JapanEnglish

ニュース

プレスリリース

CTCSP、国内で初めて米国アクティフィオ社のアプライアンス製品の販売を開始

コピーデータを統合管理し、TCOを最大90%削減

シーティーシー・エスピー株式会社

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(略称:CTC)のグループ会社で、IT関連機器やソフトウェアの販売を行うシーティーシー・エスピー株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:熊崎 伸二、略称:CTCSP)は、Actifio,Inc.(本社:米国米マサチューセッツ州ウォルサム、以下:アクティフィオ)と国内で初めて販売代理店契約を締結し、アクティフィオが開発したコピーデータ統合管理アプライアンス製品(製品名:アクティフィオ 100T シリーズ)の日本国内における販売・構築、保守サービスの提供を本日から開始します。
アクティフィオ 100T シリーズは、タイムワーナーケーブル社やボストン大学などに採用されているコピーデータの管理を1つの筐体に集約できるアプライアンス製品で、業務を停止することなくデータのバックアップやリストアができることを特長としています。TCOを従来型のストレージ製品と比較して最大90%削減でき、1台の仮想サーバ当たりのバックアップコストは数万円以下に抑えることも可能です。2013年度からの3年間で15億円の売上を目指します。
従来のITインフラは、ローカルバックアップ、スナップショット、災害対策、事業継続、レプリケーション、重複排除といった要求に応じて、個別の管理ツールや管理コンポーネントを組み合わせて運用しています。それぞれの管理ツールがお互いに関連することなく運用し続けるため、本番データから複製・生成されるコピーデータは、調査会社によると本番データの13倍から120倍にも及び、その管理コストは3倍から5倍にもなると言われています。そのため、コピーデータの増大によるストレージコストが課題となっています。

アクティフィオ 100T シリーズは、1台のアプライアンスで、コピーデータ管理をすべて仮想化して1つの管理体系に統合します。その結果、コピーデータ管理に関わるシステム領域は既存の本番データ環境から物理的に完全に切り離され、運用環境がシンプルになります。更に、これまで目的別に導入されていたバックアップ管理のソフトウェアやそれに付随するバックアップ用ストレージなどが不要となります。日々のデータ管理を簡素化し、ストレージにかけるコストを削減します。また、コピーデータの仮想イメージは、アクセス要求があれば、リストアすることなく、マウントするだけで即時に本番データとして利用できます。

アクティフィオ 100T シリーズによる全コピーデータ管理の仮想化統合技術は、低価格のプライベートクラウドサービス、パブリッククラウドサービスを実現します。インターネットサービスプロバイダであるBIGLOBEは、自社ホスティングインフラの統合バックアップ環境を改善するためアクティフィオ 100T シリーズを採用しました。バックアップ環境の刷新だけでなく、さらなるTCO削減、ストレージ投資低減、運用管理簡素化に向けて取り組んでいます。

アクティフィオ 100T シリーズ 写真

CTCSPは、今回の代理店契約締結によって、システム導入における基本デザイン、PoC評価、運用設計、インストール実装、技術支援サービスまでワンストップで提供します。構築期間はお客様の環境にもよりますが、最短で1週間程度での構築が可能です。アクティフィオ社も日本市場を重視しており、CTCSPでは、今後販売体制を強化します。アクティフィオ 100T シリーズの販売を通して、お客様のストレージコスト削減によるTCO削減を支援します。

Actifio,Inc.について

2009年に設立されたActifio,Inc.は、データ保護・高可用性ストレージシステムの開発および販売を手掛けています。本社は、米マサチューセッツ州ウォルサムに設けており、北米、欧州、韓国、オーストラリア、シンガポール、日本等にオフィスを構え、タイムワーナーケーブル社、サンガード社、IBM社、ボストン大学等、120社を超える世界各地のお客様に納入されています。
http://www.actifio.com

シーティーシー・エスピー株式会社について

1990年4月に設立されたCTCSPは、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社のグループ会社です。世界各国の企業とのパートナシップに基づき、企業内インフラのみならずクラウドインフラに必要不可欠な製品および独自ソリューションを国内のお客様にお届けします。
http://www.ctc-g.co.jp/~ctcsp/

本件に関するお問い合わせ先

シーティーシー・エスピー株式会社
事業本部 プロダクト推進部

TEL:03-5712-8070
E-Mail:sp-admin@ctc-g.co.jp

現在掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

トップに戻る