JapaneseEnglish

ニュース

プレスリリース

CTCとOutSystemsジャパンが新たな導入サポートプログラムを開始

導入サポートプログラムで迅速かつ円滑なアプリケーション開発を実現

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

OutSystemsジャパン株式会社

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(代表取締役社長:菊地 哲、本社:東京都千代田区、略称:CTC)とOutSystemsジャパン株式会社(代表取締役社長:アーノルド・コンセンコ、所在地:東京都港区六本木、以下、OutSystemsジャパン)は共同で、OutSystemsジャパンのカスタマーサクセスプログラム「Guided Success Program」(以下:GSP)を2019年6月からOutSystemsプラットフォームを採用する日本のお客様向けに提供します。

OutSystemsプラットフォームは、最小限のコーディングでアプリケーション開発を可能にするローコード開発基盤で、ウェブやモバイルアプリなど開発・運用・保守が同一の基盤で視覚的に実現でき、コーディング作業の省力化が期待できます。

今回CTCとOutSystemsジャパンが提供するGSPは、OutSystemsプラットフォームを採用するお客様向けの導入サポートプログラムで、プラットフォーム上でのアプリ開発・リリース・運用が迅速かつ円滑に進められるように構成されているサービス群で、手戻りを削減し、Lead Time to Value(計画段階からシステムの価値を生み出すまでの所要期間)を短縮することが可能です。
導入後の運用フェーズでも、DevOps改善やプラットフォームの拡張などに役立つサービスを備え、お客様環境に応じたトレーニングでエンジニアのスキルアップを図ることもできます。
アジア太平洋圏内の2018年の実績では、GSPによりLead Time to Valueで約20%の短縮効果が実現できています。

CTCは2015年からOutSystemsの日本での取り扱いを開始し、積極的にアジャイル開発やDevOpsに取り組んでいます。また、OutSystemsを活用できる環境を備えたアジャイル開発専用スペース「アジャイルオフィス」も東京と豊田オフィスにそれぞれ開設し、アプリケーションビジネスの拡充に努めています。

CTCとOutSystemsジャパンは、CTCの国内SIビジネスでの経験とOutSystemsジャパンの製品エキスパートにおける知見を組み合わせ、日本のお客様向けに共同でGSPの提案と提供を行うことで、お客様の更なる効率化に貢献します。

OutSystemsジャパンの代表取締役社長であるアーノルド・コンセンコは、「2019年はOutSystemsジャパンにとって重要なマイルストーンです。弊社のグローバル事例から得た経験をビジネスの成熟した日本でも効果的に実践し、お客様に短期間で投資効果を実感頂きたいと考えます。GSPは長年にわたる当社のグローバル経験の成果です。CTCを始めとするパートナー様とこの知識を共有し、最終的にパートナー様がOutSystemsの自然な延長線となることを目指しています。」とコメントしています。

Guided Success Programの主なサービス

カテゴリ サービス項目(抜粋)
導入に伴う全般ガイド
  • 導入計画の立案やフォローアップ
  • 定量的な目標設定と達成のための支援
  • アプリケーション開発やDevOps、CI/CD、UX/UIなどのレクチャー
  • リスク回避やエスカレーションの設計
  • 四半期ごとのビジネスレビュー
技術ガイド
  • テクニカルオンボーディング
  • 開発チームの立ち上げ支援
  • お客様の状況に応じた技術コーチ
  • 技術評価や検証支援
個別の課題に応じた支援、
コンサルティング
  • インストールとセットアップ
  • メンタリングとコーティング
  • アーキテクチャ設計やアーキテクト養成
  • モバイルアプリの開発支援
  • UX/UIの解析やプロフェッショナルの養成
  • DevOpsのステージ評価
  • トラブルシューティング支援

※必要なサービス項目を組み合わせて提供します。

報道機関からのお問い合わせ先

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
広報部

TEL:03-6203-4100
FAX:03-5512-3013
E-Mail:press@ctc-g.co.jp

現在掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

トップに戻る