JapanEnglish

ニュース

プレスリリース

CTCSP、米国DataDirect Networks社のストレージ製品の販売を開始

ビッグデータの活用を支える大容量ストレージを提供

シーティーシー・エスピー株式会社

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(略称:CTC)のグループ会社で、IT関連機器やソフトウェアの販売を行うシーティーシー・エスピー株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:熊崎 伸二、略称:CTCSP)は、DataDirect Networks, Inc.(本社:米国カリフォルニア州チャッツワース、以下:DDN)と販売代理店契約を締結し、大容量ストレージ製品の販売を今日から開始します。あわせて、DDNが開発する大規模ストレージ製品の日本国内における構築、保守サービスを提供します。
製造業や放送事業者、データセンター事業者など、主に100テラバイトから数ペタバイトを超える大容量のデータを扱うお客様を中心に、目的に合わせた最適なファイルシステムやバックアップ、アーカイブソフトウェアなどを組み合わせて販売します。初年度で約5億円の売上を目標とします。
企業が保有する膨大なデータを蓄積・分析し、お客様サービスの開発や業務効率向上などに役立てるビッグデータへの注目が高まっています。ビッグデータにおけるデータ分析は、大容量のデータを高速で処理することが必要です。小規模なストレージ製品は、ビッグデータ分析の用途での利用を前提として設計されていないため、大きなデータを大量に処理する用途では十分なパフォーマンスを発揮することが難しく、システム面での課題となっていました。
DDN製ストレージは、大容量のデータ分析を高速で処理することが可能な製品です。最新機種SFA12Kは、性能面では、単一システムで最高40GB/秒の高スループット*1 性能と、170万IOPS*2 を同時に実現します。ストレージへのアクセスは、通常データベースサーバの場合、細かなブロックをバラバラに読み書きするランダムアクセスとなりますが、DDN製ストレージはスループットとIOPS性能が高いため、様々なデータ処理が混在する計算環境を提供できます。2本のラックスペースで最大6.72ペタバイトのストレージを収容することができ、1筐体(4U)に84本のディスクドライブを搭載できる高い実装密度のため、限られたラックスペースを有効活用し、大容量のストレージ環境を実現できます。
また、コスト面では、約100テラバイトを超える大きなストレージ容量になる程、他の製品と比べて容量単価が安くなります。

CTCSPは、今回の販売代理店契約締結によって、DDN製品の販売・導入・保守サービスまでをワンストップで提供する体制を構築しました。DDN製品の販売を通して、お客様のビッグデータビジネスを支援していきます。

また、今月末に開催される「ビッグデータ&データマネージメント展」に出展して、DDNの最新オブジェクトストレージWeb Object Scaler (WOS) *3 のデモンストレーションを行います。

関連イベント

名称 ビッグデータ&データマネージメント展
会期 2012年10月24日(水)~26日(金)
会場 幕張メッセ
URL http://www.data-m.jp/

DataDirect Networks, Inc.について

DataDirect Networks, Inc. (DDN) は、最新のストレージテクノロジーにて、スケーラブルストレージ市場を牽引するリーディングカンパニーです。競合他社の追従を許さないスケーラビリティと性能を誇るDDNの新世代スケーラブルストレージシステムは、 世界中で高い評価を獲得し、世界有数のオンラインコンテンツ、ソーシャル・ネットワーキング・プロバイダー、高性能クラウドやグリッドコンピューティング、ライフサイエンス、メディアプロダクション、セキュリティ・インテリジェンス企業などに数多く採用されています。
http://www.ddn.com

シーティーシー・エスピー株式会社について

1990年4月に設立されたCTCSPは、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社のグループ会社です。世界各国の企業とのパートナシップにもとづき、企業ネットワークおよびインターネットシステムに必要不可欠な製品およびソリューションを日本国内に紹介しています。
http://www.ctc-g.co.jp/~ctcsp/
*1 スループット:
単位時間当たりに処理できる能力のこと。1秒間に転送できるデータ量を示す「MB/s」(Mega Byte Per Second)と、1秒間に処理できるI/O要求数を示す「IOPS」(Input Output Per Second)という2つの指標がある。
*2 IOPS:
1秒間に処理できるI/O要求数を数値化したもの。この値が高ければ高いほど、細かいブロックをバラバラに読み書きするランダムアクセス性能が高いことになる。
*3 Web Object Scaler (WOS):
クラウドストレージ環境を簡単に構築することができるオブジェクト・ストレージシステム。地理的に分散した数十ペタバイトのストレージや数千億ものオブジェクトを単一ネームスペースで容易に管理することが可能です。

本件に関するお問い合わせ先

シーティーシー・エスピー株式会社
事業本部 プロダクト推進部

TEL:03-5712-8070
E-Mail:sp-admin@ctc-g.co.jp

現在掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

トップに戻る