CTC新卒採用2018 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 CTC新卒採用2018 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

Person

System Engineer

Sanae Horiuchi

堀内 佐奈重

Profile

システムエンジニア

堀内 佐奈重

人文学部
2007年入社
金融・社会インフラ事業グループ

Q
就職活動の思い出を聞かせてください。
A
文系からIT業界へ進んだそもそものきっかけは、学生時代に1年間カナダへ留学した際、現地の友人と一緒に中古パーツを使ってデスクトップパソコンを自作した経験がきっかけになっています。パソコンが自分で作れることすら知らなかったので本当に驚いたし、ゼロから構築していくことが単純に面白く、とても新鮮でした。ITを専門的に勉強したわけではなかったので不安はありましたが、CTCは研修の内容が非常に充実していたので安心して入社しました。また、面接も堅苦しかったり事務的だったりする会社が多い中で、CTCは「ちゃんと私の言葉を聞いてくれている」という感触がありました。私も美辞麗句ではなく、自分の言葉で伝えることを心掛けていたので、満足のいく“言葉のやりとり”ができました。
Q
今、取り組んでいる仕事の内容を教えてください。
A
金融機関向けに共通インフラ基盤の構築・運用を行うチームでプロジェクトマネージャを務めていて、お客様のオフィスに常勤しています。自分が設計した通りに構築できた時や、関係各所と打ち合わせを重ねながら準備した作業が無事に終わった時はよかったと感じます。逆に、想定外の事態や障害が発生した際には、様々な観点から事象を整理して対処しなければならないのでプレッシャーを感じますが、無事にクリアできた時の達成感も大きいですね。
Q
現在、大切にしている時間の過ごし方を教えてください。
A
平日は予期しないトラブル対応のために気を張っていますが、そのぶん休日には家族や友達と好きなことをして過ごすようにしています。大好きな西洋史の本や映画で、日常から全く離れた世界にタイムトリップする時間も欠かせません。
Q
仕事をしていて嬉しかったことを教えてください。
A
案件としては小規模なものだったのですが、あるお客様のグリッド環境(並列で計算処理させる基盤)を構築した際にとても感謝されたことがあって、その時は嬉しかったです。仕事は規模じゃないということを痛感しました。一つひとつ丁寧に取り組むことでいただいた言葉なんだなと思いました。
Q
仕事を通じて、成長を感じた点はありますか?
A
研修プログラムで米国ヒューレット・パッカード社へ1年間インターンシップに行き、発売前の製品テストのプログラムに参加しました。インドにいるメンバーとも仕事をするので、メールやチャットでのやりとりがメインだったのですが、その際、シンプルに、時には強く、明確に物事を伝えることの大切さを学びました。海外では「曖昧な表現」は通じません。日本では「行間」を読んでわかってもらえる雰囲気がありますし、私自身、性格的にも、そういうファジーな表現を好んでしてきたことに気付かされました。学生時代と違い、社会人になると立場の異なる様々な人と仕事をしていくことになります。だからこそ伝え方は重要。大変勉強になりました。
Q
これからの目標を教えてください。
A
経験を積む中で、複数の観点で物事を考えられる「視点」や、想定外の事象が発生した際に冷静に対応する「忍耐力」は少しずつ身に付いていると思います。これからはもっと伝えたいことを文章や図で説明する「論理的思考」のスキルを磨きたいと思っています。また、いつかは英語力を生かして海外の案件にも携わってみたいです。
Q
心に響いた上司や先輩からの言葉があれば教えてください。
A
「 1人で考えることも大切だけど、周りを巻き込むことも大切」。2年目くらいに任された検証が上手くいかず、1人で試行錯誤していた際に掛けられた言葉です。まず1人でずっとやっていたことに驚かれて、すぐに「詳しい人がいるよ」と教えてくれました。むやみに周りを頼るのはいけませんが、自分の力には限界があります。仲間と協力して進めることが仕事では大切なのだと気付かされました。
Q
最後に、CTCへの就職を目指す学生へのメッセージをお願いします。
A
好きなことが初めからわかっている人は幸せです。でも、思い込みがかえって可能性を狭めていることもあるかもしれません。私自身も入社当時は、情報系の学部出身の同期に比べたら、インフラ、開発等ITの幅広い領域の中で、何が自分に合う仕事なのかわからない状態でした。自分について考える時間は必要ですが、考えるだけでなく行動してこそ自分に合っているものや求めているものを見つけられると思います。システムインテグレータでは様々な技術や領域に携わることができます。特に、ITライフサイクルの全てのフェーズをサポートして幅広いお客様にソリューションを提供しているCTCは自分に合うものを探せる環境にある会社だと思います。
Item
仕事に欠かせないアイテムは0.38mmの極細ボールペン。特にブルーブラックのインクが好きで、もう何年も愛用している文房具です。
仕事に欠かせないアイテムは0.38mmの極細ボールペン。特にブルーブラックのインクが好きで、もう何年も愛用している文房具です。

一日の流れ

8:40
出社

当日の作業やスケジュールの確認。メールチェック後、依頼事項やタスクの進捗状況等をメンバーに確認。

11:00
課会

週1回、担当案件の状況報告と他の課員の案件状況を聞く。

13:00
社内打ち合わせ

今後のタスク確認と担当者を決める。

15:00
デスクワーク

課題の問い合わせや今後の案件の内容精査・見積もり等を行う。必要に応じてお客様と打ち合わせを行う。

16:00
お客様定例会

18:00
デスクワーク

メールチェック後、事務処理を行う。

20:00
退社

「CTCの人」をもっと見る