JapanEnglish

ニュース

プレスリリース

CTC、ビッグデータ検証環境を拡充

「Oracle Exalytics」を導入し、高速なビジネスインテリジェンス分析環境を実現

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(代表取締役社長:菊地 哲、本社:東京都千代田区、略称:CTC)は、総合検証センター「テクニカルソリューションセンター(TSC)」(東京都千代田区)内に開設している「Big Data Processing Lab(ビックデータ・プロセッシング・ラボ)」(以下、BPL)に、新たな検証環境として、オラクルの高速分析専用マシン「Oracle Exalytics In-Memory Machine」*1 を導入しました。検証基盤を拡充し、従来の10倍以上の高速ビジネスインテリジェンス(BI)分析を提供します。 なお、今回の導入に伴い「Oracle Exalytics In-Memory Machine」の運用サービスを本日より開始します。窓口を一元化し、約10名のデータベースの専任チームがお客様の環境や要件に合わせた運用保守サービスを提供します。
昨今のビッグデータビジネスの高まりを受け、CTCは、お客様のニーズに応じたビッグデータの検証作業を行うため、今年2月にBPLを開設しました。BPLは常設環境の他、スケールアウト検証を行うために50台以上のサーバを設置し、オラクル社製品をはじめとしたDWH(Data WareHouse)の機器と連携して、様々な製品で検証できる環境です。BPLは、開設から約半年で十数件の検証を行っており、ビッグデータ活用に向けて金融、製造、製薬、住宅など幅広い業種のお客様がOracle ExadataやHadoopの事前検証を中心に利用しています。
今回BPLに追加導入したOracle Exalytics In-Memory Machineは、BIに最適な高速分析が可能なオラクルのエンジニアド・システムズ*2 です。サーバ、ミドルウェアなどTSC常駐のエンジニアなど約20名の専任エンジニアがお客様を支援し、導入前検証を実施します。また、高速DB基盤である「Oracle Exadata」と接続した検証が可能となることで、より高速なデータ処理を行うことができ、分析力が向上します。既にBPLに導入済みの「Oracle Exadata」、「Oracle Database Appliance」、「Sun ZFS Storage Appliance」と合わせ、ビッグデータに関する導入前検証の充実をはかり、お客様のニーズに幅広く応じることができる検証環境を提供します。

CTCでは、今後もビッグデータ活用について、様々な領域を視野に入れ、プロダクトの選定および、ラボ環境の整備を行っていきます。また、多様なデータを収集・分析し、企業経営や業務改善に有益な示唆を導き出すデータサイエンティストの育成を順次進めています。

Oracle Exalytics運用サービス(System Management Service for Oracle)

サービスメニュー Oracle Exalytics運用サービス
価格 月額30万円から
サービス内容 リモート環境からOracle Exalytics及び周辺機器の構成情報管理、インシデント管理を行い、障害発生時にリモートから障害の調査、切り分けを実施します。また、オプションで遠隔型運用施設であるリモートオペレーションセンターからリモート監視を実施します。
今回の発表にあたり、日本オラクル株式会社から以下のコメントをいただいております。

日本オラクル株式会社は、このたびの伊藤忠テクノソリューションズによる「Oracle Exalytics In-Memory Machine」検証環境の拡充と運用サービス 開始に関する発表を歓迎します。同社は「Oracle Exadata」の提案・構築を2008年より開始しており、多くのお客様から高い信頼を獲得されています。
ビッグデータの活用が推進されるなか、膨大なデータを収集して分析するスピードだけでなく、その処理結果を人間の思考速度で円滑に可視化できる ダッシュボード表示のパフォーマンスへの要求も高まっています。伊藤忠テクノソリューションズでは、今後モバイルを活用した検証なども視野に いれています。このたびの「Oracle Exalytics」への対応強化は、日本市場におけるビッグデータの有効活用を推進するものと期待しており、日本オラクルでも積極的に支援してまいります。
日本オラクル株式会社
専務執行役員 製品事業統括
三澤 智光

関連セミナー

名称 Oracle Days Tokyo 2012
開催日時 2012年10月30日(火) 14:00~14:45 (CTC講演)
講演内容 Oracle Exalyticsの徹底活用による分析力の向上
―データウエアハウスからダッシュボードまであらゆる情報ニーズを網羅する分析環境の構築のポイント
URL https://oj-events.jp/public/application/add/31?ss_ad_code
*1 Oracle Exalytics In‐Memory Machine
インメモリー型のソフトウェアとハードウェアが一体化され、かつ先進的な可視化機能をもつ最適化されたBIプラットフォームを搭載した初のエンジニアド・システムズです。他社製 RDBMSやその他のデータソースと任意の組み合わせでデータにアクセスし、分析することもできる為、ヘテロジニアス(異種混在)のIT環境に適しています。
分析情報の統合コスト、時間、労力や継続的なメンテナンスを最小限に抑えるため、既に広く利用されている「Oracle BI」およびオラクルが設計・製造、サポートするハードウェア向けに設定されたインメモリー・データベース・ソフトウェアを搭載する単一システムとして設計されています。
*2 エンジニアド・システムズ
ハードウェアとソフトウェアを一体化し、最適に稼働するために事前に必要な設定を施して最適な状態で顧客に提供する形態を指します。Oracle Exadata、Oracle Exalogic、Oracle Exalytics、Oracle DatabaseAppliance、Oracle SPARC SuperCluster, Oracle Big Data Applianceが該当製品。

BPLはビッグデータ時代に対応した高速大容量検証ラボです。詳しい情報は以下 のWebサイトをご参照ください。 http://www.ctc-g.co.jp/solutions/tsc/Solution/bpl_01.html
OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。

本件に関するお問い合わせ先

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
広報部

TEL:03-6203-4100
FAX:03-5512-3013
E-Mail:press@ctc-g.co.jp

現在掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

トップに戻る