JapaneseEnglish

ニュース

プレスリリース

大和ハウス工業の業務推進システムを支えるプライベートクラウドに「Oracle Exadata」を導入

運用管理のコスト低減と大幅な性能向上による業務効率改善を実現

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

日本オラクル株式会社

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(代表取締役社長:菊地 哲、本社:東京都千代田区、略称:CTC)と日本オラクル株式会社(執行役社長 最高経営責任者:デレク・エイチ・ウイリアムズ、本社:東京都港区、以下:日本オラクル)は、大和ハウス工業株式会社(代表取締役社長:大野 直竹、本社:大阪市北区、以下:大和ハウス工業)の業務推進システムが稼働するプライベートクラウド環境にオラクルの高速データベース・マシン「Oracle Exadata Database Machine(以下Oracle Exadata)」を採用したデータベースシステム環境を構築し、このたび稼働開始したことを発表します。

大和ハウス工業では、運用管理の負荷軽減やシステム規模を柔軟に拡張できるよう、自社システムのクラウド環境への移行を推進しています。業務推進システム「D-SMART」などの2010年に稼働したCTC構築のプライベートクラウド環境で、最終的には大和ハウスグループの約3万4千人が使用する予定です。販売管理/物件管理などの営業機能、部材管理/施工管理などの技術機能、定期点検管理/履歴管理などのアフター機能とともに、ポータル/スケジュールなどの全社共通機能を含み、生産から営業、アフター、間接部門にわたる業務をサポートしています。

ビジネスの基幹を担う「D-SMART」は、クラウド環境へ移行後も、活用範囲の拡大とユーザー数急増に伴いシステム負荷が増え続けていたことから、大和ハウス工業では、IT基盤の刷新を決定しました。IT基盤刷新にあたっては、大量のトランザクションを極めて高速に処理可能で、かつ高い拡張性を持つ「Oracle Exadata」の採用を決定し、CTCによって構築刷新されたクラウド基盤に導入されました。

このたびの、「Oracle Exadata」の採用により、CTCの検証では、従来90分要していた月次集計のバッチ処理が6分に大幅短縮されるなど、大和ハウス工業の業務効率の改善に貢献しています。

CTCと日本オラクルは、今後も大和ハウスグループ全体のビジネスを支えるIT戦略を積極的にサポートしていきます。

本件に関するお問い合わせ先

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
広報・IR部

TEL:03-6203-4100
FAX:03-5512-3013
E-Mail:press@ctc-g.co.jp

現在掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

トップに戻る