JapanEnglish

ニュース

プレスリリース

CTC、マレーシアとシンガポール間でのクラウド連携の実証実験を開始

東南アジアで、グローバルな「自律型データセンター」を目指したクラウド技術を検証

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(代表取締役社長:菊地 哲、本社:東京都千代田区、略称:CTC)は、グループ会社であるマレーシアのCTC Global Sdn. Bhd.とシンガポールのCTC Global Pte. Ltd.と共同で、遠隔地にある複数のデータセンターにあるクラウド環境を連携した実証実験を、2014年1月から開始します。これは、複数のデータセンターを仮想的に1つに統合する「自律型データセンター(Autonomous Datacenter)」を目指した実証実験で、データセンター内の各機器をソフトウェアで自動制御する技術を用いて、マレーシアとシンガポールのクラウド環境を統一的に制御し、サービスの負荷分散や、日本を含めた遠隔バックアップの実証実験を行います。
実証実験結果を踏まえ、マレーシア、シンガポール、日本の3ヶ国を連携させたオンプレミス型のクラウドソリューションを販売する予定です。
自律型データセンターは、遠隔地にある複数のデータセンターを、仮想的に1つのITインフラとして統合する、CTCが推進しているコンセプトです。ソフトウェアでクラウド環境を制御するSDI(Software-Defined Infrastructure)技術により、データセンター内のサーバ、ストレージ、ネットワーク等の各ITリソースを自動的に管理することで、災害時のスムーズなサービス継続や、複数のデータセンターの余剰リソースを組み合わせた、堅牢なシステムが実現できます。また、クラウド環境のリソースの自動的な増減や、障害時の再起動の機能により、少人数の運用でシステムの性能や品質を保つことができます。
既に国内では8月にCTCの横浜と神戸のデータセンターで、自律型データセンターの実現に向けた実証実験を行い、ソリューションの提供を開始しています。

日本国内での検証結果に基づき、今回、東南アジア地域でビジネスを展開するグローバル企業の、国をまたいだシステム連携やBCP(Business Continuity Planning)対策の需要を想定し、マレーシアとシンガポール間での自律型データセンターの実現に向けた、複数のデータセンターを連携したクラウド環境の実証実験を開始します。
また、マレーシアと日本間では、長距離でのDR(Disaster Recovery)環境を構築し、データ伝送量を削減する技術(重複排除技術)を使用して、データ複製にかかる時間や遠隔地でサービスが開始するまでの時間等を測定します。許容される目標復旧時間(RTO:Recovery Time Objective)や目標復旧時点(RPO:Recovery Point Objective)を算出し、今後、国をまたいだシステム構築にそのノウハウを活用します。

なお、本検証用データセンターについては、海外ではNTTコミュニケーションズのデータセンターであるサイバージャヤ3データセンター(マレーシア)とセラングーンデータセンター(シンガポール)を、日本ではCTCのデータセンターである横浜コンピュータセンター(YCC)を使用します。また、ネットワークについてはNTTコミュニケーションズのArcstar Universal One※1を使用します。サーバ、ストレージ、ネットワーク等のIT機器に異なるメーカーの製品を使用することで、マルチベンダー環境のシステム統合についても検証していきます。

今後も、CTC Global Sdn. Bhd.とCTC Global Pte. Ltd.を含めたCTCグループは、国内で培った大規模なシステム構築や、データセンターを中心とした各種クラウドサービスの提供で得たノウハウを活用し、東南アジア地域でのビジネス拡大を図っていきます。また、自律型データセンターを推進し、お客様のグローバルビジネスを支えるシステム構築やBCP対策にも貢献していきます。

実証実験システム全体図

実証実験システム全体図


今回の発表にあたり、ベンダー各社からコメントを頂いております(五十音順)。

EMCジャパン株式会社は、CTCによる東南アジアでの「自律型データセンター」検証実施を心より歓迎いたします。今回の検証でも使われる「EMC VPLEX」と「EMC RecoverPoint」は、クラウドから高い価値を引き出すために不可欠なデータ移動、可用性、データ保護を可能にします。次世代データセンターのあるべき姿の実現に向けどこよりも早く取り組むCTCと、マレーシア、シンガポールにも拠点を持つEMCが力を合わせ、グローバルで活躍する企業のITとビジネスの変革を支援して参ります。
EMCジャパン株式会社
執行役員 パートナー営業本部長 中山 泰宏
NTTコミュニケーションズ株式会社は、この度のCTCによるマレーシアとシンガポール間でのクラウド連携の検証開始を心より歓迎いたします。弊社の高品質な次世代データセンター並びに、全世界をカバーする「Arcstar Universal One」は、今回の実験においてCTC様の期待する検証成果に大きく寄与することと確信しております。今後も弊社はグローバルクラウド事業のさらなる普及と発展を推進し、CTCの取り組みに協力してまいります。
NTTコミュニケーションズ株式会社
クラウドサービス部 データセンターサービス部門長 花崎 修
シスコシステムズ合同会社は、CTCがサービス展開を視野に入れたグローバルなクラウド基盤への取り組みを、大変喜ばしく思います。事業継続性の向上とサービステリトリの拡大を実現するソリューション展開であると考えており、日本及びアジアパシフィック地域で活躍される企業を支える最適なインフラ基盤を提供できるものと期待しております。「Cisco Nexusシリーズ」が持つハイレベルなデータセンター間接続機能、また仮想化に適したサーバーである「Cisco UCS」を推進し、高品質な自律型データセンターサービス実現を支援させていただきます。
シスコシステムズ合同会社
専務執行役員 高橋 慎介
株式会社 日立製作所は、この度、CTCが東南アジアでの「自律型データセンター」検証を実施することを歓迎いたします。今回の検証で使用される「Hitachi Unified Storage」は、クラウド環境下においてもデータを安心して活用できる、高稼働率のシステム実現に寄与するものであります。自律型データセンターサービスの実現を目指すCTCと、日立グループ会社であるHitachi Data Systemsとが一体となったオペレーションにより、日本およびアジアパシフィック地域でビジネスを展開される企業に対して、均質な製品、サービス、サポートをグローバルに提供できるものと確信しております。
株式会社 日立製作所
情報営業統括本部 ゼネラルマーケットビジネス統括本部長 小林 幹夫
※1 Arcstar Universal One について
全世界160カ国/地域をカバーするグローバルネットワークサービス。グローバル展開における高い運用実績に基づき、低遅延の光海底ケーブルなどを活用して世界各国の拠点をシームレスに接続する。

本件に関するお問い合わせ先

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
広報・IR部

TEL:03-6203-4100
FAX:03-5512-3013
E-Mail:press@ctc-g.co.jp

現在掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

トップに戻る