JapanEnglish

ニュース

プレスリリース

CTC、仮想データセンター環境を実現するソリューション「vDeps」を提供開始

Software Defined Infrastructureのコンセプトで仮想化ビジネスを強化

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(略称:CTC、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:菊地 哲)は、ソフトウェアを使用してサーバ、ストレージ、ネットワークなどのリソースを統合的に管理する仮想ITインフラソリューション「vDeps(ヴイデプス)」の販売を、本日から開始します。仮想環境を活用したクラウドサービスの提供を計画している企業や、既に提供済みのクラウドサービスについて効率化を検討している企業を中心に営業展開し、初年度3億円の売上を目指します。
昨今、仮想化技術を活用してストレージやネットワークなどの各種のクラウドサービスを提供する企業には、災害時の可用性や頻繁な設定変更に柔軟に対応できるITインフラが求められていますが、システムの多様化に伴い、システム管理業務や運用業務が煩雑化しています。

vDepsは、サーバ統合のための仮想化環境と各種リソースを管理するソフトウェアを、仮想的なデータセンター環境として一体化したITインフラソリューションです。VMware社のVMware® vCloud Director®※1を管理ソフトに採用しており、リソースの自動構成機能やモニタリング機能を活用することで、vDepsの導入企業は、高度なセキュリティを保ったまま、Webポータルを通した仮想マシンの準備やディスクイメージの管理等、あらかじめ定義されたSLAや性能要件に基づき、ユーザーが柔軟にITリソースを準備することが可能になります。

CTCは、プライベートクラウドとパブリッククラウドの相互運用を実現するVMware社の認定資格「VMware vCloud® Poweredサービスプロバイダ」を国内で初めて取得しており、VMware vCloud Directorを採用した自社開発のIaaSサービス「cloudage CUVIC OnDemand」や研究開発向けの独自の社内クラウドサービスを提供しています。これらのサービス提供におけるシステム設計や運用の経験に基づき、vDeps導入の際の既存ITインフラとの親和性を検証するデモンストレーション/アセスメントサービスや、管理者ガイド、ユーザーガイドを含めた各種マニュアルも用意しており、クイックスタートと効率的な運用を可能にします。

今後、研究開発部門のある製造業や、企業向けにITリソースを提供している情報サービス業者、通信事業者向けにvDepsを営業展開していきます。また、ネットワーク設定の自動化、クラウド間連携やデータセンター間連携も視野に、ソフトウェアによる効率的な管理を実現するITインフラソリューションを、Software Defined Infrastructureというコンセプトのもとで推進していきます。

vDepsシステム構成図

vDepsシステム構成図
 
今回の発表にあたり、ヴイエムウェア株式会社からコメントを頂いております。

ヴイエムウェア株式会社は、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社による仮想ITインフラソリューション「vDeps」の販売開始を心より歓迎いたします。
vDepsの掲げるビジョンは、弊社のSoftware-Defined Datacenterと合致し、VMware vCloud Directorを採用することで、全てのハードウェアのリソースを抽象化・プール化し、個別のアプリケーションに必要なリソースを安全かつ効率的に、そして自動的に割り当てることが可能になります。
VMware仮想化ソリューションの利用により、お客様のIT環境を改善し、ビジネスそのものの変革を推進して参ります。
ヴイエムウェア株式会社 副社長 中村共喜
※1 VMware vCloud Directorについて
VMware vCloud Directorは、ストレージ、ネットワーク等のリソースをプール化し、Webポータルから仮想マシンへのリソースの割り当てを容易にするソフトウェアです。

本件に関するお問い合わせ先

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
広報部

TEL:03-6203-4100
FAX:03-5512-3013
E-Mail:press@ctc-g.co.jp

現在掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

トップに戻る