CTC新卒採用2018 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 CTC新卒採用2018 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

Person

System Engineer

Takashi Yamawaki

山脇 崇司

Profile

システムエンジニア

山脇 崇司

工学部
2007年入社
情報通信事業グループ

Q
就職活動の思い出を聞かせてください。
A
緊張しやすい性格なので、面接できちんと考えていることを伝えられるよう、とにかく実際に声に出して何度も練習を重ねました。相手をしてくれたのは、就職活動を一緒に頑張っていた友人たちや、アルバイト先の後輩たち。彼らのおかげで本番を乗り切ることができました。
Q
入社後、初めて発見したCTCの魅力は?
A
規模の大きな会社なのでもっと縦社会なのかと思いきや、1つのプロジェクトが動き出すと、役職や立場等の枠を超え、一緒に仕事を進めることができるという点に驚きました。明確な理由や自分の考えを持って発言すれば聞き入れてくれる風通しの良い社風も好きです。また、同期入社の仲間が、こんなにもかけがえのない存在になるとは思ってもいませんでした。仕事の上で、同じような悩みにぶつかるタイミングが一緒になることも多く、仕事の後に飲みに行って話をすることで、解決のヒントをもらうことも多いです。
Q
担当の分野で活躍するためにはどのような才能やスキルが必要だと考えますか?
A
同じことを漫然とやり続けるのではなく、新しいことや変化を怖がらない姿勢が大切だと思います。でも、怖がることは決して悪いことではありません。チャレンジに対して事前に準備することにもつながるので、忘れてはいけない部分でもあると思います。バランスが難しいですね。私もどちらかといえば慎重なタイプです。だからこそ前向きに色々なことを吸収していこうと、いつも自分に言い聞かせています。
Q
仕事のスキルアップのためにしていること、したいことを教えてください。
A
エンジニアはあまり人と接しないと思われがちですが、私はなるべく多くの年代、異なる職種の人と話をする機会を持とうと意識しています。職種が違えば物事を捉える視点もまた違い、非常に勉強になります。
Q
心に響いた上司や先輩からの言葉があれば教えてください。
A
4つあります。まず入社1年目。配属された部で、周りの先輩方に日々のモチベーションについて教えてもらう社内研修がありました。ほとんどの先輩が趣味や家族の存在を挙げたのですが、とある先輩に「モチベーションはない。仕事に対しては常にフラットで、波風を立てないこと」と言われ、その考え方が新鮮でとても納得しました。次は入社3~4年目。自分はいつまでも成長できないままなのではないかと焦りを感じていた時、営業職の先輩から「方向性で悩む前に、目的を明確化することが大切」と指摘されたこと。入社5年目には、それまでより高いレベルの仕事を任されて混乱していた際、一緒に仕事をしていた先輩が私と同じ目線でToDoリストを1つずつ整理してくれたのは、言葉ではありませんが、非常に心強かったです。最後は入社6年目、自分の実力を過信し、少し調子に乗り始めていた時、営業職の先輩に「独りよがりは限界がある。お客様も含めたチームとして仕事を進めることで大きな事を成し遂げられるし、やりがいも感じる」と言われました。節目節目で、先輩方に助けられていると思います。
Q
これからの目標を教えてください。
A
担当しているプロジェクトの成功は言うまでもありませんが、短期の目標を1つ挙げるなら、今職場で面倒を見ている入社3年目の後輩を独り立ちさせることです。とはいえ彼は優秀で、コミュニケーションスキルも高く、指導する立場としては非常に楽をさせてもらっていると思います。作業の面であと一歩、今年は仕上げの年です。
Q
最後に、CTCへの就職を目指す学生へのメッセージをお願いします。
A
就職活動は自分探しの旅でもあると思います。真摯に取り組むことで自らの地力となり、今後の人生に生きてくると思います。学生時代までの守られた小さな森の中から、勇気を出して一歩ずつ踏み出すことで、自分の森がどんどん広がっていく感覚を覚えると思います。頑張ってください。
Item
大学時代にアルバイトをしていた学習塾の社員さんたちから就職のお祝いとしていただいた名刺入れは、今も大切に使っています。あとは「ほぼ日手帳」。少しミーハーかもしれませんが、遊び心も必要ということで、社会人になってからは毎年この手帳と決めています。
大学時代にアルバイトをしていた学習塾の社員さんたちから就職のお祝いとしていただいた名刺入れは、今も大切に使っています。あとは「ほぼ日手帳」。少しミーハーかもしれませんが、遊び心も必要ということで、社会人になってからは毎年この手帳と決めています。

一日の流れ

9:00
出社

メールをチェックし、ToDoリストの進捗を確認。並行して業界のニュースをチェック。

10:00
チーム
ミーティング

チームメンバーとその日の作業について認識を刷り合わせ。

12:00
ランチ

ランチはできるだけ同僚と外でとるようにして、コミュニケーションを図る。

13:00
プロジェクト
ミーティング

プロジェクト顧客提案ミーティング。プロジェクト期間中はプロジェクトメンバーの進捗確認やお客様、メンバー間の認識のずれがないように確認する。

15:00
デスクワーク

設計書や手順書の等の資料を作成。

17:00
チーム
ミーティング

チームメンバーのその日1日の進捗を確認。明日以降へ持ち越す事案があるか、重大な課題はないか等確認する。

19:00
退社

「CTCの人」をもっと見る