JapanEnglish

ニュース

プレスリリース

CTC、アマゾン ウェブ サービス上のトータルなシステム構築・運用サービスを開始

グローバル対応や大規模インフラ構築向けに「cloudage CUVIC on AWS」として提供

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(略称:CTC、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:菊地 哲)は、アマゾン ウェブ サービス(以下AWS)が提供する先進性と拡張性の高いクラウドプラットフォームを利用した、クラウド環境の構築・運用サービス「cloudage CUVIC on AWS」の提供を、11月から開始します。今後3年間で2億円の売上を目指します。
ITシステムにおいてクラウドの利用が普及する中、クラウド上で高機能なシステムを構築する企業が増加しており、クラウド環境に対するニーズも多様化しています。
CTCは、2008年から、サーバ、ネットワーク、ストレージなどのITインフラを月額課金で利用できるクラウドサービスTechnoCUVICシリーズの提供を開始しており、ミドルウェアまでの構築・運用を行うSEプロフェッショナルサービスであるTechnoCUVIC Proや、災害復旧(DR: Disaster Recovery)対応のTechnoCUVIC DRサービス等、順次、機能を拡張してきました。
今回提供を開始するcloudage CUVIC on AWSは、日本および海外でお客様が使用するAWS向けに大規模なHPC※1環境を構築することができます。また、Amazon Simple Storage Serviceを利用して、分析に使用する大量のログデータやバックアップデータ等も、データ量に合わせて柔軟に保管することができます。
cloudage CUVIC on AWSは、CTCのグループ会社で、ITシステムの運用サービスを提供するシーティーシー・システムオペレーションズ株式会社との共同で提供します。
CTCは、今後、AWSを活用したSaaS型のクラウドサービスの提供も視野に、cloudage CUVIC on AWSとCTCの提供する様々なクラウドサービスとの連携を拡充していきます。
<cloudage CUVIC on AWSの概要>
  1. インテグレーションサービス
    AWSのクラウド環境の利用に関する企画・立案から、システム設計、サービス設計、構築・運用を含めたインテグレーションサービスを提供。企業が既存で保有しているシステムやCTCの他のクラウドサービスとの連携にも対応。
  2. オペレーション・サポートサービス
    AWSのクラウド環境における、サーバやストレージ等の各種ログ上での稼働状況を監視したり、設定変更やバックアップなどのシステムオペレーションを行うサービス。お客様のサポートのため、技術的なQ&Aも提供。
  3. AWS利用料金の支払い代行
    AWSのクラウドサービスを利用する企業の支払いを代行。円建ての支払い処理が可能。
※1 HPCとは
High Performance Computingの略。物理シミュレーションや複雑な金融商品の価値の計算など、高速な演算処理が必要なシステムに用いられるコンピュータ技術の総称。近年では、ブレードサーバーやPCサーバを複数接続して大規模な並列計算処理を行なうことで高速演算を実現するグリッド・コンピューティングという手法が広く使われている。

シーティーシー・システムオペレーションズ株式会社(略称CTCSO)について

マルチベンダー環境のオープン系システムインフラの運用を強みに持ち、安全で安心なシステム運用サービスを提供するCTCのグループ会社。常駐型の運用管理業務から、リモート対応、ヘルプデスクやシステム監視、トラブル対応まで、企業の要望に合わせた柔軟なサービスを提供。2008年7月設立。
関連リンク: http://www.ctcso.co.jp/
※ アマゾン ウェブ サービス、Amazon EC2、AmazonおよびAmazon Web Servicesロゴは、Amazon.com,Inc.またはその関連会社の商標です。

本件に関するお問い合わせ先

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
広報部

TEL:03-6203-4100
FAX:03-5512-3013
E-Mail:press@ctc-g.co.jp

現在掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

トップに戻る