JapaneseEnglish

ニュース

プレスリリース

IaaS型クラウドサービス「TechnoCUVIC」にフラッシュストレージの機能を追加

ストレージやバックアップのサービスを拡充

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(代表取締役社長:菊地 哲、本社:東京都千代田区、略称:CTC)は、自社のIaaS型クラウドサービス「TechnoCUVIC」に、フラッシュメモリを用いた高速なオールフラッシュストレージサービスと仮想サーババックアップサービスを追加し、本日より提供を開始します。本オプションを含め、1年間で50社にTechnoCUVICシリーズの提供を目指します。

近年、クラウドサービスの業務利用が拡大し、業務システムのパフォーマンス向上やBCP対策を含めた機能性が求められるようになりました。

CTCは、2008年からサーバ、ネットワーク、ストレージなどのITインフラを月額課金で利用できるIaaS型クラウドサービス「TechnoCUVIC」の提供を開始しており、現在200社以上のお客様にサービスを提供しています。

今回CTCは、TechnoCUVICの標準メニューとして「オールフラッシュストレージ」と「仮想サーババックアップサービス」を追加しました。高価なフラッシュストレージを初期投資として購入することなく、高性能なストレージバックアップ機能を実装したシステムをクラウドサービス上で構築することができます。また、バックアップ機能の拡充により、データベースを含むミドルウェアのバックアップや柔軟なバックアップスケジュールを実現しました。

それぞれの機能は以下の通りです。

TechnoCUVICの新機能

  1. オールフラッシュストレージサービス
    NetApp社のオールフラッシュストレージSolidFireを使用するオプションサービスです。従来のHDDを使用したストレージと比較してデータ処理速度が6倍以上になります。増え続ける複雑なデータ処理の高速化や、様々なワークロードに対応可能です。1ギガバイトあたり月額36円からの提供です。
  2. 仮想サーババックアップサービス
    Veritas社のバックアップ製品NetBackupを活用したオプションサービスです。仮想サーバやデータベース単位のバックアップ及びリストアが可能となります。1,000GBまでのバックアップ容量で、月額12万8千円からの提供です。

今後もお客様の要望に応じてTechnoCUVICのサービスメニューを拡充し、マルチベンダーの強みを活かして高品質なクラウドサービスを提供していきます。

今回の発表にあたり、各社からコメントをいただいております(五十音順)。

ネットアップは、この度、CTCが提供される最先端のクラウドサービス「TechnoCUVIC」に、SSD搭載のオールフラッシュストレージサービスの新メニューが追加されることを心より歓迎します。
ネットアップのオールフラッシュストレージ「SolidFire」の優位性である、次世代データセンターの構築に最適な柔軟性、スケールアウト、QoS、パフォーマンスなどを評価され、サービス基盤として採用いただきました。CTCの堅牢なデータセンター、豊富な運用実績と、ネットアップ最新技術を組み合わせることで、より多くのお客様に安定した高速なサービスをご提供できるものと期待しております。

ネットアップ株式会社
代表取締役社長 岩上 純一

ベリタスは、CTCと17年以上にわたって、データ管理と保護にまつわる課題にお客様が対応できるよう、製品を通じて支援してまいりました。このたび、CTCのIaaSクラウドサービスであるTechnoCUVIC上でNetBackupをライセンスサービスで提供することで、同サービスの利用者の皆さまがクラウド上で最新のデータ保護を実現することができるようになったことを嬉しく思います。NetBackup は拡張性の高いデータ保護ソリューションであり、企業はビジネスを中断することなく、ペタバイト規模のデータを効率的に保護することが可能となります。ベリタスは今後ともCTCのようなトップクラスのパートナーと協力しながら、デジタルトランスフォーメーションを目指すお客様をご支援していきたいと考えています。

ベリタステクノロジーズ合同会社
専務執行役員 パートナー営業統括本部長 倉田 修

本件に関するお問い合わせ先

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
広報部

TEL:03-6203-4100
FAX:03-5512-3013
E-Mail:press@ctc-g.co.jp

現在掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

トップに戻る