JapanEnglish

ニュース

プレスリリース

CTC、Webシングルサインオンソリューション「Fast SSO」を販売開始

3,000ユーザ以下の企業向けに、短期間・低コストで環境提供

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(代表取締役社長:菊地 哲、本社:東京都千代田区、略称:CTC)は、ネットワーク上の情報を一元管理できるマイクロソフト社のActive Directoryをユーザ認証基盤として利用しているお客様を対象に、最短2週間でシングルサインオン*1 環境を構築できるWeb シングルサインオンソリューション「Fast SSO」の販売を本日から開始します。売上目標は、3年間で5億円です。
多くの企業が内部統制、コンプライアンス強化に向けた統合認証・アクセス管理基盤の導入を進めています。しかし、エンドユーザを複数のID/パスワードの管理から解放するシングルサインオンの導入を検討する企業にとって、導入に伴う高価なライセンスや、複雑なシステム設計は、それを妨げる大きな要因となっています。

Fast SSOは、ネットワーク上のユーザ認証などを行うActive Directoryを利用して既存システムをシングルサインオン化するソリューションです。対象ユーザ数を3,000ユーザ*2 、対象システムを企業のイントラネット環境に限定することで、従来よりも短期間、低コストでのシングルサインオン環境の導入を可能にしました。
設計・構築作業を事前に定義、標準化しており、標準化された構築サービスを利用することで、最短2週間での構築が可能です。また、機能を限定することでライセンス費用も従来の4分の1に抑え、定価180万円から購入することができます。CTCは、製品、構築サービス、保守サービスをオールインワンで提供します。今後はFast SSOのチャネル経由での販売にも注力し、新たな顧客層の開拓にも取り組んでいきます。

Fast SSOの主な機能

主な機能 機能詳細
SSO機能 統合Windows認証を利用したシングルサインオン機能
情報継承機能 シングルサインオン対象Webシステムに対して、認証済ユーザの任意のActive Directory内属性を引き渡す機能
オリジナルURL機能 Fast SSO導入後も、シングルサインオン対象システムのオリジナルURLを引き継ぐ機能
コンテンツ変換機能 バックエンドWebサーバから受信したコンテンツに含まれる文字列を、指定した文字列に変換する機能
セキュリティ対策機能 シングルサインオン対象システムに対するクロスサイトスクリプティングやバッファオーバフロー攻撃を防ぐ機能
アクセスログ Fast SSO経由したシングルサインオン対象システムへのアクセスを全てログとして出力する機能
*1 シングルサインオン(SSO):一度のユーザ認証で、異なるシステムやアプリケーションへのアクセスを可能にする仕組み。通常、ユーザは異なるシステムやアプリケーション毎に複数のIDとパスワードを管理しなければならないが、シングルサインオンを導入することで、これらの管理を簡素化し、セキュリティを高めることができる。
*2 オプションにより5,000ユーザまで拡張が可能。

本件に関するお問い合わせ先

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
広報部

TEL:03-6203-4100
FAX:03-5512-3013
E-Mail:press@ctc-g.co.jp

現在掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

トップに戻る