JapanEnglish

ニュース

プレスリリース

CTCと日本IBM、ITインフラ分野で協業を強化

国内で初めての包括的な販売および保守サービスの提供を開始

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

日本アイ・ビー・エム株式会社

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:奥田陽一、略称:CTC)と日本IBM(本社:東京都中央区、社長:橋本孝之、NYSE:IBM)は、この度、製品販売および保守サポートに関する新たな契約を結び、ITインフラ分野における包括的な協業を強化します。

それに伴い、CTCは本日から、IBMのUNIXサーバ「IBM® Power Systems」およびデータベース管理ソフトウェア「IBM DB2」の販売を強化するとともに、CTCが販売するPower SystemsおよびDB2に対し、オンサイト障害対応、障害調査、切り分け再現検証といったワンストップの包括的保守サービスを提供します。Power SystemsおよびDB2において、このような販売・保守体制を整えたのは、システム・インテグレーターとしては、CTCが国内初です。日本IBMは、CTCの販売活動およびCTCによる保守サービスを多面的に支援します。CTCは、両社の新規顧客をターゲットとし、今後3年間で50億円の売上を目指します。
CTCでは、ハードウェア、OSおよびミドルウェアを最適な組み合わせで提供し、お客様のマルチプラットフォーム、マルチベンダー環境でのITインフラ構築を支援することを強みとしています。多様化するお客様のご要望に対応していくため、UNIXサーバでシェア1位(*1)のAIXを搭載した「IBM Power Systems」と、PCサーバからUNIXサーバまでマルチプラットフォームに対応し、高信頼かつ拡張性の高い「IBM DB2」を保守サービスも含めて取り扱うことになりました。

また、本日からCTCでは、ランニングコストの削減を必要とし、他社DBからの移行を検討されるお客様に、移行アセスメントからシステム構築、保守・運用までトータルでサポートする「DB2移行アセスメントサービス」の提供を開始します。他DBからDB2への移行にあたって注意すべき事項をレポートにまとめてご提供するほか、その結果に基づいて最適な移行手法についてご提案を実施します。また、従来から提供しているマルチベンダー製品によるデータベースソリューションに加えて、IBMサーバ上で他社OS、ミドルウェア等を組み合わせて提供開始します。

日本IBMは、CTC向けの専任営業部門を拡充し、技術面や営業面におけるサポート、および、共同マーケティングを実施することで、CTCの販売活動および包括的保守サポート提供を支援します。 CTCはDBシステム等ミッションクリティカルシステムへのUNIXサーバ回帰の 市場に対し、新たにPowerおよびDB2(pureScale含む)を加えインフラビジネスを強化します。
(*1) 出典:IDC Japan, 2012年3月「Q4 2011 IDC Japan, Japan Server Quarterly Model Analysis」2011年、日本で出荷されたUNIX OS搭載サーバーの出荷金額シェア

本件に関するお問い合わせ先

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
広報部

TEL:03-6203-4100
FAX:03-5512-3013
E-Mail:press@ctc-g.co.jp

現在掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

トップに戻る