JapaneseEnglish

ニュース

プレスリリース

SDN/NFV技術を活用したネットワーク導入支援サービス「CTC ESPA」を提供

検証施設「CTC ESPAラボ」を開設し、検討段階から運用・保守までトータルに支援

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(代表取締役社長:菊地 哲、本社:東京都千代田区、略称:CTC)は、企業ネットワークへのSDN※1/NFV※2導入・運用支援サービス「CTC ESPA(Enterprise Simple Provisioning Architecture)」の提供を4月から開始します。同時に、SDN/NFV技術のマルチベンダー検証施設「CTC ESPAラボ」を大崎オフィス(東京都品川区)内に開設します。従来はデータセンター事業者や大手通信事業者を中心に利用されていたSDN/NFV技術を企業向けにサービス「CTC ESPA」を提供し、3年間で30億円の売上を目指します。

アクセス環境やコンテンツの多様化、セキュリティ対策の迅速化に伴い、企業のネットワークには変化に素早く対応できる柔軟性が求められています。SDN/NFV技術は、ルータやファイアウォールなどのネットワーク機器の機能を仮想化基盤上にソフトウェアとして実装しネットワーク機能を一元的に管理することで、従来はネットワーク機器ごとに行う必要のあった作業を簡素化してシステム管理者の負担を軽減する手法として期待されています。

企業向けSDN/NFV導入・運用支援サービス「CTC ESPA」は、SDN/NFVの検討段階から運用・保守サポートまでITライフサイクルに応じてお客様を支援するサービスです。まずはシスコシステムズが提供するネットワーク機能仮想化ソリューション「Cisco Enterprise NFV※3」を中心に、5つのサービスをお客様の状況や要望に合わせ提供します。
CTC ESPAラボはSDN/NFV技術を活用したネットワークシステムについて、ネットワーク構築手順の迅速化や運用管理性・可視性の改善、セキュリティの高度化の実現などの課題を解決するためのトータルな検証を行う施設です。オープンソースのクラウド基盤ソフトウェアOpenStackやパブリッククラウド環境との連携についての動作検証も可能です。お客様の機器をラボに持ち込むこともでき、実際の使用環境に応じた検証を行えます。

CTCでは、これまでもSDN/NFVを活用して、大手通信事業者のネットワークシステムを構築した実績があり、大規模なネットワークシステムの構築や運用で培ったノウハウを生かして、本サービスを展開します。今後も関連するサービスを拡充し、システム自身が自動で状況を判断してネットワークの設定や制御を行う完全自動なネットワーク(セルフドライビングネットワーク)の実現に貢献していきます。

CTC ESPAサービス一覧

CTC ESPAサービス一覧

今回の発表に際し、シスコシステムズ合同会社から以下のコメントをいただいています。

シスコは、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社の企業ネットワーク向けSDN/NFV導入・運用支援サービスである「CTC ESPA」のご提供開始を心より歓迎いたします。今後のネットワークには、俊敏性やセキュリティに加えて、一元化された運用管理やモニタリングまでをサポートしていくことが求められています。CTCが、これまでに培ったネットワークシステムの構築や運用でノウハウを生かし、お客様のITライフサイクルに合わせた、導入・運用支援を提供されていくことを期待しております。

シスコシステムズ合同会社
専務執行役員 パートナー事業統括 高橋慎介

  • ※1SDN(Software-Defined Network):ネットワークをソフトウェアで統合的に管理・制御すること。
  • ※2NFV(Network Function Virtualization):ネットワーク機能を仮想化し、専用ハードウェアではなく汎用サーバ上でネットワーク機能を実現すること。
  • ※3Cisco Enterprise NFV:ハードウェア製品で提供されている個々の重要なネットワーク機能をソフトウェアで実現し、ネットワーク管理・運用を飛躍的に向上させるCisco社の一般企業向けNFVソリューション。

本件に関するお問い合わせ先

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
広報部

TEL:03-6203-4100
FAX:03-5512-3013
E-Mail:press@ctc-g.co.jp

現在掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

トップに戻る