JapaneseEnglish

ニュース

プレスリリース

CTC、VividWorks社のクラウド型3Dビジュアライゼーションを提供開始

商品購入前のイメージ確認を自社サイトで簡単に実現

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

VividWorks,Ltd

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(代表取締役社長:菊地哲、本社:東京都千代田区、略称:CTC)は、3DやAR関連で高い技術力を持つフィンランドのITサービス企業VividWorks Ltd.(CEO:Miska Visuri、本社:フィンランド オウル市)と販売代理店契約を締結し、本日から、カスタマイズが容易で直観的に操作できるクラウド型の3DビジュアライゼーションVividPlatform(ヴィヴィッドプラットフォーム)の提供を開始します。
自動車、建設・土木、住宅、インテリア、産業機械などに関連した製造業や小売業、観光業、教育業に向けてサービス展開し、3年間で10億円の売上を目指します。

昨今、ネット販売の普及に伴い、3DやAR(拡張現実)技術を活用して、消費者が商品購入前に配置イメージや使用イメージを視覚的に確認(ビジュアライゼーション)できるサービスが増えています。しかし、消費者の環境にあわせて可視化に対応したシステムを構築するには専門的な3Dソフトウェアでの開発や業務システムとの連携が必要なため、期間もコストもかかります。
VividPlatformは、直感的なユーザーインタフェースを持ったクラウド型の3Dビジュアライゼーションです。複雑なルールを持つ3D製品を組立て、色やオプションを選んだり、インテリアなどの空間をデザインしたりして、製品の魅力や利用シーンを視覚的に訴求することができます。また、企業の販売システムやERPシステムとの連携機能を備えているため業務へ容易に組み込むことができます。専門的な3Dソフトを使用する場合と比べて約半分の期間で、既存のWebサイトやCRMの中で柔軟な3Dイメージの環境を構築することが可能です。VividPlatformを組み込んだWebサイトでは、訪問者数やサイトの滞在時間の増加も期待でき、商品の購入機会の拡大にもつながります。
またVividPlatformは、部屋や建物などの写真から3Dの空間情報を計算し、商品を3Dモデルとして配置できる消費者ごとのシミュレーション環境を簡単に用意することが可能です。例えば、家具メーカでは、タブレット上で、消費者の写真の中に商品のCGを重ね合わせ、色やオプションを変更して購入前に詳細に検討できるサービスが提供できます。
CTCは、長年、CADや画像処理関連の製品を取り扱っており、WebシステムやERPシステムの構築で得たノウハウと併せて、VividPlatformを活用したサービスや関連システムの構築、CGコンテンツの作成支援、コンサルティングサービスを提供していきます。

VividWorks社について

2006年設立。本社はフィンランド オウル市で、現在、デンマーク、アメリカ、ドイツ、日本にも営業拠点を持ちます。3DデータからCGツールを用いて製品や建物などを可視化するサービスVividPlatformを開発し、世界の大手家具・インテリア企業を中心に豊富な販売実績があり、今後は、建設資材、不動産や自動車などの業界に向けてサービスを展開していく予定です。

VividPlatformの画面サンプル

VividPlatform上で表示した家具・インテリア組立てシーン。予め設定したルールで製品の組立て、色・オプションの変更が簡単にできます。

VividPlatform上で表示した家具・インテリア組立てシーン。予め設定したルールで製品の組立て、色・オプションの変更が簡単にできます。

住宅コンテンツのビジュアルシミュレーション(3Dコンテンツの制作を行う株式会社ファインからの提供)。建設予定地に住宅CGを乗せて完成予想イメージを疑似体験できます。

住宅コンテンツのビジュアルシミュレーション(3Dコンテンツの制作を行う株式会社ファインからの提供)。建設予定地に住宅CGを乗せて完成予想イメージを疑似体験できます。

本件に関するお問い合わせ先

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
広報部

TEL:03-6203-4100
FAX:03-5512-3013
E-Mail:press@ctc-g.co.jp

現在掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

トップに戻る