JapanEnglish

ニュース

プレスリリース

CTC、「deviceWISE」でM2M事業に参入

システムの構築からデータ管理サービスまでM2Mソリューションをトータルで提供開始

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(代表取締役社長:菊地 哲、本社:東京都千代田区、略称:CTC)は、北米を中心にM2M(マシン・ツー・マシン)ソリューションを展開するILS Technology LLC.(CEO:Fred Yentz、本社:アメリカ フロリダ州、以下ILST社)のM2Mプラットフォーム基盤技術と、CTCのシステム構築、運用ノウハウを組み合わせたM2Mソリューションプラットフォーム「deviceWISE™」を7月18日より販売します。各業種に販売を行ないますが、工場の産業用装置の遠隔監視を行なっている企業や、センサーネットワークによるモニタリングシステムを使用している企業を中心に営業展開し、売上目標は、関連ビジネスを含めて今後3年間で50億円です。
昨今、大容量データ通信やクラウドサービスが普及する中で、建物のエネルギー使用量の「見える化」や、機器の稼働状況の遠隔モニタリング等のために、センサ端末や機器をネットワークに接続して双方向通信を行えるようにすることで、データ収集や機器の監視・制御を行うM2M技術への期待が高まっています。

従来は、センサ端末からのデータ収集や、収集したデータの分析・加工、機器の制御を行うために、各用途に応じた専用システムを独自に開発するケースが一般的でした。そのため、専門の知見を持つ企業や開発投資ができる企業でないとM2Mシステムを構築することは難しい状況です。

「deviseWISE™」は、こうした課題を解決して様々な業種・業態で共通利用をするため、M2Mシステムに必要な基本機能を備えたM2Mプラットフォームです。プラットフォームには、M2Mに必要となる収集・制御または蓄積といった基本機能が備わっていて、クラウドサービスで提供します。M2Mシステムの導入に際して、開発工程を減らし、短期間かつ低コストでの構築が可能となります。
deviseWISEの全体フロー図
CTCでは、センサ設置拠点に置くデータ収集用プラットフォームのアセット・ゲートウェイと、データ利用拠点に置き既存の対応済みデータベースやアプリケーションシステムとの接続用プラットフォームであるエンタプライズ・ゲートウェイに併せ、リモートで管理と設定変更が可能なクラウドサービスを提供します。将来的には、M2M通信ネットワークにおけるデータセキュリティの機能強化や、同システムの監視機能の向上等、M2Mトータルソリューションの拡充を目指します。また、デモトライアルの提供も行います。

両社が提供するM2Mソリューションプラットフォームの主な特徴

  1. センサやデバイスのデータを収集
    各種通信プロトコルに対応したデータ収集機能(アセット・ゲートウェイ)をご提供します。対応済みのセンサやデバイスであれば、個別プログラムを開発することなく、データを収集できます。
  2. 既存のデータベースやアプリケーションとの容易な連携
    企業で利用されているデータベースやアプリケーションに対し、データを受け渡せるデータ変換機能(エンタープライズ・ゲートウェイ)をご提供します。対応済みのデータベースやアプリケーションシステムであれば、個別プログラム開発することなく、データを受け渡せます。

ILS Technology LLCについて

ILST社は、既に全世界で250社を超える企業のM2Mシステムにプラットフォームを提供しており、製造メーカの生産管理システムや設備の遠隔モニタリング等、業界で最も包括的なM2M構築プラットフォームを確立しています。産業用オートメーションシステムを製品展開する国内外のメーカへの導入実績も豊富にあります。
http://www.ilstechnology.com/

本件に関するお問い合わせ先

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
広報部

TEL:03-6203-4100
FAX:03-5512-3013
E-Mail:press@ctc-g.co.jp

現在掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

トップに戻る