JapanEnglish

ニュース

プレスリリース

CTC、リアルタイムで輸配送業務を支援するサプライチェーンネットワークコントローラーを提供開始

輸配送情報を公開し、出荷者、配送者、着荷主それぞれの利便性を向上

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(代表取締役社長:菊地 哲、本社:東京都千代田区、略称:CTC)は、自社で提供するクラウドサービスのグローバルロジスティクスソリューション*1に、リアルタイムでの訪問予約や貨物追跡を可能にする物流情報統合管理基盤「サプライチェーンネットワークコントローラー」の機能を7月1日より追加します。世界の小売大手で多数採用されている同様の機能を、クラウド型でサービス提供するのは国内初となります。
インターネット通販会社や小売・流通会社などでは、配送の利便性などのサービス向上による、他社との差別化が求められています。そのため出荷者である小売・流通会社と配送会社の間では、輸配送情報を共有する求荷求車サービスなどの様々な取り組みが既に行われていますが、それに加えて、最終の受け手である着荷主も含めたリアルタイムの情報共有など、ユーザーの要望に合わせたサービス提供が求められるようになっています。

サプライチェーンネットワークコントローラーについて

CTCのグローバルロジスティクスソリューションは、物流に特化し30年の実績をもつデカルト社のITサービスを活用したSaaS型サービスです。今回、CTCが独自に開発したサプライチェーンネットワークコントローラーは、車輛数や運行区間・積載率などの車輛情報、配送員の持つスマートフォンやハンディターミナル、車載器などから得られる位置情報および輸配送実行状況の情報などをクラウド上に集約し、リアルタイムで制御できる物流情報統合管理基盤です。この基盤を利用し、出荷者、配送者、着荷主などの輸配送の関係者は、それぞれの目的に応じて予約や追跡などの必要な機能を選択し、利用することができます。

「訪問時間枠予約」と「リアルタイム貨物追跡」機能について

本基盤を使用した機能として、まずは「訪問時間枠予約」と「リアルタイム貨物追跡」の機能を提供します。

訪問時間枠予約機能

本基盤上で逐次更新されている実際の輸配送リソース状況に応じて訪問可能な日時が計算され、時間枠を予約することができます。予約状況は自動で輸配送計画に反映されるため、着荷主の配送希望日時に応じた配車手配、日程の調整および確定連絡などの人的作業が大幅に削減されます。本機能は、訪問に事前のアポイント取得が必要な全てのサービスで適用が可能です。家具や寝具・家電などの配送だけではなく、例えば引越し、中古車・リフォームなどの訪問査定、ガスや消防設備などの定期点検やメンテナンス、中古品やリサイクル品の回収など、その適用範囲は多岐にわたります。

リアルタイム貨物追跡機能

着荷主自身に利用させることも可能なため、着荷主からの配送状況の問い合わせへの対応など、輸配送のバックオフィス業務が大幅に軽減されます。更に、利用企業のECサイトやウェブサイトと本基盤を連携させることで、自社サイト上でお届け時間指定や貨物追跡の機能を提供することも可能になります。 これらの機能は基本使用料と利用料(従量課金)で利用でき、企業が独自にシステムを構築する場合と比較して、最大でコストを50%削減することが可能です。

CTCは、今後、サプライチェーンネットワークコントローラーを利用したサービスとして、空き車両登録機能(求車機能)やリアルタイム輸送経路選択機能などを提供し、様々な業種の輸配送業務を支援していきます。

訪問時間枠予約画面イメージ

訪問時間枠予約画面イメージ
着荷主が受取日時を、リアルタイム情報をもとに選択可能で、お届け日程調整が不要。

リアルタイム貨物追跡画面イメージ

リアルタイム貨物追跡画面イメージ
出荷者自社サイトからリアルタイムで貨物追跡情報を提供。着荷主のみならず、出荷店舗やコールセンターによる追跡も可能。

第1号ユーザーについて

なお、第1号ユーザーとして、兵庫県姫路市を中心にライフケアサービス事業を展開する株式会社ゴトウ・アズ・プランニングが「訪問時間枠予約」機能の利用を開始します。同社では、介護用品、寝具などのレンタル品や飲料水の配送業務で、訪問担当者が所持するスマートデバイスとコールセンターから、この機能を利用します。担当者の配送の情報が瞬時に判明するため、お客様に、より的確な訪問可能日時の提案が可能になります。同社は「訪問時間枠予約」機能の利用で、生産性とサービスレベルを更に向上させ、より多くのお客様に付加価値の高いサービスを提供が可能になることを期待しています。
今回の発表について、各社からコメントを頂いています。

デカルトシステムグループは伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(以下:CTC)の「サプライチェーンネットワークコントローラー」の発表を心より歓迎いたします。デカルトの持つホームデリバリーソリューションとCTCの持つクラウドサービス提供ノウハウにより、日本の小売・流通・物流業界に洗練されたサービスが提供されるものと確信しております。
デカルトシステムグループ
エグゼクティブバイスプレジデント
マーケティング&セールス クリス・ジョーンズ

株式会社エスキュービズムは、この度、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社より物流情報統合管理基盤「サプライチェーンネットワークコントローラー」が発表されたことを歓迎致します。クラウドサービスの普及とIoT(モノのインターネット化)がますます進む中、これを物流の世界で統合・実現した先進的な仕組みであり、新たな市場を切り開く画期的なサービスであると確信しております。今後更にエスキュービズムのBlueRabbitクラウドエコシステムとの連携を推し進めることで、お客様により発展したビジネス基盤ソリューションをお届けすべく、一層注力して参ります。
株式会社エスキュービズム
代表取締役社長 薮崎 敬祐
本サービスの開始にあわせ以下のセミナーを実施します。

サプライチェーンネットワークコントローラー(SNC) ソリューション紹介セミナー

東京開催 2013年4月26日、2013年5月10日
大阪開催 2013年5月17日
セミナー申し込み・詳細紹介UPL http://www.mams.ne.jp/rp/seminar2
*1 グローバルロジスティクスソリューションについて
デカルト社のITサービスをベースに、アプリケーションの日本語化対応、インプリメント、導入支援、保守サポートまで対応した物流ソリューションです。倉庫事業者や陸・海・空の輸配送業者、取引先同士など輸配送関連先と通信できる世界最大級の物流専用基盤GLNと連動し、手配から決済までをワンストップで提供します。輸配送や顧客訪問計画を自動化する「Route Planner」、それをリアルタイムで管理する「Mobile Link」、移動体資産を管理する「MAMS」など様々な側面から物流業務を支援するソリューションです。

本件に関するお問い合わせ先

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
広報・IR部

TEL:03-6203-4100
FAX:03-5512-3013
E-Mail:press@ctc-g.co.jp

現在掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

トップに戻る