JapaneseEnglish

ニュース

プレスリリース

AIを活用するビジネスの創出支援プログラムを開始

企業におけるAI活用の円滑なスタートを後押し

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(代表取締役社長:菊地 哲、本社:東京都千代田区、略称:CTC)は、AIを活用した新規ビジネス創出や業務改善の円滑なスタートを支援するAI活用支援プログラムを開始します。AIに関する基礎知識を学ぶ講座とAIを活用するテーマの創出を目的としたワークショップを組み合わせた1日研修コース「AI Business Academy」、AI活用の課題整理や活用方針の策定などを支援する1ヵ月間のコンサルティングサービス「AI活用ナビゲーション」から成るプログラムです。価格は、「AI Business Academy」が120万円(税抜)、「AI活用ナビゲーション」は50万円(税抜)からで、2つのメニューをあわせて3年間で50社への提供を目指します。

近年、多くの企業がビジネスでのAI活用に取り組んでいます。AIの実証実験や検証から次の段階に進むには、自社ビジネスの課題の整理やAIの活用方法などに習熟する必要もあり、AIの導入に関するノウハウや知見の共有が求められています。

CTCでは、AI活用のスムーズな開始を支援するため、お客様が自ら課題やアイデアを出してビジネス創出や業務にAIを適用していくことを促す参加型の研修コース「AI Business Academy」と、既に課題があるお客様に対して改善策や代替案を提示するコンサルティングサービス「AI活用ナビゲーション」の2つのメニューの提供を開始します。

「AI Business Academy」は、AIを活用した新規ビジネス創出や業務改善を、お客様主導で実現するものです。講座とワークショップを組み合わせた最大30名の集合型研修を1日コースで開催します。講座形式で、AIを取り巻く市場の動向、AI概論、導入事例、AI導入時のよくある失敗例などについて学んだのち、ワークショップ形式で、自社の課題の洗い出しから実際にビジネスや業務改善の企画・発表までを行います。業務をよく知る社員自らが自社のビジネスを題材に実践的な検討方法を体験することで、研修終了後も新規サービスの開発や業務改善の発案を継続することが可能となります。

「AI活用ナビゲーション」は、課題の整理やAI活用方針の策定などを支援するコンサルティングサービスです。実施期間は1ヵ月で、合計5回のミーティングを通じて提供します。AI関連の技術に精通し業務への適用経験が豊富なエキスパートが、お客様のAI活用における課題を短期に解決します。

既にAI適用の具体的なテーマがあるケースでは、対象データの現状分析と改善方法に関するディスカッションを行い、改善ポイントの提示や代替策の推奨などを行います。AI活用のテーマ設定から検討するケースでは、課題の明確化によるテーマの抽出から、適した技術・製品に関する情報提供、実際に活用するデータの確認、活用方針の策定までを行います。

CTCでは、AIシステムの構築実績を基に設計したAI活用のためのハイブリッドクラウド環境や、教育に必要なIT基盤と教育サービスコンテンツを統合したAI人材育成ソリューションなどを既に提供しており、今後もAI関連の製品やサービスの拡充を通じて、お客様のAI活用を支援していきます。

報道機関からのお問い合わせ先

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
広報部

TEL:03-6203-4100
FAX:03-5512-3013
E-Mail:press@ctc-g.co.jp

現在掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

トップに戻る