JapaneseEnglish

ニュース

プレスリリース

CTCS、クラウド導入運用サービスFor Microsoft Azureを提供開始

クラウド基盤へのシステム構築から運用・監視までワンストップで提供

CTCシステムマネジメント株式会社

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(略称:CTC)のグループ会社で、ITシステムの運用サービスを提供するCTCシステムマネジメント株式会社(代表取締役社長:齊藤 晃、本社:東京都千代田区、以下:CTCS)は、マイクロソフト社のパブリッククラウドMicrosoft Azureを活用し、クラウド基盤へのシステム構築から運用・監視まで、移行を含めてトータルに提供する「クラウド導入運用サービス For Microsoft Azure」の提供を本日から開始します。
セキュリティ強化、運用負荷の軽減など環境変化への迅速な対応を検討している企業の情報システム部門を中心に提供し、2年間で1億円の売り上げを目指します。初期費用は77万円(税抜)から、月額利用料は14万円(税抜)からです。

企業の情報システム部門には、多様化するシステムの安定した運用・オペレーションが求められています。品質を維持しながらいかに運用コストを削減するかも課題です。
CTCSが提供するクラウド導入運用サービス For Microsoft AzureはMicrosoft Azureに運用技術力を付加することで、インフラコスト削減、運用負荷の軽減、セキュリティの強化を実現しパブリッククラウドサービスを最大限に活用できるサービスです。クラウド導入運用サービス For Microsoft Azureの概要は以下の通りです。

クラウド導入運用サービス For Microsoft Azureについて

3つのフルアウトソース型サービスで構成されます。

  • AD on Azure
    お客様のオンプレミス環境の既存ADをMicrosoft Azure上へ移行し、ADの運用業務までトータ ルに行うサービスです。専用ツールを使用することで、アカウント登録など一部の機能はお客様管 理者もご利用いただけます。
  • File Server on Azure
    お客様のオンプレミス環境の既存ファイルサーバをMicrosoft Azure上へ移行し、運用まで行う サービスです。Windowsエクスプローラーから、ファイル共有、共有アクセス権の登録など一部機 能をお客様管理者もご利用いただけます。
  • ADFS※1 on Azure
    新規にMicrosoft Azure 環境でOffice 365とActive DirectoryのID連携とシングルサインオン機 能を構築し、運用業務まで行うサービスです。

クラウド導入運用サービス For Microsoft Azureイメージ

クラウド導入運用サービス For Microsoft Azureイメージ

今後CTCSでは、CTCのグループ総合力を活かして、メニューの拡充や新技術の導入などでサービスの品質を高め、お客様の業務を効率化するサービスを提供していきます。

CTCシステムマネジメントについて

CTCグループで、ITシステムの運用サービスを提供する会社です。金融機関や流通・通信・製造業のお客様向けにITインフラや業務系システム、データセンターの運用管理、衛星通信の管制業務など、専門的な運用サービスを展開しています。ERP・ワークフロー関連のソフトウェア開発や維持保守ビジネスにも取り組んでいます。 http://www.ctcs.co.jp/

  • ※1ADFS:Active Directory フェデレーション サービスの略。Microsoft が開発したID アクセス ソリューションの1つで、1回のオンラインセッションの間に複数のWebアプリケーションに対してユーザーを認証するWebシングルサインオン機能を提供します。
  • Microsoft、AzureおよびWindowsは米国Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標または商標です。

本件に関するお問い合わせ先

CTCシステムマネジメント株式会社
ソリューション企画統括部

TEL:03-5210-8200
E-Mail:ctcs-sales@ctc-g.co.jp

現在掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

トップに戻る