JapanEnglish

ニュース

プレスリリース

CTC、米国ビッグスイッチネットワークス社製品を利用したSDNソリューションを開始

次世代ネットワークシステムをワンストップで提供し、柔軟なITインフラを実現

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(代表取締役社長:菊地 哲、本社:東京都千代田区、略称:CTC)は、Big Switch Networks, Inc.(CEO:Guido Appenzeller、本社:米国カリフォルニア州、以下:BSN)と国内初の代理店契約を締結し、BSN製品を利用したソフトウェアでネットワークを制御する「ソフトウェア・デファインド・ネットワーク(SDN)」ソリューションを本日より開始します。BSN製品と負荷分散装置などの各種製品をマルチベンダー環境で組み合わせ、一括制御、一元管理可能な柔軟なネットワークシステムをワンストップで提供します。データセンター事業者や通信・ネットワーク事業者、プライベートクラウドを保有する企業、ビジネス状況に応じた柔軟なITインフラを求める大規模企業などに提供し、初年度10億円の売上を目指します。

背景

昨今、仮想化技術の進歩、クラウドコンピューティングの浸透などにより、企業がITインフラに求める要件は、システムリソースの統合・集約から、リソース稼働率の更なる向上や効率的な管理などを可能にする柔軟性へと変化しています。ネットワークシステムの多くは、専用機器で物理的に制御されており、拡張や縮小、通信状況に応じた構成や経路変更には、機器の追加や個別機器に対する手動の設定変更など多くの人的作業が発生していました。

SDN(Software Defined Networking)とは

SDNは、ネットワークの構成や経路をシステムが動的に変更し、ネットワークの自動化などを実現する、ソフトウェアで制御されるネットワーク概念の総称で、自由で柔軟なITインフラ構築に貢献します。

SDN推進のために設立された非営利団体Open Networking Foundation(ONF)では、SDNを実現する技術としてOpenFlowの標準化が進められています。

OpenFlowとは、ネットワークをコントロールする技術で、1台のネットワーク機器に組み込まれている制御と伝送機能を分離し、複数のネットワーク機器の各機能の集約を可能にします。一度の操作で複数機器のコントロールができ、一括一元管理による運用業務の効率化やネットワークレベルでのセキュリティ向上、データセンター間連携など物理的に離れた場所のシステム同士の連携も容易にできる技術として期待されています。

BSN製品は、ネットワーク設定で標準的に使われるインタフェースを搭載しており、OpenFlowの特別な知識を持たずに、システム設定や運用管理をすることができます。また、システムを構成する様々な製品と、マルチベンダー環境での連携を重視して開発されていることから、自由度の高いシステムを可能にする企業として注目されています。

CTCのSDNソリューション

CTCのSDNソリューションでは、BSNの各種製品とCTCが取扱い中のOpenFlow対応の負荷分散装置、通信帯域制御装置などを組み合わせ、ネットワークだけではなくITインフラ全体の構築から保守サポートまでをワンストップで提供します。

ネットワーク経路の設計や機器の個別設定削減により、導入までの期間は従来の約5割削減可能です。また、ネットワークの拡張や縮小、通信負荷状況に応じた最適経路設定などの運用業務においても、ネットワーク全体をソフトウェア操作で制御、一元管理でき、運用体制のスリム化が図れます。更に、プライベートクラウドを運用する企業やクラウドサービス提供事業者などのIaaS型やSaaS型のサービスと、OpenFlow同様にオープンソースで開発されているクラウド基盤ソフトウェアOpen Stack*1などとの連携で、より柔軟かつ効率的で、高セキュリティなITインフラの構築が可能です。

Big Switch Networksの製品について

製品 主な機能
Big Network Controller SDNのネットワーク・アプリケーション・プラットフォームとなるソフトウェア製品です。ネットワークを制御するOpenFlowコントローラとして動作し、マネージメント機能や冗長化機能を提供します。
Big Virtual Switch Big Network Controllerを制御し、ネットワーク仮想化を実現するアプリケーション。ネットワークリソースの有効活用や、1つのシステムを複数のユーザーでセキュアに利用するマルチテナント、コスト削減を実現します。
Big Tap 大規模システムでネットワークの可視性を提供し、セキュリティツールやパフォーマンスツール、ネットワークパケットブロッカーと連携して動作する、コスト効率の高い統合ネットワーク監視アプリケーションです。
CTCは、仮想化・統合化ビジネスにいち早く取り組み、クラウドビジネスを全社的に推進してきました。マルチ仮想データセンターの実証実験も開始しており、ソフトウェアによる制御で、柔軟かつ効率的な管理を実現するITインフラソリューションを、「Software Defined Infrastructure」というコンセプトのもと推進しています。

SDNソリューションの提供開始にあたり、CTCは自社が保有する総合検証センターでの技術検証、大量の通信トランザクションが発生する通信ネットワーク事業者と協業した実証実験を行いました。マルチベンダー環境での大規模インフラ構築実績、20年以上にわたる自社データセンター運用ノウハウを活かして、お客様のスムーズなシステム導入と、お客様のクラウド基盤やビジネス状況に応じた伸縮可能で柔軟なITインフラ構築を支援します。

Big Switch Networks製品を利用したSDNソリューションシステム構成例

Big Switch Networks製品を利用したSDNソリューションシステム
 
*1 OpenStack:オープンソースのクラウド基盤ソフトウェアで、プライベートクラウド基盤を低コストで実現する技術。OSSとして公開されています。CTCは、日本OpenStackユーザ会主催で3月12日に開催されるイベント「OpenStack Day Tokyo 2013」の実行委員・ゴールドスポンサーとして協賛し、出展と講演を行う予定です。
弊社イベント案内URL:http://spider.ctc-g.co.jp/web/fm/mkt/2012181g

本件に関するお問い合わせ先

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
広報部

TEL:03-6203-4100
FAX:03-5512-3013
E-Mail:press@ctc-g.co.jp

現在掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

トップに戻る