリューションのイメージ図

今後の営業展開について

今後は、日本マイクロソフトがCTCにトレーニングや継続的な技術支援を行い、金融機関向に共同で本ソリューションの営業展開を行います。IFRS、バーゼルIIIによる影響が想定される銀行等のその他の金融機関のシステム向けにも、ハイブリッド型のHPCソリューションを開発する予定です。
CTCと日本マイクロソフトは、HPCの活躍が期待される物流や科学分野におけるシミュレーション、データ量の増加に伴いビッグデータを取り扱うBIシステム等、HPC環境とWindows Azure Platformの連携ソリューションの適用範囲を拡大させ、金融機関や各企業の要望に応じた個別のハイブリッド型システムの構築も含めて、データセンターを連携させたクラウドサービスを推進していきます。
※1 HPCとは
High Performance Computingの略。物理シミュレーションや複雑な金融商品の価値の計算など、高速な演算処理が必要なシステムに用いられるコンピュータ技術の総称。近年では、ブレードサーバーやPCサーバーを複数接続して大規模な並列計算処理を行なうことで高速演算を実現するグリッド・コンピューティングという手法が広く使われている。

※2 Windows Azure Platformとは
Windows Azure Platformは、マイクロソフトのデータセンターから、インターネット経由でコンピューティングリソースを提供するパブリック クラウドサービスであり、ユーザは、必要に応じて必要な分だけコンピューティング リソースを利用できるだけでなく、自社運用環境にあるサーバーやソフトウェアとクラウドをシームレスに組み合わせて運用できます。

※3 バーゼルIIIとは
バーゼル銀行監督委員会が2010年9月に公表した銀行に対する健全性の規制。自己資本比率に関する「バーゼル合意」、リスク評価を導入した「バーゼルII」に次いで、「バーゼルIII」では信用評価調整(CVA:Credit Valuation Adjustments)や流動性リスクに関する規制等が盛り込まれ、リスク計算の対象が広範になった。

※4 ソルベンシーIIとは
保険会社の健全性に関するフレームワークのこと。EUで2013年1月から施行が予定されており、日本の保険会社に対する規制も追従するといわれている。多くの変動量をリスクとして管理する必要があるため、保険の想定シナリオパターンに応じて必要な計算が大きく増減する。欧米では、既にこのような計算にクラウドを活用している事例もある。

※5 金融HPCラボとは
金融HPCラボは、2009年にCTC、日本マイクロソフト、日本ヒューレット・パッカード、インテルの協力の元、マイクロソフト イノベーションセンター内に設立。設立以降、6社のお客様に対し18件の検証を実施し、Windows HPC Sever 採用促進に貢献しています。

本件に関するお問い合わせ先

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
広報部

TEL:03-6203-4100
FAX:03-5512-3013
E-Mail:press@ctc-g.co.jp

現在掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

トップに戻る