JapanEnglish

ニュース

プレスリリース

ビッグデータ活用を支援するサービス「CTC BD-Navi」を提供開始

サービスを体系化し、ビッグデータビジネスを加速

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(代表取締役社長:菊地 哲、本社:東京都千代田区、略称:CTC)は、ビッグデータ活用を支援するサービスを、「CTC BD-Navi(ビッグデータ・ナビゲーション・サービス」として体系化し、新たに2つのサービスの提供を本日より開始します。
自社データの活用状況を把握したい、データ活用におけるロードマップを作成したいというお客様向けに「Analysis Quick Scan(情報活用アセスメントサービス)」を、また、特定の業務目的のためにデータ分析の効果検証をしたいお客様向けに「ビッグデータトライアル分析サービス」を開始します。今後3年間で合計30件の受注を目指します。
昨今、ビッグデータを活用した競争力強化への取り組みが注目されています。一方で、データ活用・分析を始めるにあたり、社内のデータ活用状況の把握をしたい、何から着手すべきかがわからない、データ活用を行いたいが投資額は抑えたいなどの声もあります。本サービスでは、CTCのデータ分析やIT基盤構築のノウハウを活用し、お客様のデータ分析のニーズや取組段階に応じたサービスを提供します。

今回、新たに開始するビッグデータ活用支援サービスは以下の2つです。

1.Analysis Quick Scan(情報活用アセスメントサービス)

データを活用した意思決定・業務遂行を行う上で、自社の現状を把握したい、課題を業務及びシステム、双方の視点から確認したいといったニーズにお応えするアセスメントサービスです。自社内の情報にはどのようなものがあるのか、実際に有効活用されているのかをアセスメントします。データ活用のあるべき姿や他社事例をもとに、データ分析・活用状況の可視化・課題抽出を行います。約4週間でお客様のデータ活用状況を可視化し、アセスメント結果報告書を作成、提供価格は100万円(税抜き)からです。

2.ビッグデータトライアル分析サービス

プロモーション効果の最大化や人員リソースの最適化といった具体的なテーマに基づき、データ分析の仮説検証をしたいお客様向けのサービスです。お客様からお預かりするデータを用いた分析から、効果測定までを行い、データ分析の結果がお客様業務の施策に対してどの程度効果があるかを検証することが可能です。トライアルのため最短6週間という短期間で効果測定を行うことができ、結果をレポートとして報告します。CTCと協業実績があり、データ分析に強みを持つ株式会社アイズファクトリー、株式会社データフォーシーズ、マイボイスコム株式会社の支援を得て、以下の4つのメニューを提供します。提供価格は300万円(税抜き)からです。

ビッグデータトライアル分析サービス 提供メニュー

名称 概要
DM・メール配信最適化 既存の顧客リストを活用し、履歴や購買実績から反応率と購入率が高い顧客を抽出。DM・メールによる広告効果を高める支援を行います。
需要予測支援 既存データと統計的分析を活用することで、需要予測の精度を上げ、在庫を削減するポテンシャルを提示します。
Web広告施策支援 Webサイト訪問者の流入パターンを分析し、広告効果を把握。最適広告パターンを導き出します。
営業・保守要員リソース最適化 過去の取引履歴・稼働実績から、効果が高い顧客を抽出。最も効率の良い人員の稼働を可能にします。

CTCでは、ビッグデータに関するノウハウを集約し、「CTC BD-Navi」としてサービスを体系化しました。データ分析・活用のコンサルティングからシステム基盤の導入支援まで、今回開始する2つのサービスを含めて全部で8つのサービスを提供します。
今後もCTCでは、ビッグデータ活用の取り組みに対して課題を抱えるお客様に、ビッグデータ分析・活用を構想から実装までをナビゲーションするためビッグデータに関するサービスを強化し、お客様のビッグデータビジネスを支援します。

「CTC BD-Navi」(ビッグデータ・ナビゲーション・サービス) サービス体系とサービス一覧

CTC BD-Navi(ビッグデータ・ナビゲーション・サービス) サービス体系
サービス名称 内容 提供状況
1 Analysis Quick Scan
(情報活用アセスメント
サービス)
データを活用した意思決定・業務遂行を実現したいお客様に対し、システム・データとビジネス・業務の側面から現状課題の可視化、改善策を提示します。 今回新たに
提供開始
2 ビッグデータトライアル
分析サービス
お客様のデータをお預かりし、データ分析を行います。データ分析の仮説検証をしたいお客様向けのサービスです。
3 データ分析アドバイザリー
サービス
既存のデータ分析手法に課題を感じているお客様に対し、分析専門家によるアドバイスを実施し、データ分析業務の改善を支援します。 既存サービス
(個別相談・
個別提供)
4 システム基盤アセスメント
サービス
分析ツールやデータ処理基盤といった、ITシステム側の課題をお持ちのお客様向けに、課題抽出と解決策検討を行います。
5 データ分析アウトソーシング
サービス
高度なデータ分析業務を専門家が継続的に引受けるサービスです。
6 分析プロセス定着化
支援サービス
分析手法のナレッジトランスファーや分析ツールの操作方法のトレーニングなどを通じて、お客様業務へのデータ分析プロセス確立を支援します。 既存サービス
7 製品選定・POC支援
サービス
データ分析に利用する製品の比較・選定を支援するサービスです。弊社の検証施設Big Data Processing Lab等を使って、複数の商用製品の比較検討、性能確認をするためのPOC(実証実験)も実施します。
8 システム基盤導入支援
サービス
データ分析・活用に必要なITシステムの導入支援を提供します。
今回の発表にあたり、協力パートナー各社からコメントを頂いております。(会社名50音順)

株式会社アイズファクトリーは、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(以下:CTC)によるビッグデータ・ナビゲーション・サービス(以下:CTC BD-Navi)の提供開始を歓迎いたします。弊社は、データマイニング、テキストマイニングで様々な業界における難易度の高い解析サービスを提供している、理学博士を中心とした人材で構成される企業です。CTC BD-Naviのトライアル分析サービスの提供に際し、CTCとパートナーシップ及び弊社の高い専門性とbodais(http://bodais.jp/)を活用した支援を行います。
株式会社アイズファクトリー
代表取締役 大場智康 博士(理学)

株式会社データフォーシーズは、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(以下:CTC)のCTC BD-Naviの発表を歓迎いたします。弊社は、「データでビジネスを加速する」ことを使命としてクライアント企業を支援するデータ解析のスペシャリスト集団です。CRM、マーケティング系ソリューションに加え、製薬・金融などといった業種でも幅広い実績を持っています。弊社のデータ解析技術を活用し、CTC BD-Naviビッグデータトライアル分析サービスの提供を支援させていただきます。
株式会社データフォーシーズ
代表取締役 古本 孝

マイボイスコムは旧CRC総合研究所(現在の伊藤忠テクノソリューションズ)の社内ベンチャー制度で1999年に設立したネットリサーチ会社です。今回、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(以下:CTC)が「ビッグデータ・ナビゲーション・サービス」を始めることを歓迎します。当社は「最大6つの言葉の組合せ」でテキストデータを分りやすく分析する、従来とは全く異なるテキストマイニング技術(テキストボイス(Text-Voice)等も活用して、CTCとともに付加価値の高いデータ分析サービスを提供して参ります。
マイボイスコム株式会社
代表取締役 高井 和久

本件に関するお問い合わせ先

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
広報部

TEL:03-6203-4100
FAX:03-5512-3013
E-Mail:press@ctc-g.co.jp

現在掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

トップに戻る