JapaneseEnglish

ニュース

プレスリリース

住宅ローンの手続きを効率化する動画配信サービス「ローンシェルジュ」を提供開始

足利銀行、常陽銀行、千葉興業銀行と共同で開発

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(代表取締役社長:菊地 哲、本社:東京都千代田区、略称:CTC)は、株式会社足利銀行(取締役頭取:松下 正直、本社:栃木県宇都宮市、以下:足利銀行)、株式会社常陽銀行(取締役頭取:笹島 律夫、本社:茨城県水戸市、以下:常陽銀行)、株式会社千葉興業銀行(取締役頭取:梅田 仁司、本社:千葉県千葉市、以下:千葉興業銀行)と共同開発した住宅ローンの手続きに関する説明を効率化する動画配信サービス「ローンシェルジュ」の提供を開始します。地方銀行を中心に初年度で10社への導入を目指します。

近年、金融商品はライフスタイルに応じて多様化しており、手続き時を含めてわかりやすい説明が求められています。
ローンシェルジュは、CTCの対話型のパーソナライズド動画ソリューション「eMotion(イーモーション)※1」をベースに開発した住宅ローンの手続きに関する説明を効率化する動画配信サービスです。住宅ローンの申し込みをするお客様に対してWeb上で内容や手続きなどの動画を提供することで、ローンに伴う諸事項の理解を促し、来店時のスムーズな手続きにつなげるものです。スマートフォンやタブレットにも対応しているためお客様は場所や時間にとらわれずに視聴することができ、お客様の状況に応じた動画と説明項目ごとのアンケートで、店舗の担当者がお客様の理解度や要望を事前に把握し、手続き時の説明に役立てることが可能です。

CTCは、足利銀行、常陽銀行、千葉興業銀行と共同で開発したローンシェルジュを金融機関のシステムに対する自主規則「FISC」に準拠したクラウドサービスとして運営・提供します。住宅ローンの説明に必要な返済方法や金利タイプなどについての動画やシナリオを標準コンテンツとして用意しており、短期間かつ低コストで導入できます。

今後CTCは、火災保険や個人型確定拠出年金(iDeCo)などの手続き向けにもeMotionの展開を図り、地方銀行の業務効率化に貢献していきます。

動画イメージ
動画イメージ
  • ※1eMotion : お客様の属性や趣向・特性などに合わせた動画を配信する対話型のパーソナライズド動画ソリューションで、ピツニーボウズジャパン株式会社のインタラクティブ動画ソリューション「EngageOne® Video」を使用しています。

報道機関からのお問い合わせ先

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
広報部

TEL:03-6203-4100
FAX:03-5512-3013
E-Mail:press@ctc-g.co.jp

現在掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

トップに戻る