JapanEnglish

ニュース

プレスリリース

CTC、デスクトップ仮想化ソリューション「VM Pool for VDI」を提供開始

検証済みの機器構成の利用で、導入期間を半分に削減

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(代表取締役社長:菊地 哲、本社:東京都千代田区、略称:CTC)は、デスクトップ仮想化ソリューション「VM Pool for Virtual Desktop Integration」(以下:VM Pool for VDI)の提供を本日から開始します。様々なベンダーのサーバ、ストレージ、仮想ミドルウェアを組み合わせ、あらかじめ最適なシステムとして検証したCTC独自のプライベートクラウドソリューション「VM Pool(ヴイエム・プール)」をベースに、仮想デスクトップのテンプレートを組み合わせ、セキュアなアクセス環境で、場所と時間を選ばないデスクトップ仮想化を実現します。
短期間でのデスクトップ仮想化導入を検討している金融や製造業のお客様を中心に営業活動を展開します。ハードウェアやソフトウェア、システム構築などを含め、3年間で80億円の売上を目指します。
東日本大震災以降、多くの企業が事業継続性、災害対策の点からデスクトップ仮想化の検討・導入を進めています。また、企業のグローバル化や社員のワークスタイル変革が進み、「Mobile Work Style」、「BYOD(Bring Your Own Device)」の採用も始まっています。しかし、仮想デスクトップの導入は、様々なハードウェアやソフトウェアを組み合わせて構築するため、ユーザーが自社で設計、構築を行うのは難しいのが現状です。

VM Pool for VDIは、CTC独自のプライベートクラウドソリューションであるVM Poolを仮想インフラとして利用するため、システム設計と構築を簡素化でき、標準テンプレートを使用することでドキュメント作成期間を最大で従来の2分の1に短縮します。また、仮想デスクトップを実現するヴイエムウェア社のVMware Viewやシトリックス社のCitrix XenDesktopに関しても、過去の導入事や検証結果から得たノウハウを集約した標準テンプレートを用意し、導入プロセスの簡略化を図ります。

今後は、システム導入前のアセスメントサービスなど仮想デスクトップ環境の実現をサポートする各種サービスの拡充をはかる予定です。CTCは、VM Pool for VDIの提供を通して、お客様のワークスタイル変革を支援し、プライベートクラウドビジネスの一層の強化を図ります。
関連して、以下のイベントでVM Pool for VDIに関する講演を行います。

vForum 2012

タイトル 超解説!仮想デスクトップ導入検討ポイント「いろは」
開催日時 2012年11月7日(水) 15:30~16:15 (CTC講演)
会場 ザ・プリンスパークタワー東京
URL http://vforum.jp/sess/details/euc/900092/index.html?src=

CTCクラウドDay 2012

タイトル 4つのサービスと5つのソリューションで仮想デスクトップ導入を成功に導く「VM Pool for VDI」
開催日時 2012年11月15日(水) 16:10~16:55
会場 セルリアンタワー東急ホテル
URL http://www.event-info.com/cloudday2012/program.php
今回の発表にあたり、ベンダー各社からコメントを頂いております(五十音順)。

ヴイエムウェア株式会社は伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(以下:CTC)の「VM Pool for VDI」の発表を心より歓迎いたします。
VMware vSphere をその基盤に採用いただいたCTCの「VM Pool」は既に数多くのお客様に導入されています。 その基盤上の新ソリューションとして、弊社の仮想デスクトップ製品 VMware View を、弊社の最上位レベルのSolution Provider PremierパートナーであるCTCの高い技術力により事前検証及び統合された仮想デスクトップソリューション「VM Pool for VDI」として提供いただくことにより、お客様は場所やデバイスを選ばないユーザー主体の仮想デスクトップソリューションの導入をより迅速にかつ安心して実現できるものと確信します。
ヴイエムウェア株式会社
代表取締役社長
三木 泰雄

市場シェアトップを誇るCitrix XenDesktopを組み込んだ、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社の「VM Pool for Virtual Desktop Integration」によって、事業継続性や災害対策が可能となる仮想デスクトップ環境の迅速かつ容易な導入が可能になります。
今後も伊藤忠テクノソリューションズとのパートナーシップのもと、より多くのお客様へ、付加価値に優れた仮想デスクトップ基盤ソリューションを提供してまいります。
シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社
代表取締役社長
マイケル キング

VM Poolシリーズについて

標準基本設計に基づいた検証済みの状態でソフトウェア及びハードウェアを提供、並びに各種テンプレートの利用で短期間でのシステム導入を実現しています。VM Poolは、2007年12月より販売を開始し200社を超える豊富な導入実績があります。また、関連サービスとして、プライベートクラウド実現の構想立案を行うコンサルティングサービス「SOIDEAL」や複雑なプライベートクラウド環境における運用課題を解決する「リモート運用サービスRePlavail」等があります。

VMWare Viewについて

クラウドに適したプラットフォームであるVMware vSphereに最適化された仮想デスクトップソリューションです。デスクトップ管理者はvSphereにより構築された仮想化/クラウドサービスの一部としてデスクトップサービスを提供し、OSやアプリケーションおよびユーザーデータを一元的に管理することで、管理性やセキィリティの向上とコスト削減が実現可能です。また、ユーザーは従来型の物理PCに縛られること無く、外出先でタブレット端末やスマートフォンからユーザー自身のデスクトップに安全にアクセスすることで、ビジネスの俊敏性や生産性の向上、ワークスタイルの変革を実現することが可能です。

Citrix XenDesktopについて

Windowsデスクトップを、どこからでもアクセスできるオンデマンドサービスへと変革するデスクトップ仮想化ソリューションです。PC、Mac、タブレット、スマートフォン、ノートPC、シンクライアントなど、どんな端末を使っていても、Windows、WebおよびSaaSアプリケーション、または完全な仮想デスクトップを提供します。
また、Citrix HDXテクノロジーにより、パフォーマンスと帯域幅のバランスを取ることで、ネットワークとパフォーマンスを最適化し、低帯域で遅延が大きいWAN接続経由であっても、スケーラビリティと実用性を兼ね備えたデスクトップ仮想化を実現できます。

本件に関するお問い合わせ先

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
広報部

TEL:03-6203-4100
FAX:03-5512-3013
E-Mail:press@ctc-g.co.jp

現在掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

トップに戻る