JapaneseEnglish

ニュース

プレスリリース

CTCS、クラウド型メールのセキュリティソリューションを提供開始

マイクロソフトのOffice 365での誤送信防止や自動暗号化などの機能を強化

CTCシステムマネジメント株式会社

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(略称:CTC)のグループ会社で、システム運用をはじめとしたITサービスを提供するCTCシステムマネジメント株式会社(代表取締役社長:宮脇 茂雄、本社:東京都千代田区、以下:CTCS)は、日本マイクロソフトが提供する統合型情報共有クラウドサービスOffice 365をはじめとしたクラウド型グループウェアと連携し、誤送信防止や自動暗号化の機能を強化する、NTTテクノクロス株式会社(代表取締役社長:串間 和彦、本社:東京都港区)のメールセキュリティソリューション「CipherCraft®/Mail」の提供を本日から開始します。価格は100ユーザーあたり年額175,000円(税抜)からで、クラウドサービスを使って柔軟なワークスタイルを推進する企業を中心に、1年間で20社への提供を目指します。

この度CTCSが提供を開始するCipherCraft/Mailは、Office 365やG Suiteなどのクラウド型グループウェアが提供するメールサービスと連携し、誤送信の防止と添付ファイルやメール本文の暗号化などを強化するメールセキュリティソリューションです。メールを送信する際に宛先アドレス、添付ファイルの内容、メール内にあらかじめ設定したキーワードの使用の有無などの再確認を促すことで誤送信を防ぎます。重要なメールの場合のみ再確認を要する設定も可能で、確認作業の慣れに対する抑止効果も期待できます。また、ポリシー設定では、暗号化の対象や形式の選択、送付情報の種別に応じた上司の承認フローの追加、マイナンバーなどの個人情報を含む添付ファイルの検出と送付禁止などの機能を利用することができ、自社のセキュリティやコンプライアンス、ガバナンスの要件に適合させてクラウドのメールサービスを利用することが可能になります。

CTCSは、メールシステムの運用で既に豊富な実績があり、ポリシー作成の支援を含めた導入サービスや保守サポート、運用サービスを提供します。また、CTCSは、Office 365について、QA対応やリモートでの技術サポート、新規ユーザー登録、アクセス権の変更などの作業代行、定期レポートなどの運用サポートを提供しており、CipherCraft/Mailとあわせた運用サービスを提供します。

スケジュールやタスクの管理、メールなどの組織のコミュニケーションを支援するグループウェアは、近年、多くの企業がクラウドサービスを利用しており、CTCSは今後も、企業のクラウド利用について、セキュリティの強化や業務の効率化につながる運用サービスを拡充し、お客様のデジタルトランスフォーメーションに貢献していきます。

CTCシステムマネジメント株式会社について

CTCのグループ会社で1984年設立。お客様の情報システム環境について24時間365日の安定稼働と運用に努め、システム運用管理、ネットワークサービス、ソフトウェア開発を提供しています。会社設立以来、蓄積した高度な技術力とノウハウをベースに最適な運用を実践しています。
http://www.ctcs.co.jp/index.html

NTTテクノクロス株式会社について

NTTテクノクロスは、NTT研究所の最先端技術を中核に、国内外の優れた商材を豊富な実績とノウハウで掛け合わせることで、お客様のビジネスシーンに最適なソリューションを創出します。時代に先駆けたソリューションにより、豊かな未来社会の実現に貢献し続けます。
https://www.ntt-tx.co.jp/

  • Microsoft、Office 365は、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標 または商標です。

報道機関からのお問い合わせ先

CTCシステムマネジメント株式会社
サービス開発本部 デジタルマーケティング部

TEL:03-5210-8040
E-Mail:ctcs-press@ctc-g.co.jp

現在掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

トップに戻る