JapaneseEnglish

ニュース

プレスリリース

ピツニーボウズの動画ソリューションを取り扱い開始

個別にカスタマイズした対話式の動画で問い合わせやセールス業務を効率化

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

ピツニーボウズ・ソフトウェア株式会社

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(代表取締役社長:菊地 哲、本社:東京都千代田区、略称:CTC)と、ピツニーボウズ・ソフトウェア株式会社(代表取締役社長:黄 介華(ジョン・ウォン)、本社:東京都渋谷区、略称:ピツニーボウズ)は、国内初の販売代理店契約を締結し、5月からピツニーボウズのインタラクティブな動画ソリューション「EngageOne® Video」*1を使用した動画活用の支援サービス「eMotion」の提供を開始します。企業のマーケティング部門やコンタクトセンター向けに提供し、3年間で30社への提供を目指します。

近年、スマートデバイスや動画サイトの普及に伴い企業の動画利用が増加しています。しかし、従来の動画は視聴者との対話がなく主に企業からの情報提供のみとなり、一部のセールスプロモーションや商品説明での限定的な利用にとどまっています。

ピツニーボウズのEngageOne® Videoは、カスタマーごとの嗜好やニーズに応じたOne to Oneマーケティングを実現する対話式動画ソリューションです。シナリオに基づき制作したビデオと、企業が保有している視聴者の属性情報や購買データなどの行動履歴を独自技術により連携させ、さらに動画へのデータ入力を可能にすることで、視聴者ごとにカスタマイズしたインタラクティブな動画提供を実現します。これにより、視聴者の要望に応じた必要な情報の提供や次のアクションへのスムーズな誘導が可能になり、顧客満足度の向上や業務効率化につなげることができます。カスタマーとの接点となるセールスプロモーションやコンタクトセンターでの利用に加え、社内のトレーニング業務やサポート業務でもEngageOne® Videoを活用することで業務効率化に貢献します。
CTCが今回提供する動画活用の支援サービスeMotionは、長年の大規模なシステム構築やクラウドサービスの提供実績をもとに、マーケティングやコンタクトセンター向けに、EngageOne® Videoを活用した既存の基幹系や情報系システムとの連携を実現します。作業工数や時間のかかる業務をクラウドで代行する自社のクラウドBPOサービス「BusinessEvolution」シリーズの一つとしてサービス提供します。なお、お客様のご要望に応じてオンプレミスでのシステム構築も行います。
今後、CTCとピツニーボウズは、動画ソリューションのマーケティングでの活用が期待できる金融・保険分野や、トレーニング動画としてフランチャイズ業界に向けて共同でeMotionを提供していきます。

EngageOne® Videoの特長

  1. 会員や利用者向けに個別にカスタマイズされた動画を提供
  2. 対話式機能で、利用者のニーズを瞬時に把握
  3. CRMなどの既存システムとリアルタイムに連携し動画に反映
  4. PC、スマートフォン、タブレットなどの様々な端末に対応

eMotionの主なターゲット業務

  1. 金融明細・保険商品などの複雑で多様な内容の説明 :問合せ対応削減
  2. 個別ニーズに基づく商品説明 :営業効率アップ
  3. 個別に必要事項の異なる申込書の説明 :申込み途中離反の抑制
  4. マニュアル・各種説明会の代用 :効率的な教育

ピツニーボウズ・ソフトウェアについて

ピツニーボウズ・ソフトウェア(NYSE:PBI)はグローバルテクノロジー企業として、顧客情報管理、位置情報活用(ロケーションインテリジェンス)、顧客コミュニケーション支援(顧客エンゲージメント)、発送と郵便そしてグローバルeコマースといった商取引の分野において、革新的な製品やソリューションを提供しています。ピツニーボウズの製品、ソリューション、サービスは世界約100ヶ国で150万以上お客様にご支持頂いております。詳細は日本語サイト( http://www.pitneybowes.com/jp )をご覧ください。

  • *1EngageOne® Videoについて
    ピツニーボウズの提供する独自の技術で、世界ではすでに200社以上の導入事例があり、保険会社での契約内容のご案内や通信会社の利用明細の解説のほか、取引拡大のための商品PRなど、BtoB、BtoCを問わず幅広い分野で利活用されています。商品の紹介から、契約、利用継続サポート、追加、更新、評価といった顧客ライフサイクルに併せて動画を活用できます。

本件に関するお問い合わせ先

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
広報部

TEL:03-6203-4100
FAX:03-5512-3013
E-Mail:press@ctc-g.co.jp

現在掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

トップに戻る