JapaneseEnglish

ニュース

プレスリリース

CTC、アサヒビールと飲食店向けのビッグデータ分析の協業を開始

米APT社のクラウド型予測分析ソフトを使用し、利益への影響を測定

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(本社:東京都、社長:菊地 哲、略称:CTC)は、アサヒビール株式会社(本社:東京都、社長:小路明善)と共同で、本日から飲食店向けのビッグデータ分析についての協業を開始します。本サービスは、米Applied Predictive Technologies(日本支社:東京都、日本代表:及川 直彦、以下:APT社)のクラウド型予測分析ソフトウェア「Test & Learn®」を使用して、メニュー変更やプロモーションなどの施策が、飲食店の売上や利益、お客様の来店や注文にもたらす影響を測定し、ビジネス改善の機会を特定するものです。アサヒビールでは全国に店舗展開する外食企業の経営支援ツールとして活用していくことを想定しています。

近年、営業活動にビッグデータ分析を活用する企業が増加していますが、企業の意志決定のためには、分析の予測精度を高めて効果のある施策を特定する必要があります。
APT社のTest & Learn®は、企業の意思決定を支援するため、施策のテスト設計や分析のコンサルティングサービスを含めたクラウド型予測分析ソフトウェアです。アサヒビールとCTCが共同で、多店舗のチェーンを展開する飲食店に向けたビッグデータ分析サービスとして本ソフトウェアを活用していきます。飲食店が導入を検討している施策について、POSデータやAPT社が独自に調査する地域特性に関連するデータから、施策に適切な実験店舗を割り出し、売上や利益、来店客数、客単価などへの施策の貢献度を実験を通して算出します。新商品の導入から割引キャンペーン、広告展開、店舗のレイアウト変更、従業員の研修など、様々な施策で活用することができます。
APT社が特許を持つアルゴリズムと同社の統計スペシャリストの知見に基づき特殊な事象がもたらすデータ(ノイズ)を除去することで、施策の利益への影響を測定し、ビジネス改善の機会を特定することが可能となります。
今後アサヒビールは、CTCと共に本サービスを飲食店の収益改善や経営効率の向上に向けてビッグデータ分析による店舗支援サービスを拡充していくと共に、CTCでは、小売業者や消費財メーカなどに向けてサービスを展開していきます。

Applied Predictive Technologies(APT)について

世界最大のクラウドベースの予測分析ソフトウェア会社。APTのソフトウェアTest & Learn®は、企業の意思決定を支援するための、ビジネス実験の活用領域の特定や設計・分析のコンサルティングサービスを含めたクラウド型予測分析ソフトウェアです。Test & Learn®を使用することで、世界の企業は、価格の設定、マーケティング、マーチャンダイジング、オペレーション、設備投資がROIを最大にするものとなるよう、利益への効果を正確に測定できるようになります。フォーブス・グローバル2000の世界のトップ企業の多くがAPTのビッグデータソリューションを利用しています。

本件に関するお問い合わせ先

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
広報部

TEL:03-6203-4100
FAX:03-5512-3013
E-Mail:press@ctc-g.co.jp

現在掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

トップに戻る