JapanEnglish

ニュース

プレスリリース

CTC、データセンター移転・統合サービス「DC Moving Experts for Business」の提供を開始

ビジネス成長のためのデータセンター構想、ITインフラ基盤構築を総合的に支援

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(代表取締役社長:菊地 哲、本社:東京都千代田区、略称:CTC)はデータセンターの移転や統合にあたって、基本計画、詳細計画の立案支援、移転プロジェクトの推進支援、移転実行までを総合的に行う「DC Moving Experts for Business」の提供を開始します。価格は700万円からで、初年度で20件の受注を目指します。

企業にとって、ITがビジネスの根幹に欠かせないものになっています。また、ITとビジネスが密接な関係になるにつれ、事業継続計画(BCP)におけるITシステムのBCP(IT-BCP)の重要性が増しており、データセンター内のシステム構成の見直しや、データセンターの移転・統合によるBCPの強化を図る企業が増加しています。

CTCは、従来、大規模システムの構築とデータセンター運営で培ってきたシステム移設の技術力、プライベートクラウドやハイブリッドクラウドの豊富な構築実績を活かし、データセンターの移転や統合に関するサービスを個別に提供していました。この度、お客様からのご要望を踏まえて、各サービスを体系化し、CTCが推進する「自律型データセンター(Autonomous Datacenter)」※1のコンセプトや技術要素も取り入れた上で、「DC Moving Experts for Business」として提供を開始します。本サービスでは、ワークスタイル変革やデータ活用などの経営戦略やIT戦略に基づいたクラウド環境への移行設計、SDI(Software Defined Infrastructure)※2を基にした待受環境の構築※3、グローバルレベルでのデータセンターの機能配置や構想策定を支援します。また、お客様企業内のデータセンター移転、統合プロジェクトの推進支援、移転、統合に向けた構想策定から実移転まで全フェーズでサービスを提供します。
CTCは、今後もお客様の経営を支えるIT基盤としてのデータセンター活用を、様々なサービスで支援していきます。

サービスの流れ

移転の対象規模や移転元/移転ロケーションに応じて、推進の流れは個別にご提案します。

サービスの流れ
  • ※1Software Defined Infrastructure:
    より柔軟かつ迅速に制御可能な次世代のITインフラに関するCTCの推進コンセプト
    詳細URL:
    http://www.ctc-g.co.jp/report/column/it_sdi/index.html
  • ※2自律型データセンター(Autonomous Datacenter):
    遠隔地にある複数のデータセンターを、仮想的に1つのITインフラとして統合する、CTCが推進しているコンセプトです。ソフトウェアでクラウド環境を制御するSDI(Software-Defined Infrastructure)技術により、データセンター内のサーバ、ストレージ、ネットワーク等の各ITリソースを自動的に管理し、災害時のスムーズなサービス継続や、複数のデータセンターの余剰リソースを組み合わせた、堅牢なシステムを実現します。また、クラウド環境のリソースの自動的な増減や、障害時の再起動の機能により、少人数の運用でシステムの性能や品質を保つことができます。
    詳細URL:
    http://www.ctc-g.co.jp/corporate/press/2013/0702a.html
    http://www.ctc-g.co.jp/corporate/press/2013/1205b.html
  • ※3待受環境:
    データタセンター移転・統合に伴い、移転先データセンターに事前に構築するシステム、ネットワーク環境の総称。

本件に関するお問い合わせ先

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
広報・IR部

TEL:03-6203-4100
FAX:03-5512-3013
E-Mail:press@ctc-g.co.jp

現在掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

トップに戻る