JapaneseEnglish

ニュース

プレスリリース

基幹系特化型クラウドCUVICmc2がSAPとCiscoの認定を取得

最高位のCisco Cloud and Managed Services Masterに認定

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(代表取締役社長:菊地 哲、本社:東京都千代田区、略称:CTC)は、基幹系システムに特化したクラウドサービスCUVICmc2の提供に関連して、高品質なホスティングサービスとクラウドサービスについての欧SAP SE(以下:SAP社)の認定「SAP Certified in Hosting Services」と「SAP Certified in Cloud Services」を取得し、併せて、クラウド及びマネージドサービスについて、米Cisco Systems, Inc. (以下:Cisco社)がパートナー企業を認定するプログラム「Cloud and Managed Services Program」で最高位の「Master」認定を取得しました。

CTCが提供する基幹系特化型クラウドサービス「CUVICmc2」は、SAPソリューションを始めとする基幹系システムに特化したIaaSで、パフォーマンスに対する性能保証、高セキュリティ、実使用量による従量課金が特長です。ミッションクリティカルな業務に対応できる堅牢性と安全性が評価されて今回の認定を取得しました。

今後もCTCは、SAP社及びCisco社とのパートナー関係を強化してCUVICmc2のさらなる品質向上を図り、安定したサービス提供により、SAP® S/4HANAをはじめとするSAPのソフトウェアをご利用のお客様システムの効率化とビジネスの創出に貢献していきます。

各種認定の概要

  • SAP社認定:お客様のSAP製品の使用環境に応じた運用と維持メンテナンスサービスを認定する「SAP Certified in Hosting Services」と、SAP製品のクラウドでのサービス提供を認定する「SAP Certified in Cloud Services」を取得
  • Cisco社認定:第三者機関による監査を通してパートナーのIaaSサービスを認定する「Cisco Powered Infrastructure as a Service」に加え、Cisco社製品を使用したSAP HANAサービスの資格「Cisco Powered Cloud Cell Architecture for SAP HANA」を今回アジアで初めて取得したことで、クラウド及びマネージドサービスの最高位「Cisco Cloud and Managed Services Master」に認定

今回の発表にあたり、SAPジャパン株式会社およびシスコシステムズ合同会社から以下のコメントを頂いております。

このたび、CTCがSAP認定ホスティングサービスプロバイダおよび同クラウドサービスプロバイダとなられたことを歓迎いたします。本認定は、SAPのソフトウェアをご利用いただく環境として高品質のホスティング/クラウドサービスを提供されるパートナー企業をSAP SEが認定するものです。今後CTCが、包括的で革新的なサービスを低コストで利用できるホスティング/クラウド環境を提供し、SAP® S/4HANAをはじめとするSAPのソフトウェアをご利用のお客様からのご要望に高品位のサービスでお応えいただくことを期待します。

SAPジャパン株式会社
パートナー統括本部長 宇都宮 隆二

シスコは、CTCが、Cloud and Managed Services Programで最高位であるMasterを取得頂いたことを大変喜ばしく思います。CUVICmc2は革新的な基幹業務システム特化型クラウドサービスです。高信頼インフラの新基準を打ちたてられ、最高レベルのサービスを日本のお客様に提供されることを期待します。

シスコシステムズ合同会社
執行役員 クラウド&マネージドサービス事業担当 梁瀬 和人

  • SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。

本件に関するお問い合わせ先

伊藤忠テクノソリューションズ
株式会社
広報部

TEL:03-6203-4100
FAX:03-5512-3013
E-Mail:press@ctc-g.co.jp

現在掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

トップに戻る