JapaneseEnglish

ニュース

プレスリリース

SNSアカウントを活用するシステムの構築サービスを開始

Microsoft Azure Active Directory B2Cを使用して安全で簡単な会員登録を実現

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(代表取締役社長:菊地 哲、本社:東京都千代田区、略称:CTC)は、WebサービスでSNS(ソーシャルネットワークサービス)のアカウントを利用して会員登録やログインを可能とするID管理基盤の構築サービスを開始します。大学や公衆サービスを提供する自治体、BtoCのWebサービスを提供する企業などに向けて提供し、1年間で30件の受注を目指します。
本サービスは、マイクロソフトのクラウド型ID管理ソリューションMicrosoft Azure Active Directory B2C(以下:Azure AD B2C)に近日追加予定の機能を使用し開発しています。

現在、様々なWebサイトやモバイルアプリでは、アカウントの管理やサービス向上、マーケティングなどを目的にユーザー情報を収集しています。しかし、サービスごとにアカウント情報を収集しているため、ユーザーには、ID/パスワードを使い回すリスクや情報を入力する手間が発生する場合があります。

今回、CTCが提供するサービスは、大学や自治体、企業などのWebサービスに対して、Facebook、Twitterなどに加え、日本国内で多くの利用者がいるLINEやYahoo! JAPAN※1といったSNSアカウントで会員登録やログインを可能とするID管理基盤を構築するものです※2。Webサービスへの会員登録が手軽になることで、登録途中での離脱を防ぎ、会員数の拡大につながります。また、組織が管理するアカウントにユーザーが自身のSNSアカウントを紐づけることで、ログインの利便性を向上させることができます。例えば、大学では、SNSアカウントを使用した学内のサイトへのログインに加えて、学内で利用するグループウエアなどのアプリケーションとも連携し、SNSアカウントによるシングルサインオン※3環境を構築することができます。
更に、ユーザーごとのSNS環境に応じて必要な情報を通知することができ、メッセージの未読を防いだり、SNS情報をもとにした適切なレコメンデーションも実現します。例えば、店舗が提供する公衆WiFiへの接続で本サービスを使用することにより、メッセージやクーポンの配信などで新たな接客機会の増加を図ることも可能です。
CTCは、既に公衆ネットワークでのユーザー認証や、クラウドを含めた様々なアプリケーションを連携するシングルサインオン環境などで大規模なシステム構築実績があり、今回、長年のノウハウを活用してAzure AD B2Cを国内ユーザー向けにカスタマイズ開発しました。
CTCは今後、マイクロソフトと共同でAzure AD B2Cで使用できるSNSを拡充し、お客様サービスの利便性向上に貢献していきます。

本発表に伴い米国マイクロソフトのPartner Director of Program ManagementであるAlex Simons氏から以下のコメントをいただいています。

Microsoft's mission is to 'empower every person and every organization in the world to achieve more', Working with CTC to bring digital identities to Japanese students is a wonderful opportunity to advance that mission. (CTC抄訳版)

マイクロソフトのミッションは「世界中のすべての人と組織が更なる大きな達成をするために力を与えること」です。日本の学生達に新たなデジタル・アイデンティティにもたらすCTCとの協業は本ミッションに対して進む素晴らしい機会となります。

本件に関するお問い合わせ先

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
広報部

TEL:03-6203-4100
FAX:03-5512-3013
E-Mail:press@ctc-g.co.jp

現在掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

トップに戻る